インフルエンザ予防接種 (2)

先週電話したとある病院が、ワクチンが入荷するかもしれないので、来週末に電話してくださいとか言っていたので、さっき電話してみたら「本日は休診日です。次回の診察日は11月27日」という音声ガイダンスが流れた。世の中が厳しいことは知っていたが、まだまだ甘く見ていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパントラストの佐々木さんメール

有名な詐欺メールだけど、なぜか今頃来た(笑)。おせーよ。「新たな振込先に関しましては、現在、手続き中で11月23日に完了予定になります。」という文面なのだが、勤労感謝の日に完了予定とは恐れ入りました。

アドレスを見ると、どうも nifty の AAA00000 形式に手当たり次第に出しているっぽいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の相撲の報道

毎日のように報じられている某横綱の暴行疑惑だが、国会も始まっているし、北朝鮮の状況も危ういし、無礼だから殴ったというような程度のことにこれだけ報道時間を割く必然性はあるのか? 何か隠すために意図的に報道しているような気がしてしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどん大盛り

立ち食いソバを食べるつもりで、間違えてうどんのボタンを押してしまった。まあどうでもいいので、そのままうどんを食べた。普段、はなまるうどんの「かけ小」しか食べないので、うどん大盛りは超久しぶりに食べたような気がする。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

建築知識

例の雑誌、何かネット予約がどこを探しても売り切れていたので、発売日の早いうちに書店に行けば置いてあるだろうと考えて、本当に買いに行ったらしっかり置いてあったので買ってしまった。「道路種別」とか「接道」のような言葉は、以前とあるソフトに関わっていたときに使っていたのだが、今頃やっと理解できたような気がした。こういう本が当時あったらよかったのかもしれない【違】。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスクを忘れた小1男児の口にセロハンテープ

大分県の小学校で、給食当番なのにマスクを忘れた小学1年生の男子児童の口にセロハンテープを貼るなどの不適切な指導を行っていた、という報道があった。セロハンテープというのは不適切だ、口をふさぐのならガムテープに決まっている

という話ではないのだが、テープで口をふさぐのがなぜ不適切なのか、いまいちピンと来ない。そもそも、どのように指導するのが適切なのかが分からない。ちなみに、これを報じているBIGLOBEニュースの記事のコメント欄には「殴ればすむことだろ」というコメントが付いている。

他にも、『いすに座った男児が脚を広げるのをやめなかったため、太もも付近をタオルで縛った』というのだが、これも不適切だとすれば、どうすれば適切なのかが分からない。

殴るというのは論外だというのは全く異議もないが、それならば、言うことをきかない、意図的に逆らうような子供に対して、どのように指導すればいのかを具体的に示すべきではないか。世の中には対話では解決しないこともある。根気よく対話を試みるとか言ってるうちに核ミサイルが完成してしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大相撲

何かとんでもない事件が起こっているようだが、それはそうとして大相撲中継の視聴率が上がっているというのが何となく不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中がかゆい

背中がかゆかったので孫の手でかいたら、何かひっかけたらしくて出血してしまった。後がかさぶたになっているようで、何か余計にかゆい。逆効果になりそうなので、触らないようにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ予防接種

身近な病院に電話して確認したのだが、どこもワクチンがないということで受け付けてくれなかった。

予防接種は諦めて、万一かかったら速攻でタミフル、という対策法があるらしいが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野党が質問時間配分にこだわる理由

報道によれば、加計学園問題の国会の質疑の時間配分で与党、野党がモメているようだ。今までは与党対野党が2:8の時間配分だったが、今回は5:5にするという案に野党が反発しているらしい。

両者の事情がよく分かるので面白い。野党としては、安倍を叩くのが目的で、加計学園とか獣医学部のことはどうでもいいので、事実が説明されて国民が納得すると困る。だから自民党の質疑はできるだけ減らしたい。自民党としては、国民に説明するためには、何が本当に問題になっていて、どのように対応したかを明らかにしたいから、それを質問する時間が欲しい。

今までの質問内容を見れば、野党が証拠にもならないデタラメな資料で憶測したあら探しばかりするのは明白で、野党に質問させても何も先に進まないに決まっている。今回もそうなるのだろう。

例えば、民進党議員が獣医師会から献金を貰っていて、獣医学部が増えるのは獣医師会が反対しているから新設したくない、という事情は既によく知られているかもしれないが、野党だけに質問させると、そのようなところまで国会で議論しないはずだ。野党は自分に不利なことは何も言い出さないからである。

さて、トランプ大統領は批判も多いが、少なくとも、twitter というメディアで考えを直接国民に伝えるところは高く評価していいと思う。ITの使い方がウマイのだ。ウマイという程のものでもないかもしれないし、言い方もどうかという時もあるが、姿勢は評価していいだろう。

与党も知らせるべきことは国会に頼らず、国民に直接知らせる方向を重視すべきではないか。自民党、公明党内で質疑応答したものを、インターネットで直接、絶賛公開すればいい。そうすれば野党に全質問時間を与えても構わないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧