今の16歳に投票権を与えてもよいか

東京都の『原発』都民投票条例。否決されたそうだが、今回はその点は特に問わない。気になったのは投票権を与える年齢である。

原案では16歳以上に投票権を与えよという主張だったそうで、関係者がラジオで16歳という年齢を設定した理由を説明していた。一つは、原発は若い人達により大きく影響するだろうから、低い年齢の人の意志も反映した方がいい。これはまあそうかもしれない。もう一つ、16歳という年齢になれば、きちんと勉強して考えたら、正しく判断する能力は十分にある、そういう趣旨だったと思う。

Yahoo!知恵袋を一度読んでから、ぜひ同じことを言ってみて欲しい。

知恵袋が若者の姿を正しく示しているとは思っていないが、私には、今の16歳の中に正常な判断ができるとは到底思えない人がかなりの数混ざっているというのが現実であるように思える。

じゃあ投票権を与えるのが何歳ならいいんだ、と言われそうなので先に書いておくと、個人的には16歳に賛成です。なんだそりゃ?

だって、温暖化を避けるためにCO2を削減しようとか、ペースメーカーが誤動作するから優先席では携帯の電話を切れとか、大人の判断力だってその程度のものでしょ。16歳以上に範囲を広げたって大した違いはないさ。ちなみに、今の民主党を選んだのは誰でしたっけ?

正常に判断できる年齢を待っていたら30歳とか40歳になってしまう。重要なのは、民意であれば大誤判断となっても納得できるのか、ということ。多数決という手段を採用するのであれば、正しく判断することは、最初から期待すべきではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山総理が辞任してしまったようだが

小沢氏も道連れということで、大変なことになったようだ。こんなタイミングで辞任したら、次の参院選で惨敗した場合にもう一人辞めないといけないので、トップ3が居なくなってしまうのでは。

鳩山氏が首相になった後、マニフェストは4年間かけて実現する。実現できなかった場合は責任を取る、というようなことを言ったはず。途中棄権ってアリなのか?

まあでもどこの党でもいいからとにかく、NHKの受信料廃止を公約にしてください。次の選挙はそこに投票するから。ついでにダビング10も廃止してくれるとありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)