久しぶりに「かけ小+おにぎり」を食べた

はなまるうどんではマイブームというか、定番のメニューがこれで、かけの小に鮭おにぎりをプラスして、トッピング、じゃなくて麺を食べてからおにぎりを入れてほぐして食べる。ここ最近やってなかったのだが、今日は何となく入ろうとした店がことごとく並んでいたので、久々にやってみた。

おにぎりのクオリティが少し変わったような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェベロナを味利き

スタバの今日のコーヒーはカフェベロナ。ききコーヒーができるかというと、全然分からない。「きき」って漢字は何だっけ、「利き」でいいのか? 「目利き」という言葉もあるし。でも味なんだよな、味利き? みききか。

で、味利きしてみると、個人的には、カフェ・ベロナはどちらかというと、何の変哲もないというか、普通に近い。意味不明。少し枯れた感じというか、渋い感じがするような気もするが、このあたりは淹れ方で激変するということもありそうなので、微妙である。本気で利くためには、生の豆をかじってみるとか、そのような工夫が必要かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天玉そば

新宿西口の思い出横丁のソバ屋、かめやの天玉そば。基本的に私はソバは「かけ」派で、何も入っていないのがいいのだが、ここで食べる時は例外で、いつも天玉そばだ。たまに食べたくなるのだが、日曜は休みなのでなかなかチャンスがない。今日はたまたまチャンスがあったので、少し並んで食べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソースのおかゆを作ってみた

JUJU様もかなり興味津々だった、先日紹介した「おかゆネコ」に出てくる、ソースのおかゆを作ってみた。レシピが、

冷やご飯をおかゆにして、ウスターソース(なんでも)とチキンガラスープを投入

これだけ。量とか適当にやってみたんだけど、…

むぅ、量を失敗したのかな、ずっと後まで口の中にソースの香りが残っていて何かすごい。ソース恐るべし。ていうか私はソース人間【謎】なので気にしないのだが、マンガに出てくるようなシャッキリとかスパイスというのが分からない。もう一度、量を変えて試してみよう。

マヨネーズ大好き人間のことはマヨラーだけど、ソースだと何というのだろうか。ソーサー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどんにおにぎりをトッピングしてみた

事の発端はチャットで「うどんに何をトッピングするか」という話題が出たのであるが、いつも行く「はなまるうどん」はトッピングで天ぷらとか自由に選んで清算という仕組みになっているのに、普段は何も付けない、いわゆる「素うどん」で食べている。 で、トッピングするとしたら何かなというので、おにぎりかなと言ってみた。 この手のうどん、そば屋には、大抵おにぎりといなり寿司が置いてあるものだが、 おにぎりってトッピング具材じゃないだろ、と突っ込まれた。 確かにサイドメニューとトッピングはちょっと違うような気がする。

しかし、おにぎりをトッピングしていけないという法律はないだろ。 という訳で、実際におにぎりをトッピングしてみた。

2013091201

素材はこんな感じ。 はなまるうどんの「かけの中」と、鮭おにぎり。 鮭を選んだのは、最後に鮭茶漬けのようになると予想したからだ。 調理方法【違】は簡単で、おにぎりを袋から出して、うどんの上に乗せるだけだ。 こんな感じ。

2013091202

せっかくのおにぎりだから、にぎった状態で一口食べてみようかと思ったのだが、考えが甘かった。 すごいスピードでどんどん崩れていって、あっという間にこうなった。

2013091203

これではちょっとご飯を食べられる状態ではないのだが、もちろんシナリオ通りだ。 まずうどんを先に片付ける。 すると、このように、予想通りのお茶漬け状態になった。 だし茶漬けっていうのかな、どこに「茶」があるのだと突っ込まれそうだが、だし漬けってのも何か変。

2013091204

味も当然、想像の通り。 何のサプライズもないが、個人的には割とイケるような気がする。 しかし、これならうどんを食べてからおにぎりを入れた方が分かりやすいかもしれない。

ということで、おいしくいただきました。 万一真似するという奇特な人がいるのなら、「かけ中」よりも「かけ小」の方がいいかも、と一言だけ余計なお世話をしておく。

2013091205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴君ハバネロ旨スープ

カテゴリーを選ぶときに「グルメ・クッキング」というのにちょっと抵抗があったのだが、 サントリーから発売されている暴君ハバネロ旨スープを飲んだので感想。 はっきり言ってびっくりするほど辛くない。 期待ハズレである。 スープ的には辛いのかもしれないが、 ハバネリスト的にはダメ。 コンビニで売ってた「とうがらし梅茶」の方がよほど辛かった。

スープはさておき、公式サイト「暴君ハバネロ旨スープ」にある 「地獄アトラクション RPG 風お腹がHELLぜ!」 が馬鹿馬鹿しくて凄く面白い。 ってまだクリアしてないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京カレーラボのアーモンドチキンカレー

東京タワー2階にある東京カレーラボ王様のブランチで紹介されていたので、食べてみた。 カウンターに座ったら、目の前に小型液晶でビデオを流している。 内容はカレーとは関係なかったが、 ということで、 アーモンドチキンカレー。

Dsc02391

カレーの中にチキンの塊が2つ入っている。 オニオンのピクルス(?)と、口直しのラッシーが付いて、1000円。 ラッシーは口直しということで、ほんの少しだけである。

アーモンド感が思ったよりも強かった。 マイルドなので、辛いのが苦手な人向きかもしれないが、 私見。 カレーはよかった。 ライスは、もう少し工夫の余地があるような気がした。 微妙にカレーとずれがあるような感じ。

問題は付け合せのオニオン(もしかしたら違うかもしれない)なのだが、 あえて浅く、マイルドに、というコンセプトなのかもしれないが、 昔、下北沢でボクサーがやっていたカレー屋を思い出した。 そこもオニオンのピクルスが付け合せで出てきたのだが、 ボクサーだけあって、パンチの効いた漬け込み方だった。 オニオンといえばあの印象が強くて、 そのせいか、浅いというよりちょっと弱弱しい感じがして、 しかもカレーとはちょっと合っていないような気もした。 このあたり、個人の好みなのかもしれないが。

なお、その下北沢のカレー屋は20年ほど前になくなったので、 探してもありません。 残念。

余談。FILOされました。 ちょっとお待ちください、ということで後から来た2組の注文を先に取られたので、 カレーが来たのはその後だった。 カウンターに座ったらいきなり注文した方がいいと思う。 なお、メニューは店の前に出ていたが、 カウンターにはなかったので(言えば出してくれるのかもしれない)、 先に何を食べるか決めてから入った方がいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日食べた辛いカレー

昨日たべたカレーの画像。高輪のサンラインという店のカレーである。1500円。

Dsc01800

ルーがスープのように見えるというか、何も入っていないように見えるわけだが、これは別に具が入っていないわけではなくて、具が溶けて液体になっているらしい。この店、水は出さないので、辛いのが苦手だとどうなるか分からないが、まあ死ぬことはないと思う。

これがDSC-T30 で撮影した1800枚目のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の無意味に大きな画像は大盛りチャーハンなのだ

今日のお昼は、樓外樓飯店のチャーハン。

PICT0660

ランチタイムはデザートがついて1,000円。大盛りは +200円。画面にはありませんが、もちろんチャーハンには欠かせないスープも付いています。一言でいうと、高級店のチャーハンという感じがしました。400円位で食えるチャーハンとは一線を隔しているみたいな。

投稿してから気づいたけど「今日」ではなくて昨日だ罠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハバネロ焼きそばに挑戦したみたいな

グルメというカテゴリが適切なのかはさておき、挑戦されたからには受けずばなるまい、というノリで早速試してみることに。

20040912-01.jpg

パッケージはなかなか派手である。

20040912-02.jpg

あけるのじゃと言われなくてもここから開くしかないが、他は普通の表現なのじゃ。

20040912-03.jpg

完成例。実際に食べてみたのだが、期待したほど辛くなかった。とはいっても、普通に辛いから、それ系が平気でない人は覚悟が必要かもしれない。私見としては、ハバネロカレーの方がかなりインパクトがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)