モーニング

といっても、喫茶店のサービスでもなく、服でもなく、週刊マンガの話。今日発売かと思ったのだが休刊だった。たまにそういうことがあるのだが、買いに行ってから気付くと物凄くがっかりする。そういう時は前号の表紙に大きく「来週は休刊です」と書いておいて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩辛ナポリタン


カテゴリーはアニメかグルメで迷ったのだが、とりあえずアニメ。「ユリ熊嵐」は私の知る限り最難関のアニメなのだが、それに出てきた逸品がコレ。レシピは今回は冷凍のナポリタンを解凍して上に塩辛を乗せただけなのであえて書かない、ていうか書く内容がない。

2018093001


予想としてはアンチョビの入ったパスタ的なイメージだったのだが、ナポリタンの味が勝ってしまってマリアージュどころではない。少し高級感のある塩分控えめの塩辛だったのが敗因だと思われる。桃屋の塩辛ってここ何年も食べてないけど、塩分キツめの方が合うと思う。もっとも、塩辛の存在感がなかったというだけで、ナポリタンにイカの食感が加わった普通のパスタとして美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武新宿線のアニメがまだ夏

車内で「でででん」というアニメを放映しているのだが、これが夏の花火大会のところから先に進まない。オワタのだろうか。まさかバッドエンド? 明日から12月だから少し期待しているのだが。ひょっとして観覧車が爆撃されて変身して戦うみたいな急展開があるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭ゲバを読んだ

ジョージ秋山氏の漫画。単行本が古書店にあったので買って読んでみた。

初出が週刊少年サンデー、1970~1971となっている。多分、リアルで少しだけ読んだのだと思う。今思うと、よくこんな漫画を少年サンデーに連載したものだ。

自分で買って読んだのではなく、友達の買ったのを読ませてもらったのか、あるいは別のところで読んだのか覚えてないが、いずれにしてもこの漫画はちょっとだけしか読まなかったので、最後は一体どうなるのかずっと気になっていたのである。

この漫画に「五円のお金がない家もあるのです!」というセリフが出てくるのだが、当時の5円というのがどういう価値かというと、当時のサンデーは60円とか70円だったような記憶があるが、マジで定かではない。今でいうと20円とか30円とか、そんな感じかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささみさん@がんばらない 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

Yahoo!ブログで書いている「いつか聴いた曲」、まだ毎日続いている。ずっと Google で「いつか聴いた」で検索したらトップに出ていたけど、最近上位を Amazon に奪われた。まあ Amazon と無名ブログじゃ勝負にならないというか、なぜ今までトップに出ていたかということが不思議かも。

昨日紹介したのは浸透圧シンフォニー。アニメ「ささみさん@がんばらない」のエンディング曲で、まだシングルリリースされてない? Blu-ray の限定版の特典CDに入っているらしい。

歌詞に浸透圧というのが出てくるんだけど、浸透圧を感じたいって何? 手と手を合わせたら、相手の方が塩分濃度が高くて体液がこちらにしみこんでくる感じ? エロいな(笑)。アニメはかなりセーブしていたけど、原作はかなりスゴ…ていうか、そもそも神様が出てくるというところでエロいのは当たり前というか、日本の神話なんかいきなり子作りから始まるわけだし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバチタレではなくて「特上カバチ!!」でした

作品名を間違いました。すみません。「カバチタレ!!2」というサブタイトルが付いていることからもわかる通り、カバチタレの続編で登場人物もそのまま継承しているので、うっかりしました。

吉祥寺の強盗殺人事件も、近くの監視カメラが逃走中の犯人の姿を撮影していたようですが、この種の録画機器、どの程度の解像度があるのでしょうね?

あと、気になるのは時刻の精度。事故の瞬間の時刻が正確に分ったとして、その時に信号がどうなっていたかというデータはあるのでしょうか。

信号機は全てコンピュータで管理されているはずですが、何日の何時何分何秒に信号がどうなっていた、という所まで記録に残っていて、監視カメラの録画の時刻とマッチングできれば、事故があったときにどちらが信号を無視したか検証できそうです。

(※ コミックではカメラが交差点の反対側を撮影しているため、衝突の瞬間の音だけ録画(?)されているという設定になっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニング 2013.3.14 のカバチタレ

例の居眠り運転の判決が出た後でタイムリーなネタではあるが…

田村君、わざわざ目撃者を探して聞き込みしているのに、何であのビデオみて「何もなかったですね」って反応になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます


本年もよろしくお願いいたします。
このブログは2003年12月4日に始めたので、
今年一杯続けたら10年続いたことになります。
平均寿命3年とか言われているようですが、案外続くものですね。


最初にブログを始めたときは、トラックバックとはどういうものか分らないというレベルだったのですが、
今はトラックバックは理解できたがトラックバックを有効にしているブログが激減したという、予想外の展開になってしまったようです。
このブログはトラックバックを受け付けるように設定してありますが、
最近は殆どリクエストもありません。


新年といえば初詣。
初詣といえば神社ということになるのだが、
昨年末にCDを紹介した「神様はじめました」、アニメの放送は2012年末で終わってしまいました。
DVDとBlu-lay が発売されているので紹介しておきます「
神様はじめました
」。
内容は元祖ラブコメなんだけど、もののけの類が結構出てくるのでそちらに興味があればなお面白いかも、
といいつつ、最近のDVDは副音声の解説とか面白いので買おうかと思っていたのにまだ買っていません。


二年参りには、普段はどうみても土地神様がいる気配がない社に行ってきました。
年末年始だけは流石に帰ってきているかもしれないので。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女まどか☆マギカ


多少ネタバレありなのでそのつもりで。
とはいっても放映された内容しか知らないのだが。


最近はアニメを観る暇もないので完全に録画して保存の繰り返しになっているのだが、2011年の1~3月アニメでかなりビックリしたのがこれ、「魔法少女まどか☆マギカ 」である。


魔法少女といえばアニメ界の常識としては少女が出てきて使徒のペットみたいなキャラが出てきてアイテムがあって変身シーンがあって必ず最後は勝つというアホらしいまでにパターン化された歴史的なジャンルの産物なのだが、…


実際このアニメもちゃんと少女は出てくるしキュウべえというペットのキャラもアイテムも変身シーンもあるし、深夜アニメだから多少はサービスシーンがあるのだろうかとか、作画がひだまりスケッチだから、あのほのぼの系のアニメなんだろうか、とか思ったらおもいっきり騙される。


普通は魔法少女ものといえば、最初にペットキャラが出てきてヒロインがいきなり魔法少女にになるのだが、
このアニメ、地震の影響でまだ最後の方が放送されていないにしても、もう9話か10話あたりになっていると思うけど、未だにヒロインのまどかが魔法少女になっていない。最終回までになるのかどうかも分からないストーリー展開だし、だいたい、最初に出てきた先輩のマミ先輩という思わせぶりな名前の魔法少女が、いきなり魔女に負けて死んでしまうところで度肝を抜かれる。


ペット役のキュウべえという名前は incubator から来ているらしいが、途中から人生観批判的なセリフがぽろぽろと出てくるので侮れない。このキャラデザに拒絶反応がなければ、ディープなアニメのマニアにおすすめできる作品。


会話に熱力学の法則という言葉が出てくる魔法少女アニメって初めて観たような気がする。とか書いておくと真マニアの人がこのアニメにも出てくるとか教えてくれるかも。


TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト


| | コメント (0) | トラックバック (0)

化物語「つばさキャット 其ノ參」をやっと観ることができたニャ

ネット配信開始。ということで、運よく観られたのかどうかよく分からないが、とにかく1度観ることができた。二度と接続できないのだが、まさか一度だけなんてことは…?

エンディングが微妙に変わっていたり、いろいろ凝ったことをしてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧