« レベル分け | トップページ | 選挙で投票しない権利 »

個数

最近、Yahoo!知恵袋に、信じられないような超絶難問がぽっと出てくる。特に大学受験カテゴリは恐ろしい。例えば、n>1として、1から(n-1)までの整数が(n-1)個あるのはなぜか【意訳】のような質問が出ていた。普通に考えて1から10までの整数は10個あるに決まっている。しかしなぜかと言われると何でかな~、となってしまう。1だと1つでしょ、1から2だと、1と2で2つでしょ。3までだと3つでしょ。そこまでは具体的にイメージできたとしても、でもそれは本当にいつも成り立つのかと言われるとどうだろう。

ちなみに、負の整数も想定すれば、1からnまでの整数の個数はnではなく|n-1|+1 と言うべきなのかもしれない。

|

« レベル分け | トップページ | 選挙で投票しない権利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レベル分け | トップページ | 選挙で投票しない権利 »