« サッカー | トップページ | カード払い »

ネックストラップ

東京を平日歩いていると、首からIDカードらしきモノをぶら下げている人を結構見かける。これがないとオフィスに入れないのだと思われる。最近のビルはセキュリティが厳しいのだ。しかし、スマホをネックストラップを使って首にぶら下げている人は殆ど見た記憶がない。

先日、ネックストラップでスマホをぶら下げている人を見かけた。女性だった。そういう人を見たのは数年ぶりだと思う。まだ絶滅してなかったようだ。ちなみに、私はネックストラップを使っている。もしかしたら、これだけで人物が特定されてしまいそうだが(笑)、それ位、普段見ることがない。

なぜこれを使うかというと、1つは忘れ防止である。携帯を携帯しない老人が問題になっているようだが、スマホのうっかり忘れは何度かやっているから、抜本的対策として、首からぶらさげておくことにしたのだ。これで殆ど忘れることはなくなった。そこまでやったのに1度だけなぜか駅に忘れたことがあるのは多分ブログで紹介していると思う。

もう一つは、落下防止である。忘れるよりももっと確率が高いのが、うっかり落とすという事故である。スマホはケースに入れてあるので、壊れたことはないが、落とすのはあまり気持ちがいいものではない。

最近まで仕事用の携帯電話を使っていたが、かなり古くなってきたのでスマホに機種変更した。ガラゲーでも構わないのだが、もはやガラゲーは選択肢としてほぼあり得ないらしい。このスマホだが、既に何回か落としている。理由は単純で、今まで使っていたスマホはネックストラップが付いているから、使い終わったら手を離すという習慣ができてしまったのだ。同じことをストラップなしで行えば、当たり前だが床に落ちる。

何か抜本的な対策が必要だ。しかしスマホを2つも首からぶら下げたら、今度こそ人物が特定されてしまう。それ以外の対策を考える必要がある。

|

« サッカー | トップページ | カード払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/66853294

この記事へのトラックバック一覧です: ネックストラップ:

« サッカー | トップページ | カード払い »