« BLOGOS | トップページ | 衆院は「国民」、参院は「民主」 »

平等と公平

知恵袋に次のような質問があった。

大学の入試を抽選にすることは「平等な入試制度」だと考えますか?

Yes という回答を書くつもりだったが、書く前に締め切られてしまったので書けなかった。若い者はせっかちで困ったものだ(笑)。

余談はさておき、ベストアンサーは

能力に見合った機会が与えられることが平等。
となっている。これは間違っているのではないかと思うが、しかも別の回答は「考えません」となっているから、もしかしたら私が誤解しているような気もしてきた。

私の理解では、能力に見合った機会を与えるのは平等ではなく公平と言う。平等というのは、

かたよりや差別がなく、すべてのものが一様で等しいこと(広辞苑)
という意味である。能力で差を付けたら、その時点で一様ではなくなるから平等ではないだろう。

平等にするというのは、大抵は不公平にするということである。

|

« BLOGOS | トップページ | 衆院は「国民」、参院は「民主」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/66724763

この記事へのトラックバック一覧です: 平等と公平:

« BLOGOS | トップページ | 衆院は「国民」、参院は「民主」 »