« 紅白歌合戦 | トップページ | 今年の抱負は「ツイートする」 »

あけまして何がめでたい

古来は1年間無事に暮らせました、という意味で目出度いと言ったのだろうが、今時、年が越せないというのが超レアなので、めでたさが殆ど感じられないような気がする。

年が越せたので目出度いという意味であれば、年が越せない人は挨拶することもできないから、挨拶する人は全員「めでたい」わけで、わざわざ挨拶しなくても分かりきっているのだから、情報量としては殆ど何も伝えていないことになる。

年賀状に書くときの「今年もよろしくお願いいたします」も違和感がある。書いているのは「今年」ではないから「来年もよろしく」のはずだ。到着するのが元日だと「来年も」というのは逆に違和感があるが、これは新年になってから年賀状を書けば問題ないか。プログラマー的には絶対アドレスで「2018年も」と書けば間違いがないと思ったりする。

もう一つ気になるのは昨年特によろしくされたりしたりというアクションがなかった相手に「今年もよろしく」と書く場合で、去年よろしくないのに今年もというのはおかしい。かといって「今年はよろしく」というのも何となくよろしくない。

|

« 紅白歌合戦 | トップページ | 今年の抱負は「ツイートする」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/66229896

この記事へのトラックバック一覧です: あけまして何がめでたい:

« 紅白歌合戦 | トップページ | 今年の抱負は「ツイートする」 »