« 何か右手が疲れる | トップページ | 薬物混入対策ができるポット »

例の成人式の着付け業者の事件

大騒ぎになっているので、具体的な名称を出さなくてもアレかとすぐ分かると思うが、振り袖販売・レンタルを手がける業者が夜逃げして、着付けてもらう予定のお客が途方に暮れた事件。各社の報道には、被害者の声として「なぜ当日にこうなるのか」的な言葉がたくさん出てくる。しかし、ググってみれば、掲示板やコメントに投稿している人の意見には「持ち逃げしたのだろう」的な内容が多い。ていうか殆どそうじゃないか。

確かに、当日にバックれる理由なんて、着せる着物が買えなかった、着せることができないので逃げた、位しか思いつかない。しかしそれはあくまで想像だ。今の時点では証拠がないから、マスコミはそういう言葉を使えない。でも一般市民は容赦なく想像する。しかもツイートしたり、投稿してしまう。今回は社長が行方不明なので、当分納得できるような理由も出てきそうにないが、情報の流れ方としてはちょっと怖いような気もした。

そういえば、つい使ってしまったけど、「夜逃げ」という表現もマスコミは使ってないようだ。

|

« 何か右手が疲れる | トップページ | 薬物混入対策ができるポット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/66259647

この記事へのトラックバック一覧です: 例の成人式の着付け業者の事件:

« 何か右手が疲れる | トップページ | 薬物混入対策ができるポット »