« TOKYO FM | トップページ | セールスの電話 »

流動資産と固定資産が分からない

経理はド素人だし…とも言ってられないのかもしれないが、まずどこが分からないのかというと、資産とは何なのかが分からない(笑)、そのレベル。もっと具体的にいいますと、

・利用期間6か月のソフトウェアは、流動資産? 固定資産?

・無料のソフトウェアは固定資産??

アホかといわれそうだが、資産って何かを「Wikipediaなんて信用できるか」というのがポリシーの私がWikipedia から引用すると、

『会社に帰属し、貨幣を尺度とする評価が可能で、かつ将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のこと』
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%87%E7%94%A3)

ということは、0円でgetしたフリーソフトも資産とみなしていいのか。もっとも、会計上は、10万円以下のソフトウェアは費用計上が認められているし、0円ってもはや費用ですらないわけで、こんなのは真面目に考える方が明らかにおかしい。んなこと考える暇があったら仕事しろといわれそうだ。

あと、よくあるのが「ソフトウェアは固定資産」という分類。これも法律が絡んでくるから素人のテキトウな話と思って欲しいが、利用期間6か月だと少額減価償却資産という科目があって、これに当てはまるらしい。少額減価償却資産が流動資産なのか固定資産なのかというと、どちらでもないような気がしたのだが、仕訳できてしまえばもはやどうでもいいのか。実際、10万円超で有効期限が1年未満のソフトウェアは使ったことがない。

もう一つよく分からないのが、流動資産と固定資産の境目。ネットで調べまくったが、ざっくり言えば、耐用年数が1年以内のものが流動資産、1年以上のものが固定資産という説明になっていた。

1年未満とか、1年を超えて、という表現は見つからなかった。

とすると、1年ぴったりで消滅するような資産があったら、それは流動資産なのか、固定資産なのか、とこれまたどうでもいいアホなことで悩んだりする(笑)。もしかすると1年ぴったり禁止とか。

|

« TOKYO FM | トップページ | セールスの電話 »

コメント

(あ、途中で送られてしまった(^^;)

↓下記にあるように1年「未満」が正解です。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm

投稿: <セルダン> | 2016.12.12 15:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/64606107

この記事へのトラックバック一覧です: 流動資産と固定資産が分からない:

« TOKYO FM | トップページ | セールスの電話 »