« @homepage の移転通知が機能していない | トップページ | モスバーガーからの迷惑メール »

移転通知の謎が判明した


昨日、移転通知が機能していないと書いたのだが、機能しているという指摘があったので確認してみると、移転通知が機能しているのは homepage2.nifty.com/phinloda/だった。確かにこの URL だと、移転通知のページが表示される。


2016111301


しかしこのページは一体?


実は、「本当の裏ページ」にはミラーサイトがあって、それが↑のページなのだが、当時不安定だったのかどうか覚えていないが、1つだけだとアクセスできないことがあったので作ったのだと思う。ちなみに現時点では本当の「本当の裏ページ」は www.phinloda.com なのだ。


phinloda で検索すると出てくるのが homepage1.nifty.com/phinloda だし、1と2という名前があれば 1 が本物で 2がコピーというのが常識的な先入観だから、1だけ移転したと思い込んでいたのだが、実は2 の方だけ移転して、1は放置した状態だったらしい。見苦しい言い訳をしておくと、移転通知の設定ページには、移転元のページの URL なんてどこにも出ていないから、気付かなかったのである。


2016111302


ということは、真相は移転通知をしたつもりだったが実はしてなかった移転もしていなかったということになる。


お騒がせして大変申し訳ございません。
機能は想定通りに正しく動作していました。


そこで新たな問題が発生したわけだが…。


homepage1 に対するアカウントが分からない。
だいたいこのあたり、作ったのは前世紀である。
パスワード一覧という恐ろしいファイルを開いてみると、@nifty で使っているアカウントは5つあって、1だと思っていたのが1つ。多分絶対に違うのが1つ。
あと3つは覚えていないが、1つだけ昔から使っているのがあるから、これなのか?


残り2つは謎だし、ログインしてみるとできなかった。


まずその絶対に違うのを移転してみたら、やはり違うページだった。これって確か url という url が取れたから何となく持っていただけで、移転先の URL になってしまうと意味がないから廃止してしまおう。


となると、残りの怪しいのは1つである。これで設定してみたらビンゴ。めでたく自動的に転送されるようになった。
ちなみに設定時にメールが飛ぶのだが、そのメールがどこに行ったのか分からないような状態である。もしかしたらこのアドレスに来たメール、十年以上ガン無視していたかもしれない。
と思ったのだが、2013年頃にニコ動にアカウントを作ったというメールが来ていたから、その頃に一度使っているらしい。


しかしこれ、もはや作成者がどちらが本物か分からないのだから、他の人が知る由もないのだが、どうしたらよいものか。URL だって、移転前とあわせると現在5件もあって訳が分からないことになっている。


|

« @homepage の移転通知が機能していない | トップページ | モスバーガーからの迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移転通知の謎が判明した:

« @homepage の移転通知が機能していない | トップページ | モスバーガーからの迷惑メール »