« ログインページがなかなか出てこなかった | トップページ | エスカレーターで危ないところだった »

漢字の使い分け

公用文の表現はガイドラインがあるらしい。原則として、というような安全策というか逃げを意識した表現になっているのだが、「出来る」は「できる」と書きなさいとか、その類の話である。

私は「できる」と「出来る」は使い分けている。こういう細かいことを使い分けても殆ど意味はないし読む人に伝わっているような気もしないが、大原則としては、漢字の持っているイメージを使いたい場合には漢字を使う、というよりむしろ、漢字のイメージを与えたくないときに平仮名を使う、という方が分かりやすいかもしれない。

「出来る」の場合は、「出「「来」のような漢字が持っているイメージがあって、それが頭の中で無意識に浮かんでくるところから印象が出来上がる、といった「出来」という感じ? そこを使いたいときは漢字にする。creative なイメージだ。これに対して、able とか can というイメージを与えたいときは「できる」にする。「出来る」だとちょっと堅すぎるのである。

そもそも、表現というのは相手に伝えたいことが伝わる、そこが最重要課題であって、書き方が正しいとか俗っぽいとか、そんなのはどうでもいいことなのだ。もちろん、正しい表現の方が普通は正しく伝わりそうなものだが、世の中そんなに単純ではない。

|

« ログインページがなかなか出てこなかった | トップページ | エスカレーターで危ないところだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/64294362

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字の使い分け:

« ログインページがなかなか出てこなかった | トップページ | エスカレーターで危ないところだった »