« とりあえず予定はいくつかクリアした | トップページ | 都営大江戸線の駅のパラリンピックのディスプレイ »

一生懸命

一所懸命という言葉が好きである。もともと武士が土地を守るという意味で一所というものを、読み方が似ているために一生になった、という説がある。それなら意味が分からないのも納得できる。

一生懸命と言う人は圧倒的に多いと思うが、意味が分からない。ピンと来ない。人間、いつ死ぬか分からないのだから、ある意味毎日命懸けというのも分からなくもないが、そういう人を見ても、本当に毎日そんなに全力で生きているようには見えない。

第40回モントリオール世界映画祭で、「健さん」という高倉健さんのドキュメンタリー映画が最優秀作品賞を受賞したそうだ。TVで映画の一部を紹介していた。その中で、高倉健さんが「一生懸命」という言葉を使っていた。

一生懸命という言葉を使うにふさわしい人だと思った。使う人が使えばこんなに重みが違うのか。

|

« とりあえず予定はいくつかクリアした | トップページ | 都営大江戸線の駅のパラリンピックのディスプレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/64182964

この記事へのトラックバック一覧です: 一生懸命:

« とりあえず予定はいくつかクリアした | トップページ | 都営大江戸線の駅のパラリンピックのディスプレイ »