« 丸甚さんの蕎麦を食べてきた | トップページ | 傘を忘れた »

途中駅から磁気定期券があるときのPASMOの使い方

A駅からB駅までの磁気定期券がある。この区間外のC駅からPASMOで乗って、B駅を通過してA駅まで行きたいのだが、正しい乗り方が分からない。A駅でタッチしたらC駅からA駅までの料金を取られてしまいそうである。入場記録はPASMOにあるはずなので、A駅で磁気定期券だけ入れて、PASMOでタッチしたら不足分が徴収される、というのが美しいと思うのだが、そんな気の利いたプログラムになっていそうな気が微塵もしない。

結局、C駅からB駅までの切符を買って、それで入った。A駅を出るときは、まずこの切符を自動精算機に入れると、不足分を入れろと表示される。ここで磁気定期券を入れると0円の精算券が出てくるので、これを使って自動改札から出た。PASMOの出る幕はなかった。

PASMOで入ってB駅で一旦外に出るという馬鹿馬鹿しい案もあったことを蛇足しておく。

|

« 丸甚さんの蕎麦を食べてきた | トップページ | 傘を忘れた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/64064111

この記事へのトラックバック一覧です: 途中駅から磁気定期券があるときのPASMOの使い方:

« 丸甚さんの蕎麦を食べてきた | トップページ | 傘を忘れた »