« 北海道で置き去りにされた子供が見つかったことの教訓 | トップページ | 何か今日はたくさん歩いたような気がする »

大学で遊びたいという新宿駅前の共産党の演説

わが目を疑ったというか、本当にこれ共産党、みたいな。演説しているのは共産党の人ではなく、高校生だと思う。選挙権引き下げに対応して、高校生に演説をさせたのだろう。他の主張は特に良くも悪くはない印象だったが、大学に行って遊びたい、というのが猛烈に面白い。

大学のレジャーランド化というのはン十年前から言われていたことだけど、最近は大学は遊ぶところ、というのが共産党のような政党も認めている公然の事実として定着しているようだ。昔は大学で遊ぶなんていったら叩かれたものなのだが、時代は変わったってことなのだろう。確かに知恵袋とか見てると「○○学部は遊ぶ時間はありますか」というのがFAQなのだ。

|

« 北海道で置き去りにされた子供が見つかったことの教訓 | トップページ | 何か今日はたくさん歩いたような気がする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/63734175

この記事へのトラックバック一覧です: 大学で遊びたいという新宿駅前の共産党の演説:

« 北海道で置き去りにされた子供が見つかったことの教訓 | トップページ | 何か今日はたくさん歩いたような気がする »