« 今月は前半毎日書けました | トップページ | 最近の昼は、はなまるうどんが多い »

東大入試結果が小数点以下4桁まで出ているのは何故?

東京大学の入試募集要項に、過去3年間の合格点とか合格者人数が出ているのだが、得点が小数点4桁まで出ている。これは、センター試験900点を110点に換算するから小数点以下が出るからなのだか、Yahoo! 知恵袋に、そこまで出す意味ないのでは、という質問があった。

2016年の東大入試結果について!学部ごとの合格者数を見... - Yahoo!知恵袋

この人は算数ができないらしくて、後半に書いてある「恣意的な操作」なんて爆笑ものだし、ベストアンサーも怪しいものだ。東大は推薦入試を実施する前から、定員より多く合格者を出している。これは辞退する人がいるからではないかと思う。東大に合格して辞退する人なんているのか、というのは募集要項を見れば、毎年いることが分かる。

気になったのは、小数点以下4桁というところだ。900点を110点に換算したら、1点は 0.12222… 点となる。小数点以下3桁から先は、同じ数字が並ぶ。平成27年度の合格者最高点、最低点を見ると、

文一 430.2111, 325.3444
文二 411.9111 321.8222
文三 437.5000 310.7333
理一 449.5222 322.9556
理二 409.5222 311.5000
理三 459.0111 377.2889

こんな感じ。

377.2889 のような点数は、小数点以下4桁が四捨五入されているのだろう。正確に判定するためには小数点以下2桁まで出していれば十分で、3桁以下は意味がないと思うのだが、私は何か基本的なことを見落としているのだろうか?

もちろん平均点は小数点以下何桁でも出して構わないと思うが、合格点に 0.0001 点足りなくて落ちた、なんてことは原理的に有り得ないのだ。

算数ということで蛇足しておくと、小学生の算数ができる人なら、仮に定員だけ合格にしたところで高々1点も変わらないことは簡単に計算できる。この年度の場合、文三は定員469人に対して479人合格になっている。この10人全員が合格最低点で合格していたとしても、この10人を不合格にしたときの平均点は332.7213となり、実際の平均点 332.2623 点とは0.459点しか差がない。文一の平均点は 354.0524点。

|

« 今月は前半毎日書けました | トップページ | 最近の昼は、はなまるうどんが多い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/63643704

この記事へのトラックバック一覧です: 東大入試結果が小数点以下4桁まで出ているのは何故?:

« 今月は前半毎日書けました | トップページ | 最近の昼は、はなまるうどんが多い »