« そろそろ花粉が終わりでしょうか | トップページ | 首かけストラップが道路わきの棒にひっかかった »

運転免許証の更新講習で聞いた話

4月誕生日なので、5月までに免許証を更新しないと失効してしまう。ということで、比較的ヒマな土曜日に更新しようと思ったのだが、なんと土曜は休み。仕方がないから日曜の今日、免許証の更新に午前中を使うことになった。久々に鮫洲に行ってきた。

そこで講習のときに出た話なのだが、例の軽井沢のバス事故。シートベルト着用の重要性を説くくだりで、あのバス事故で多くの若い命が犠牲になったが、亡くなった人の殆どがシートベルトをしていなかった、シートベルトをしていたら助かったかもしれない、というのである。

本当に助かった可能性があるのかどうかはおいといて、その種の話は事故の当時、殆どニュースに出てこなかったと思う。運転手がアレだとかスピード出すぎとか、そんなのばかりだった。

だから、全員シートベルトを着用した上での事故かと思っていたのだが、運転免許の講習で話題にする位だから、事実はベルとをしてなかったのだろう。今更義務の話とか書く気はないが、高速バスでなくてもシートベルトをするのは常識にしておきたいものだ。

ところで、ここに3万個の箱があります。1個だけ爆弾が入っているので開けると死にます。他の箱にはたくさんお金が入っています。いくらがいいかな、1000万円としておこう。あなたなら、この箱、開けますか?

爆死確率は3万分の1だ。

ちなみに、3万分の1というのは、あなたが今から1年の間に交通事故で死ぬ確率とほぼ同じはずである。

|

« そろそろ花粉が終わりでしょうか | トップページ | 首かけストラップが道路わきの棒にひっかかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/63465217

この記事へのトラックバック一覧です: 運転免許証の更新講習で聞いた話:

« そろそろ花粉が終わりでしょうか | トップページ | 首かけストラップが道路わきの棒にひっかかった »