« 久しぶりにコインロッカーを使った | トップページ | 偏差値50あるかないかから慶應は厳しいと思うが »

Wikipedia に何か起こっているのだろうか

最近、Wikipedia のページを開くと、寄付をお願いするメッセージが表示されている。

これが、1週間前は

もしこれを読んでくださった皆さまが \1000の寄付をしてくだされば、この募金活動は1時間以内に終わるでしょう。

のように表示されていた。それが、しばらくすると「\500の寄付を」という表現になったから、順調に寄付が集まっているのかなと思った。

ところが、ここ2、3日、金額が「\700」に増えているのである。おそらく多くの人はそんなことには全く気付かないだろう。気付いた人はどのような想像をするだろうか。折角集まったお金が Bitcoin のように盗まれたのだろうか。

個人的には、これは稚拙なプログラムが生成した曖昧な結果に過ぎないと思っている。ファイルをコピーするときに「あと30分で終わります」という表示が、ちょっと目を離したら「あと5時間40分」になっているなんて、Windows の世界ではよくある話だ。その程度の誤差に驚く必要はないのだ。

|

« 久しぶりにコインロッカーを使った | トップページ | 偏差値50あるかないかから慶應は厳しいと思うが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/59934502

この記事へのトラックバック一覧です: Wikipedia に何か起こっているのだろうか:

« 久しぶりにコインロッカーを使った | トップページ | 偏差値50あるかないかから慶應は厳しいと思うが »