« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

上島珈琲店のプレシャスカードを落としてしまった

先日1000円チャージしたアレである。あと300円残っているはずなのだが、落としたようだ。出てこない。

3000円チャージすればポイントが少し多く付くという話を書いたが、もしそうしていたら2300円損していたことになる。世の中、何が幸いするか分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお休みですよね

昭和の日。昭和といえば何となくてんぷら粉をイメージしてしまうのは私だけだろうか。関係ないが、昭和の「昭」という漢字、「昭和」という表現以外にあまり使わないような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿の街頭演説

新宿西口の広場は、人が大勢通るので、街頭演説のメッカのようなところである。ここで今日、とある政治団体が演説を始めた。いきなりこう来た。

「みなさん、今日はなぜお休みなのかご存知ですか?」

今日がお休みだというのは知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧乏で勉強したという話

「魔太郎が来る」とか彷彿とする話かもしれないが、Yahoo!知恵袋のコレ「惨めで辛いです… 私の家は貧乏で生まれた頃からずっと借家住まいです。 3人兄妹... - Yahoo!知恵袋」のベストアンサーが興味深い。『私を屁馬鹿にしていた人たちは…』のくだりに積年の恨みを垣間見ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずほ銀行のサイトの表示

ネットで残高を確認しようとしたら、こんなのが書いてあった。

「「OpenSSLの脆弱性」に関して注意喚起がなされておりますが、「みずほマイレージクラブ会員さま専用ホームページ」につきましては、脆弱性が指摘されているバージョンは使用しておりません。」

最近のインターネットは物騒だなという感じもしたけど、そもそも、利用者の中にこれ見て意味が分かる人ってどの程度いるのかどうか、そちらが気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BOOK OFF の大人コミック

BOOK OFF のレシートを見ると、大人コミック \108 と書いてあった。

買ったのはハヤカワコミック文庫の「飛鳥昔語り」(清原なつの著)である。収録されている殆どのマンガの初出は「りぼん」だ。それが大人コミックというのに若干の違和感があったが、よく考えてみればこのマンガを買おうという人は確かに大人に違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100n^2-n^3の値を最大にする正の整数n

Yahoo!知恵袋によれば、答は7らしい。ベストアンサーには

極大値をとるのはn=200/3となります。 これは6.66…となり

とか書いてある。投票で選ばれたのだから間違いないだろう。数学は得意だと思っていたが、修行し直した方がいいのかもしれない。ゆとりとは関係ないと思うが、見れば見るほど 200/3 = 6.66 で合っているような気がしてきた。

高校数学 微分・整数問題についての質問 - Yahoo!知恵袋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニング連載中の「ハルロック」が面白い

ロックのマンガではない。電子工作少女(?)が出てくるギャグマンガ。「犬神もっこす」もブッ飛んでたけど、今回のは電子系やIT系の人にはウケると思う。今日発売の号だと、小学生のセリフなんだけど、

「おばあちゃんの音声をフーリエ変換して周波数成分からトーンを解析 さらにフリーの音声認識ソフトを使って会話の内容から反応語句を選択させるよ」

(モーニング 2014 No.21・22 合併号、p.304)

これで笑えるかどうかでその人の仕事が分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上島珈琲店のプレシャスカードのチャージの謎

上島珈琲店。プレシャスカードというのがあって、カードで支払うとポイントが貯まるようになっている。残高が足りなかったのでチャージしなければいけないのだが、

私「チャージするとポイントが貯まりますよね?」
店員「1000円で2%です。」
私「2000円だと何%ですか?」
店員「2000円でも2%です」
私「金額が違っても割合は変わらないんですよね?」
店員「はい」
私「では1000円チャージしてください」

たまたま手持ちが少なかったので、銀行に行くのも面倒だし、とりあえず1000円だけ入れておこうと考えたのだ。

ちなみに、いつも行ってるタリーズだと、今月は3000円チャージで珈琲1杯無料券がもらえるから、3000円チャージするとお得。

さて。ここを見ている皆さんのためにリンクを示しておくので最後まで読んで欲しい。

プレシャスカード|上島珈琲店

このページには、次のように書いてある。

また、1回のチャージ額が1,000円の場合は2%、2,000円の場合は3%、3,000円以上では5%のボーナスが付加される

判断は皆さんにお任せする。店員さんにはその後何も言ってない。1000円の2%は20円。急いでいるときに手間をかける金額ではない。ブログのネタになったのでよしとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローソンの「イチゴのショコラエクレール」(とちおとめ苺トッピング)

朝のテレビで紹介していたので、何となく買ってしまった。1個だけ20円引きになっているものがあって、どうするか迷った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計算問題

そういえばインド式というのがあるようだが。大学受験と人間の脳 - Yahoo!知恵袋の、ベストアンサー以外の最初の回答に出てくる話題。32×75という計算問題をどう解くか。

私は 32×75=16×150=8×300=2400 と解いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殺到の基準

あるニュースの記事に「批判が殺到」と書いてあったのだが、昔と比べて電話が10倍かかってきたのならともかく、メールやコメントが多数寄せられたというのは、書きやすいという要素も考慮して殺到かどうかを決めているのか疑問を感じる。

コメント1000件なんて条件が揃えば一瞬で達成するのだから、電話の本数の100倍や1000倍の程度の「e-批判」なら殺到と評価するに値しないのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿西口あたりの集団行動

集団行動というのはテレビで報道されてからさらに有名になっている日体大のアレのことだが、新宿西口の地下で丸の内線とJRなどが交錯しているあたりのすれちがい様も、かなりスゴイ。田舎から出てきた人が見たら驚くのではないか。

ちなみに池袋もかなりスゴイような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探し物をしていたら「まぼろしの祭り」が出てきた

角川文庫版、立原えりか童話集。昭和五十年九月三十日初版発行と書いてあって、30と手書きの字があるから、おそらく古本屋で30円で買ったのだと思う。

最初にこの本を買ったのは中学生のときで、どこの本屋で買ったのかも覚えているのだが、その書店が今もあるかどうかは定かではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近また花粉症っぽい症状が

スギ花粉は終わったような気がするのだけど、少し鼻炎が続いているのと、マスクを外すとどうも調子が悪いような気がするのは、他の花粉に反応しているのだろうか。

地下鉄とかは、スギ花粉がホコリとして蓄積しているような気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日からやたら眠い

やたらという言葉の使い方が変かなと一瞬思ったが、春眠暁を…という感じでもなく、どうにも眠い。

という所まで21時頃に書いたのだが、投稿する前に寝てしまったので、珍しく昨日は無投稿になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグイシューを売っているところを発見したのだが

いつもとは全然違う道を歩いていたら、たまたま遭遇した。知らない人だったけど。

350円…

300円じゃなかったっけ? 手持ちの金が足りなかった。正確にいえば 321 円。世の中厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も売ってなかった

ビッグイシュー。場所を移動したのだろうか?

アフリカに学校を作るための募金をお願いします、と呼びかけている黒人。いつも同じ場所にいるので、最近見慣れてきた。今日は、その向かい側のところで、いかにもホームレスの人が求人誌を熱心に見ていた。世の中どうもよく分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグイシューを買おうとした時だけなぜか売ってない

新宿にそういう人がいるスポットがあって、普段は横を素通りしているのだが、ちょうど300円手元に残って、買ってみようかと思ったのだけど、そういう時に限ってどう探しても売っている人が見つからない。日曜は路上ライブとか多いからどこかに退散しているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車専用レーンが追加されて非常に危険になった気がする

今週はタフな一週間だったので、土曜ということで少し昼寝した後、近所のカフェでもという感じで自転車で移動していた。 100円ショップで靴下とかノートを買ってカフェに行ったら超満席なので他の座れそうなところを探して、今はマクドナルド。この途中で撮影した画像である。

2014041201

自転車専用レーンは、最近ペイントされたのだと思う。この前通ったときには記憶にない。片道1車線の比較的広い、バスが通る道路である。左側は歩道で、幅が3m程度ある。レーンがペイントされる前は、ここを自転車が通っていたし、画像で分かるように、今も通っている。

今日は私は自転車専用レーンを通ったが、このようにレーンの上を自動車が停車している。 ちなみに今回、100m程の間に4台の車が停車していたので、全部追い越して通った。 途中で老人が停車中の車に向かって文句を言ってたのが面白かった。 ジジイ強い。 車はしぶしぶ少し移動したようだが、かえって交差点の中で停車することになって、いいのかしらん、みたいな。

よく分からないのは、この場合、自転車が歩道を走行したら道路交通法違反で逮捕されるのだろうかということである。 歩道には自転車通行可の標識は見つからなかった。専用レーンを走ると、停車中の自動車と衝突するという例の有名な YouTube の動画のような結果になるだろう。痛いのはイヤだから、停車中の車を追い越して右側を通るしかないのだが、車道はかなり交通量が多いので、車に轢かれる可能性が高くなる。しかし、それが法律通りの行動なら、逮捕されるよりはいいのかもしれない。

車の運転手の視点で考えてみるとどうだろう。 レーン上に停車するのは違法なのだろうか。 つまり、レーンを避けて、自転車が通れるように停車しないといけないのだろうか。 ネットで調べてみたのだが、どうも曖昧すぎてよく分からない。 誰が指定したかで変わる、みたいな。

いずれにしても、私見としては、非常に危険で、人命に関わる事故の原因になるおそれがある、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAP細胞の騒ぎで気になったこと

騒動の本人が先日記者会見を行って、一番違和感があったのが「悪意はなかった」と主張したところである。

悪意があったかどうかは検証するのが難しい。普段の生活を隠し撮りして「うまく騙したぜ」と本音を言ったところを動かぬ証拠にするとか、そういう滅多にないような話があれば別だが、心の中というのは直接見ることもできないのである。

個人的には、この「悪意がなかった」というのが何となく分かる気がする。実験の結果が見にくかったから編集した。多分、理系の研究者の感覚だと、有り得ないような話だろう。それだけで、悪意があるとしか思えないという結論になるのも当然かもしれない。

ただ、最近の、特に若い女性というのはちょっと感覚が違うような気がするのだ。典型的なのがプリクラ。今のプリクラで撮影すると、目のサイズが倍増、さらに倍…とまではいかないが、目を大きくする、まつ毛を増量する、肌の色を修正してシミを消す、そんなのは当たり前のことになっているから驚く。スマホのアプリにも当然の機能としてあるらしいが。

しかも、それが編集したなんて意識は本人たちには全然ないように思えるのだ。データが補正されて綺麗になるのは、むしろ普通に当たり前のことで、それは昔の人の感覚だとオリジナルではなくウソのデータなのかもしれないが、今時の人にとってはそれは生のままのデータという感覚ではないかと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーカードが新しくなるらしい

クレジットカードの話である。以前も同じようなことがあってカードを更新したような記憶があるのだが、またカード会社が変わるから契約し直せという話になっているようだ。So-net というプロバイダの支払いがソニーカードだと割安になるから、それだけのために使っていたカードなのだが、流石にまたかという感じがしたので、カードの新規契約はしないで、他のカードで支払うことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PRECIOUS CARD

上島珈琲店のポイントカードを作った。カードだらけでわけが分からないのだが、こういうカードは一枚にまとめることはできないのだろうか。スマホとかケータイに集めるのでも構わないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は某フォーラムの開設記念日

1988年のとあるパソコン通信サービスで某フォーラムがオープンしたのが1988年の4月8日だったはず。今から26年前のことである。26年後に跡形もないというのは想像していたか考えてみるに、インターネットが爆発的に広まっていた時にそういう話があったのを思い出した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バッテリーの見積もりが甘かった

ちょっと油断して、バッテリーでパソコンを使っているのに Office 365 をインストールしようという無謀なことを試みてしまったのだが、案の定というか、途中でバッテリーが切れて中断するというリスキーなことになった。

もっとも、再開したら何事もなく正常に終了したのだが。今日はツイているのかいないのかよく分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Request-URI Too Large

という画面をココログの管理画面の操作中に見たのだが、どうすれば際限するのかさっぱり分からない。まあ再現しないのならいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評:学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

今話題の本の紹介。 最初に言っておくが、 この本の「さやかちゃん」はかなり頭がいい

さやかちゃんが塾に来たときの偏差値は30以下で、慶應合格ラインは70。 つまり40上げる必要がある。 これは、

市民ランナーがオリンピックで金メダルを取ろうと言っているのに近い

(p.117)

普通有り得ないような話なのだ。 勉強を始めた頃の描写が興味深い。 聖徳太子を「せいとくたこ」と読んでしまう。 そして、きっと超デブだったからこんな名前付けられたというのだが、このような発想で頭がいいことがよく分かる。 普通の人は読めない漢字は読まずに「分からない」「読めない」で済ませてしまうものだが、 さやかちゃんは無茶苦茶でもいいからとにかく読んでしまう。 しかも理由まで考えている。 「太」からデブを連想したのはデタラメではなくて合理的だ。 ちゃんと論理的思考ができるのである。

コーランは何語で書かれているかという質問をしたら、

「1万5千語」(正解はアラビア語)」

(p.102)

コーランは何語でという質問に文字数を答えるという発想もヘンだけど、見落としてはいけないのは、1万5千という数字を出すところだ。 これが凄い。 「世界にピアノの調律師は何人いるか」というマイクロソフトの面接問題が有名だが、このような質問をされても普通は数字が出てこないものだ。 さやかちゃんは何か理由があって1万5千という数字を出した。全然違うんだけど。本当は約7万8千語らしい。

こんな感じで、普通なら思考放棄するようなことを、とにかく考えまくる。 これは頭のいい人の特徴だ。

この本をうっかり読むとおバカ女子高生みたいに誤解するかもしれないが、どんなに頭がよくても勉強しなかったら問題が解けないのは当たり前のことなのだ。 だから、頭が良くない人は、これを真似しても1年で偏差値を40上げることはできない。 安易に真似すると大怪我しそうだ。

最初に紹介したように、受験はよく長距離走にたとえられる。 昔から定番の比喩で、私もよく使う。 低いレベルの高校から国立大を目指すのは、マラソンで足の遅い人がスタートに出遅れて鉄下駄を履いて走るようなものなのだ。 さやかちゃんの場合は

50メートルを10秒で走っている子に、5秒で受かれば受かるよ、だから走りなさい、と言うのと同じ

(p.120)

この微妙な設定が面白い。 100メートルを10秒未満で走る人間がいるのだから、原理的には50メートルを5秒で走ることは可能である。 ただし、スタートから加速する時間が必要になるので、50メートル走の世界記録は5秒5程度らしい。 100mを10秒未満で走れるのは後半が速いのだ。 だから、後半だけの走りをすれば、5秒は切れる。

ではどんな勉強をすればいいのか。 古来から、学校の授業はまず教科書、理解してから問題を解いて確認という順序だし、問題を解くときには考える。 考えて分からないとヒントをもらって考える。 しかし、これではスピードは出ない。 だから、坪田氏のすすめる勉強法は問題集ベースだ。

基本、参考書ベースではなく、問題集ベースでやることが大切です。なぜなら「入試」は問題集ベースですから。参考書はあくまで「参考」程度。問題が解けない場合だけ解説を見て「解き方を覚える」。そして、とにかく「解いてみる」。これで十分なのです。

(p.129)

極端な話、まず何も分からない状態で問題集をやれという人もいる位だ。(弁護士が書いた究極の勉強法、木山 泰嗣) 

てな感じで、この本には、勉強法についてもいろいろ書いてあるので、受験生の人にもおすすめなのである。 個人的にいいと思ったのはコレ。

調べた英単語に線を引く

(p.150)

高校生の時にやったことがあるから。 実はその辞書を長年探しているのだが、なかなか出てきてくれない。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
坪田信貴著
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯医者に行ってきた (2)

欠けた奥歯に被せるモノができる日ということで、行ってきた。麻酔しないで削られたのが痛かったがおおむね快調。糸切り歯の所のグラグラしたのもついでに直してもらってかなり快調。痛いのは消費税の+3%。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津波が来たそうだが

テレビで報道していたのを見てもよく分からなかった。20cmとかいうと結構ありそうな気がするけど、映像だとよく分からない程度なのだろうか。何か分かりやすく見せる工夫がありそうな気もするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなまるうどん

お昼は、はなまるうどんで「かけ小」と「鮭おにぎり」を買うことが圧倒的に多いのだが、そういえばここは4月になっても価格据え置きなんだった。もちろん、おにぎりは最後につゆの中に入れてほぐして食べるのである。一度、鮭が品切れになっていて、高菜か何かでやったことがあるのだが、それも案外美味だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日のある月

とある店で買い物をしたら、クーポン券が出てきた。誕生月限定の10%オフらしい。一体どこで誕生月が分かったのかと思ったが、おそらくポイントカードを申請するときに生年月日を書いたのだろう。そうでなかったとしたらちょっと怖い話だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »