« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

結局チョコレートとのど飴を買った

ドラッグストアのポイントの件。こういうのに弱いので仕方ないという感じで、結局、ちょうど全部なくなったところだったので、龍角散ののどすっきり飴を買った。名前が「のど飴」ではなく、わざわざ「のどすっきり飴」としたところが若干すっきりしないが、いつもこれを買っている。

しかし、これが200円しないのでまだ足りない。そこで、これもちょうどキレたところの、カカオ88%のチョコレートを買うことにした。これは昼頃にちょっとつまみたい時に、一つだけ食べるのである。毎日食べるわけではなく、一箱買ったら約1か月もつ。

てな感じで、来月もポイント2倍という条件をクリアした。しかし、日数も少ないし、多分2月は無理だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと200円買えば来月ポイント2倍

ドラッグストアのポイントが、前月に買った金額合計に応じて×2倍になったりする仕組みで、普段は水とか風邪薬しか買わないので殆ど×1倍のままなのだが、今月は今日の時点であと200円で条件クリアという状況になっている。

いつも買う水は79円とかなので、これではクリアできない。かといって、2リットルの水を何本も買うのも重いし、困ったものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で本を予約した

84人が予約中で、私の順番は67番目らしい。1人1週間ずつ借りているとすれば、まず今年中には読むことができないという計算になる。

将来、図書館の本が全部オンラインで読めるようになれば、このような状況は笑い話になってしまうのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時代とコース

知恵袋の受験カテゴリのFAQに「勉強方法が分からない」という質問がある。バカじゃないのかと思う人がいるかもしれないが、本人は大真面目で本気のようだ。もちろん、勉強の基本は小学校でやり方を含めて教わっているはずだし、今だと塾だとか添削だとか、小学校から勉強漬けっぽいはずなのに、どうしてこういう質問が出てくるのか。

と不思議に思っていたのだが、そういえば、今は時代とかコース、廃刊になっているんですよね。唯一残っているのが蛍雪時代、という認識であってますか?

私が中高生だった頃は、学年ごとに時代、コースという雑誌が毎月出ていて、中学生になったときに「中一時代」か「中一コース」どちらを買うか迷ったものだった。ていうか実際は迷わず時代を買ったんだけど。この雑誌に、勉強法というのはいろいろ出ていたと思う。勉強以外のこともいろいろ書いてあって、結構面白かったはずなんだけど、なぜ廃刊になったんだろ。

この種の雑誌と同じコンセプト、内容でネットにサイト開いたらいいかもしれない。って既にあるのだろうな、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近ミネラルむき茶を毎日飲んでいる

ペットボトルの600mlのミネラル麦茶が88円かな、それを毎日飲んでいるような気がする。昔は麦茶を冬に飲むなんてことはまずなかったが、特に違和感もないというのは、季節感が一つ失われたことになるのかもしれない。

もしかしたらトクホ系の飲料を飲んだ方がいいのかも。そういう気がしてきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マッチの属性

マッチにそんなのあるのかと思ったかもしれないが、火を点けたときの持ち時間がマッチ(のメーカー?)によって微妙に違うことに気付いた。いつもはマツキヨで買ったマッチを使っていたのだが、今回、ダイソーで買ったマッチを使ってみたら、微妙に長く燃えているような気がしたからである。

ただし、火がつきにくい。といっても微妙な差なのだが、どうも火のつきやすさはマツキヨで買ったマッチの方がよかったらしい。火薬の配合とか、軸の木の選別とか、そういう所で差が出るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すべての硬貨が表になる確率

これで最後の問題。九州大学ですよ。今までが伏線だとすれば、どんな問題が出ると思いますか。個人的には、LRLR…のように試行を繰り返したときの表の枚数の極限を求めるようなのが来てもいいのではないかと思ったのだが(どうやって解くんだろ?)、実際の問題はこれ。

最初の状態からL,R,Lの順に操作を行うとき、すべての硬貨が表となる確率を求めよ。

まあいいでしょ。 とりあえず、216通り書いてみて…

ってそれはいくら何でもちょっと多いような気がする。 不可能ではないが、芸も無いので面白くない。 そこで、Lという操作の特徴に注目する。

左から連続したいくつかの硬貨を裏返した結果が全部表になるためには、左から何枚か連続して裏、残りが表、という状態でなければならない。 つまり、次のような状態でないと、残り1回のLの操作で全部表にすることはできない。

●○○○○○
●●○○○○
●●●○○○
●●●●○○
●●●●●○
●●●●●●

この6通りと同じパターンは、(2) の中にはこれだけある。

●●●●●● 15
●●●●●○ 16
●●●●●● 24
●●●●○○ 26
●●●●●● 33
●●●○○○ 36
●●●●●● 42
●●○○○○ 46
●●●●●● 51
●○○○○○ 56

それぞれの場合に対して、次に全部表にするようなLは1通りずつしかないから、結局、36×6通りの結果に対して、全て表になるのは次の10通りだけ。

○○○○○○ 615
○○○○○○ 516
○○○○○○ 624
○○○○○○ 426
○○○○○○ 633
○○○○○○ 336
○○○○○○ 642
○○○○○○ 246
○○○○○○ 651
○○○○○○ 156

従って答は 10/216 = 5/108 となる。 何か数字に規則性があるようだが、気にしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表の枚数の期待値

昨日の続き。(2) はこのような問題だ。

最初の状態からL,Rの順に操作を行うとき、表の枚数の期待値を求めよ。

これも考え方は同じ。 全部書けば済む。 てなわけで書いてみた。 1回目は(1)と同じだから、2回目にRにしたらどうなるかという話になる。

●○○○○● 11
●●○○○● 12
●●●○○● 13
●●●●○● 14
●●●●●● 15
●●●●●○ 16
●○○○●● 21
●●○○●● 22
●●●○●● 23
●●●●●● 24
●●●●○● 25
●●●●○○ 26
●○○●●● 31
●●○●●● 32
●●●●●● 33
●●●○●● 34
●●●○○● 35
●●●○○○ 36
●○●●●● 41
●●●●●● 42
●●○●●● 43
●●○○●● 44
●●○○○● 45
●●○○○○ 46
●●●●●● 51
●○●●●● 52
●○○●●● 53
●○○○●● 54
●○○○○● 55
●○○○○○ 56
○●●●●● 61
○○●●●● 62
○○○●●● 63
○○○○●● 64
○○○○○● 65
○○○○○○ 66

数字を書いていて思ったのだが、この数字は、2回目に出た目、1回目に出た目、の順になっている。普通は逆なんですかね? いや、何が普通かという話になってしまうと錯綜しそうでアレなんだけど。

とりあえず、表になっている枚数はこの36通り全部で76枚だから、76/36=19/9 が期待値になるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表が1枚となる確率

前回の問題はスゴイ落とし穴にはまってしまったのでリベンジということで、今度は九州大学の問題だそうである。質問した人は考えたけど分からないと言ってるのだが、何を考えたのか分からない。

横一列に並んだ6枚の硬貨に対して、以下の操作Lと操作Rを考える。
L: さいころを投げて、出た目と同じ枚数だけ、左端から順に硬貨の表と裏を反転する。

本当に入試でこの文章だったのだろうか。「表と裏を反転する」なんて微妙に難しい表現で、真面目に考えたら意味不明だ。「裏返す」だけでいいと思うのだが。まあそれはそうとして、

R: さいころを投げて、出た目と同じ枚数だけ、右端から順に硬貨の表と裏を反転する。
たとえば、表表裏表裏表と並んだ状態で操作Lを行うときに、3の目が出た場合は、裏裏表表裏裏となる。

この例があるから、まあ誤解はないということで。

以下、「最初の状態」とは硬貨が6枚とも表であることとする。
(1) 最初の状態から操作Lを2回続けて行うとき、表が1枚となる確率を求めよ。

しょうもない問題だけど、もちろんこの後に(2)、(3)とあるんですよ。 実はそれが驚いたことに似た難易度だというのはおいといて、 サイコロを2回投げるのは、6×6で36通りしかない。 3回でもたかだか216通り…ってちょっと多いかも。

この程度なら、私はまず全部どうなるのか書いて、該当するのを数える。 小学生でもできそうな解法だ。確率という言葉が分からないから小学生には解けないか。

とにかく、まず実際に書いてみた。初期状態は、全部表だから、

表表表表表表

こんな感じだな。これが、Lを1回行ったらこうなる。

裏表表表表表
裏裏表表表表
裏裏裏表表表
裏裏裏裏表表
裏裏裏裏裏表
裏裏裏裏裏裏

このあたりで気付いてもよかったなと思うが、次にもう一度Lを行うと、 最初に1の目が出ていた場合はこうなるはず。

表表表表表表
表裏表表表表
表裏裏表表表
表裏裏裏表表
表裏裏裏裏表
表裏裏裏裏裏

まてまて、死ぬほど見辛ぇ。 まるで拷問のようだ。 問題文に例が出ていたからうっかりその通りに書いてしまったが、それが落とし穴なのか。

○○○○○○

この方がいいや。表は○、裏は●とする。1回目。

●○○○○○
●●○○○○
●●●○○○
●●●●○○
●●●●●○
●●●●●●

いけそうだぜ。2回目。

○○○○○○ 11
○●○○○○ 12
○●●○○○ 13
○●●●○○ 14
○●●●●○ 15
○●●●●● 16
○●○○○○ 21
○○○○○○ 22
○○●○○○ 23
○○●●○○ 24
○○●●●○ 25
○○●●●● 26
○●●○○○ 31
○○●○○○ 32
○○○○○○ 33
○○○●○○ 34
○○○●●○ 35
○○○●●● 36
○●●●○○ 41
○○●●○○ 42
○○○●○○ 43
○○○○○○ 44
○○○○●○ 45
○○○○●● 46
○●●●●○ 51
○○●●●○ 52
○○○●●○ 53
○○○○●○ 54
○○○○○○ 55
○○○○○● 56
○●●●●● 61
○○●●●● 62
○○○●●● 63
○○○○●● 64
○○○○○● 65
○○○○○○ 66

数字が何なのか書かなくても分かると思うので説明しない。

書いていたら気付いたのだが、Lによって左端の1枚は必ず反転するのだから、2回続けたら必ず表になる。 ということは、表が1枚になるのは、左端の1枚だけが反転した状態しか有り得ない。 ということは、残りの5個が1度目で全部反転するか、2度目で全部反転するか、どちらかしかない…のだが、 なぜかをきっちり説明するのはちょっと簡単ではない。

結局、この36通りの図を書いて、16と61だけが該当するから 2/36 = 1/18 というような解答の方が楽っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要ではないか

何の話かというと、先日書いた「包絡線」の文中、「重要ではないかと思う」と書いたつもりの箇所が、「重要ではないと思う」となっていて、「か」が抜けていたために、全く逆の意味になっていたのである。

得意技の「こっそり修正する」で直しておいた。

さらに考えてみると、ここを「重要だと思う」にしなかったのは何故かが思い出せない。「重要だ」「重要だと思う」「重要ではないかと思う」、この順に、断定度が減ってくるのはまず間違いないから、いまいち自信がないことの表れなのかもしれない。

「重要だと思う」と「重要ではないか」だと、どちらが断定度が高いだろうか。会話なら言い方で激変しそうな感じもするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は乗った電車全部座れた

都営地下鉄から始まって、山手線、西武線、西武線、都営地下鉄、と5本の電車に乗ったのだが、最悪の場合は全部座れない組み合わせである。一番座るのが難しいのが山手線と、後の方の都営地下鉄。最初の都営地下鉄は五分五分で、2回に一回は座れない感じ。

これが最初の都営地下鉄で2駅目から座ることができ、他は全部座れた。何か天変地異が起こりそうな気もしてきたが、とりあえず宝くじを買った方がいいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

包絡線

知恵袋にこの問題を解いて欲しいというリクエストがあったのだが、私は家庭教師ではないしお金を貰っているわけでもないので、こういうのは無視することにしている。だいたい大学受験カテゴリで入試とあまり関係ないことを書くのは気がすすまないし。

実数 t に対して xy 平面上の直線 lt : y = 2tx - t2 を考える。 点Pを通る直線 lt はただ1つであるとする。このような点Pの軌跡の方程式を求めよ。

そもそも面倒くさい。関係ないけど以前、麺読斎っていうジジイっぽいハンドルいいんじゃないかと思ったことがあったが。本当に関係ないな。面倒なので誰か解いてあげて。多分 t の二次方程式の判別式0で済むんでしょ。

ところで、包絡線は、今の高校では教えていないですよね?

ググっても高校生向けっぽいページがなかったので、多分教えてないだろう。「今」と書いたが、私が高校生の時にも教わらなかったと思う。ただ、数学の問題集か参考書で、裏技的な話で出てきたのを覚えている。もしかするとZ会かもしれない。

包絡線でググってみると、数学系のページで、y = x^2 が包絡線になるパラメータ表示として、y = 2tx - t^2 が出てきた。この式に何となく見覚えがあるのはそのあたりに由来しているかもしれない。

ググって出てきたページをいくつか見ると、意外な気もしたけどよく考えてみると当たり前なのが経済学。経済学はあまり詳しくないので、そこで包絡線が出てくるというのは知らなかったけど、他に出てくる式を見るとクラスタ分析のときに最適解を求めるやり方と似ている。ていうか基本的に同じっぽい。

方程式を解いたときに多数の解があり得るような状況で解が一つになるというのは、つまり特殊だということである。境界条件とか、一番ほにゃららな場合というのは、現実世界では、コストを最適にしたり、マッチングで最も意味が近いものだったり、そのようなケースに該当する。

二次関数をイメージしてもらうと一目瞭然。極値をとるところは、極値という漢字を見るだけでも当たり前なのだが、値が一番大きいか小さいか、そのような特別な状態である。数学センスとしては、そういう所に特別な意味があるという感覚を持てるかどうかが重要ではないかと思う。

知恵袋に限らず、学校の勉強が何の役に立つのかという質問は FAQ である。例えば数学で包絡線を教えるときに、これが接線がどうとか微分がどうという話で終わるのではなく、経済学でコストを最小にするときに使われているとか、情報科学のマッチングで応用されているということも教えたら、生徒の印象も変わってくるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の神について

大学の試験が明日あって助けてくれ、みたいな投稿が Yahoo!知恵袋にあったのだが、流石に大学受験カテゴリで質問されたら無関係の話題ということで違反投稿になるから回答するにもしようがない。

ていうか講義出ていてメモ書き程度にしかノートを取っていないらしいのだが、ノートはともかくとして、一体何を聞いていたのやら。で、言いたいことはそういう話ではなくて、ノートに何を書くかということである。

学校の授業だと、黒板に書いてあることをノートに写した人は多いと思うが、どうも私のノートを見直してみると、そうでないことが案外書いてある。黒板に書いていないことだ。ちょっと余談で言ったこととか、自分で考えてみたこととか、そのような内容がノートに書いてある。

メモ書きでも、それが意味のあるメモであれば、何とでもなると思うのだが。苦しいときの神頼みという言葉もあるし、神様にお願いしてみたら何とかなるだろう。

もし回答できるカテゴリに投稿されていたら、「ささみさん@がんばらない」か「神様はじめました」でも見ておけと書いていたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻婆豆腐をシャツに付けてしまった

お昼に食べた弁当に、麻婆豆腐が入っていて、これがいつの間にかワイシャツの胸のあたりに大きなシミになっていた。ラー油の色だと思うけど、一体いつ付けたのか分からないというのは耄碌したのかな。

どうすればシミを落とせるかというのでググってみたら、食器洗いの洗剤でもみ洗いしてから洗濯すれば落ちるらしいので、やってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験は高二で受けることができるか

今日がセンター試験二日目だが、東京は天気がよくて恒例の交通機関の混乱もなさそうだ。

ところで、センター試験は高二で受験できるかという話。

大抵の大学は、受験の年度に高校を卒業するか、その見込みがないと願書が出せないから、高二だともちろん受験できない。

ただ、今は高認という制度がある。平成26年度の場合、平成26年3月31日までに満16歳以上になる人なら誰でも受験できる。平成17年度から、高校在学中でも受験できるようになったので、高二でも高認を取ることができる。

では、高認を取れば受験できるかというと、例えば東京大学の場合、高認で受験するときには、指定の日までに18歳までに達するという条件が加わる。平成26年度入試の場合、

高等学校卒業程度認定試験規則(平成17年文部科学省令第1号)による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧大学入学資格検定に合格した者を含む。)及び平成26年3月31日までに合格見込みの者で,平成26年3月31日までに18歳に達するもの

(Ⅲ 出願資格の(3)のオ)

このようになっているから、高二で高認を取得しても、平成26年3月31日までに18歳に達しないと、入試を受けることはできない。

そこでセンター試験に戻るのだが、センター試験の場合、高認で受験するときの条件はこうなっている。

学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により, 高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成26年3月31日までにこれに該当する見込みの者

(平成26年度大学入学者選抜大学入試センター試験実施要項 5 出願資格の(3))

年齢について条件はない。ということは、高二でも受験できそうな気がする。

ということでググってみたのだが、実際に高二で受験したというネタが見つからない。実例はあるのだろうか、それとも何か条件を見落としていて、本当は受験できないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤン坊マー坊天気予報

サイトが終了していたんですね、知らなかった。あれ、以前書いたような気もしてきた…最近物忘れが良くて。

こういう時は、ググる時に使うキーワードに phinloda というのを追加してみると、以前書いていればそのページが出てくるので便利。実際、「ヤン坊マー坊天気予報 phinloda」でググったら、地デジ化の頃の投稿が出てきたりして面白かったが、サイト停止の話題は見つからなかったから、多分「知らなかった」が正解なのだろう。

「知らなかった」かどうかすら分からなくなるというのは奥が深い。

ヤン坊マー坊天気予報 (「ヤン坊マー坊天気予報」サイト閉鎖のお知らせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1教科のみ合格点に達している者の人数

Yahoo!知恵袋に出ていた問題。

五十人のクラスで社会、数学、理科のテストをしたところ、合格点に達した者の人数は、社会が33人、数学が37人、国語が36人であった。
①1教科のみ合格点に達している者の人数として考えられる最大の人数は何人か?
②全ての科目で合格点に達している者は、少なくとも何人いると考えられるか?

(数学で分からない問題があります!わかる方教えてください。 - Yahoo!知恵袋)

ベストアンサーの回答者は数学の教員の資格を持っているらしいので信用したいのだが、考え方を要約すれば、

数学の不合格が13人、国語の不合格が14人であることに注目すれば、社会だけが合格になる最大の人数は、数学の不合格13人が全員国語も不合格だったときの13人になる。

同様にすれば、数学だけが合格になる最大の人数(14人)、国語だけが合格になる最大の人数(13人)を求めて、全部合計すればいい。

というのだが、本当にこれでいいのだろうか?

この通り計算すると①の答は40人になる。

私の計算では、

①は、全て合格が28人、社会だけ合格5人、数学だけ合格9人、国語だけ合格8人のときに 5+9+8 = 22人が最大

②は、全て合格が6人、社会と数学が合格14人、国語と社会が合格13人、数学と国語が合格17人のときの6人が最小

となるのだが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あれ…

何か今ログインするときに、最後ヘンなキーに触ってしまって間違ったパスワードになってしまったような気がしたけど、ログインできてるな。まあいいや。

モーニングの「インベスターZ」にトロンの話が出てくる。表面的な知識で解釈するとそうなるのか、という感じで読んでみると面白い。裏まで知っていたらびっくりするような話がいくらでもあるんだけど、もう帰らないといけないので以下省略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日体大の集団行動をどう評価したらいいか

先日テレビで放送していた。何度かテレビで報じられて有名になったから説明の必要もないと思うが、何十人かが整然と行進するという演技である。特に、列と列がクロスしたり、後ろ向きに歩行するところは、初めて見ると驚愕するのではないかと思う。

前向きなら渋谷のスクランブル交差点とか、よくぶつからないなといつも思いながら歩いているのだが。前を歩いている人の速度や方向が分かれば、ある程度は何とかなるものである。しかし、後ろ向きに歩いてクロスしてぶつからないというのは超人的なことだ。

ただ、ちょっと考えてみて悩んだことがある。スゴイのは分かるし否定しようがない。しかし、それって、何かの役に立つ技能なのだろうか。

つまり、もしあなたがとある企業の採用担当者で、就職の採用を決めるときに、希望者が「日体大で集団行動をしました」とアピールしたときに、それは素晴らしい、採用します、と言えるか。という話。あれだけの歩行が出来るというのは確かに素晴らしい。しかし、それが活かせる業務というのがちょっと思いつかないのである。

それに、集団行動はあくまで集団行動だから、単独では価値が半減してしまう。一人では集団行動はできないのだ。

根性はあるかもしれない。番組を見ていた感じでは、まさに体育会系。上の言葉は絶対。そういうところでとことん頑張る、そのような訓練をしてきたのである。並の根性ではなさそうだ。

しかし、それは集団行動でなくても、他のいろんなところで同じように身につける人がいるもので、集団行動特有のメリットでもない。それと、体育会系の根性と、プログラマーのように精神的活動を続けるときの根性は、ちょっと違うと思っている。根性に二種類あるのではないか。体が疲れても怪我をしても黙々と歩くのと、どこがバグなのか分からないプログラムを早く直せ、すぐ直せと催促されながら何日も考え続ける、そういった根性と。根っこは同じかもしれないが。

他にあるとすればリズム感覚とか、ペースを刻む、そういうのはあるのかもしれない。だとしたら音楽系で特技として活用できるのかな。ダンスとかも。

集団行動を経験した卒業生は、どんな職業に就いているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知らない番号からの不在着信があるようだ

今朝 08:19頃。発信者通知になっているから番号は分かるのだが、誰からか分からない。

かけてみるのも怖いし、とりあえずこういう場合は放置するということで正解なのだろうか。重要なことなら留守番電話サービスに何か入れておくはずなので、たいした用事でもなさそうだし。

ネットで検索してみたけど未登録だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人の日かな

今朝は、タリーズで珈琲飲みながらリモートメンテをやりつつネット見てたけど、ふと横を見たら振袖着ている女性がいたような…。振袖で珈琲って何かハイカラな感じがしないでもないが。

成人年齢を18歳に引き下げるという話はどうなった、という感じの番組を最近見たような気がするが。もし成人年齢を18歳に引き下げた場合、19歳の人が成人式をやるタイミング逃してしまいそうな気がする。

1回だけ3年分集めてやればいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: 数の悪魔

昨日うっかり「フィボナッチ数列はいわゆる算数のおもしろ系の本に出てくるので、小学生でも知ってる人は知っている。」とか書いてしまって、何の本だっけと気になっていたのだが。少なくとも一冊見つかったのがあって、良書なので紹介しておきたい。

エンツェルスベルガー著
ベルナー絵
丘沢静也訳
晶文社

小学生でも読める内容だが、無理数も出てくるし、最後まで読めば無限級数やら巡回セールスマン問題まで出てくるから滅茶苦茶な本だ。

フィボナッチ数は6章の「にぎやかなウサギ時計」のところで出てくる。小学生向けというのは、例えばフィボナッチ数の所なら、足し算しか出てこない。だから、足し算が分かれば書いてあることは分かるはずだ。

と思うのだが、書いてある内容はいろいろ考えてみないといけないので、そう簡単な話ではない。そこが実際は小学生だとちと難しいかもしれないし、案外小学生の方がすんなり分かるのかもしれない。

挿絵がカラフルなのがいい。小学生のうちにこういう本を体験しておくと、後でいろいろ役に立つかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15段の階段があります

コマネチ大学の話。たまたま見かけたので考えてみた。

15段の階段があります。階段を一段づつ上ってもOK、一段飛ばしで上ってもOKとして、この階段の上り方が何通りあるか答えなさい。


数列の問題かな。ということで、セオリー通りに、まず

n段のときに c(n) 通りの上り方があるとする

ここから考えてみる。

n+1段のときの上り方は、

n段目まで上ってそのままn+1段に上がるのは、c(n)通り。

n-1段まで上って、n段目を飛ばしてn+1段に上がるのは、c(n-1)通り

他に上りようがないから、

c(n+1) = c(n) + c(n-1)

なんだフィボナッチじゃん。

フィボナッチ数列はいわゆる算数のおもしろ系の本に出てくるので、小学生でも知ってる人は知っている。当たり前か。知ってることだけ。

ていうか、ここまで考えるのに3分かかっていない。これ間違える要素あるの? 東大生が間違えたというのが信じられない。規則性って何しようとしたのかな…

一般項を出すのは面倒なので、15段なら足せばすぐだろ。ということでやってみる。

c(1) = 1
c(2) = 2
c(3) = 3
c(4) = 5
c(5) = 8
c(6) = 13
c(7) = 21
c(8) = 34
c(9) = 55
c(10) = 89
c(11) = 144
c(12) = 233
c(13) = 377
c(14) = 610
c(15) = 987

確かにこれ数えると間違いそうだというのは分かったような気がする。

*

ところで、身近に15段の階段ってあります? 探してみたのだが、12段、13段、14段は案外あって、15段がすぐに見つからない。

(ネタ元)

404 Blog Not Found:コマネチ大学を聴講してみた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつも行っていたタリーズがなくなっていた

タリーズは Wi-Fi が使えるので待ち時間があるときに重宝していたのだが、いつも行っているタリーズが閉店していたので驚いた。幸い、近くの別のカフェで Wi-Fi が使えたので助かったのだが。

満席で入れないことはよくあるのだが、閉店で入れなかったというのは初めてである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと風邪っぽかったのが抜けた

頭が痛かったので風邪なのかなと思ったのだけど、朝のテレビで、頭痛だけでは風邪という診断にならない、みたいな話をしていたのが興味深い。確かに頭痛だけでは何の病気か分からないので、鼻水とか喉の痛みとかがないと風邪と特定できないといわれたら、そうなのかなと思った。

じゃあ何の病気なんだといわれると、自分でも分からないです。ただ、私の場合はやはり頭痛が最初に来ることが多くて、その後、気付いたらちょっと声の調子がヘンなので喉もやられている、という順序のことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同時発売

これも消えるような気がするけど、Yahoo!知恵袋に書いた話。洋楽が好きなのでそれを絡めて楽しんで勉強できる方法はないかという、多分高校生の質問。

突然ですが、私は洋楽が大好きです。でも、文法の勉強はあまりしてきませんでした... - Yahoo!知恵袋

書いた回答は要するに英文覚えていれば何かの役に立つだろ。単語覚えとけ。

別に間違いではないと思う。

ただ、この回答で Red Hot Chili Peppers の Dani California を紹介した。歌詞には simultaneous release という言葉が出てくる。「同時発売」だと思います。すみません、よく分かりません、と書いた。これは simultaneously と release という単語がターゲット1900という受験生定番の単語本に出てくるからあえて紹介したのだ。

simultaneous release に同時発売という意味があるのは間違っていない。Eclipse なら同時発表のページには simultaneous release と書いてあるし。

ただ、レッチリの歌だし。この歌でここに同時発売なんて意味が使われるわけがない。実は調べてみたのだが、おそらく用を足すときに大小同時に出すという意味で使っているらしい。そこまでは分かっているのだが、そんなことは純な高校生が質問している知恵袋には書けないじゃん。

Urban Dictionary: Simultaneous release

他に最近悩んだのは、Dosed に出てくる seahorse なんだけど、これなんかココログにも書けない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵袋の「かぐや姫の要約を300字以上で要約しろ」という質問

とりあえず、フォークグループのかぐや姫の話を書いた。

ていうか、回答が何を要約したのか分からない。ていうか要約じゃないな、元のストーリーがないと要約できませんよね。単なる冗談だからどうでもいいんだけど、多分質問した人が知りたいのは竹取物語という古典の要約なのだ。

で、それはおいといて、他の回答が2つ付いていて、両方とも30文字程度しかない。

普通は要約といえば何字以下とか何字程度という指示があるもので、何字以上でという指示を脳内で自動的に「300字以下」に修正して理解したのではないかと思う。にしては短すぎるけど。

ただ、私はこの質問を見たときに「以上というのは面白い問題だな」と思った。なぜ脳内で修正されなかったのかがよく分からない。

多分そのうち消滅しそうな気がするのだが、一応リンクしておく。

かぐや姫の要約を300字以上でお願いします - Yahoo!知恵袋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の階段の電灯を点けない理由

真っ暗だと危ないではないか、と思われるかもしれないが、それが理由である。万一のときに、真っ暗でも通れるようにしておかないと危険だろう。そこで、自宅の階段を、電灯を点けずに上り下りするように練習をしたわけだ。

最初はゆっくり歩いていたが、慣れると普通に歩けるようになる。歩幅や壁との感覚で覚えてしまうらしい。壁との感覚というのは、歩くときに壁を触りながら歩くのである。

ところが、この階段を昼に踏み外しかけたことがある。明るいと安全というわけでもないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とあるカフェで見たこと

新宿のある店で、ある客がアイスコーヒーを頼んだ。この寒いのにとか思ったかもしれないが、それは本題ではない。

アイスコーヒーを受け取るカウンターにシロップやミルクが置いてあって、この客はそこでシロップとミルクを入れたのでゴミが出ることになる。これをカウンターにいた店員に渡そうとしたのだが、店員は少し先にある返却口を指して、そちらに捨ててください、のようなことを言った。これはマニュアル通りの対応なのかもしれない。

客も別にに不服そうでもなく、普通に指示に従って返却口のゴミ箱までゴミを捨てに行った。ところが、この客が途中でゴミを一つ床に落としてしまったのである。それに気付いていない。

床にゴミが一つ落ちた状態になった。店員も気付かない。これが10分以上放置されていたのだが、客がこれを拾うというのはまずない話なので、店員がこれを拾うという手間をかけなくてはならない。だったら最初からカウンター越しにゴミを受け取っていたら、客も楽だったし、店員も多分楽だったのである。おまけに、店をゴミの落ちた状態で放置せずに済んだのだ。

まあどうでもいいことだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は昼寝をしなかった

日曜日はなぜか毎週仕事があったりするので、あまり昼寝することもないのだが、普段は土曜日に昼寝していることが多い。夜中に起きているからそういうことになるのだが、昨日と今日、二日連続で新宿のオフィスに行ってたので昼寝ができなかった。

昼寝をしなかったら夜眠くなるかというと、そうでもないから不思議だ。ということは、何のために昼寝しているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!知恵袋のカテゴリマスターになってしまった

世の中にマスターと呼ばれる地位はたくさんあるが、おそらく現存するマスターの中で最も権威がなくて軽視されるのがこのYahoo!知恵袋のカテゴリマスターである。

なにしろカテマスというだけでバカにされるのだから大変だ、ていうか実際それだけのマイナスの価値があるのだが、うっかりしたのかカテゴリマスターになってしまった。困ったものである。

カテゴリマスターになるのは簡単で、回答したものがベストアンサーにたくさん選ばれるだけでいい。知恵袋の場合には、このベストアンサーというのがクセモノなのである。ベストアンサーという呼称の通りベストなものが選ばれるのならいいのだが、まずベストとは限らないのである。

ベストアンサーは質問した人に選ぶ権利がある。選ぶ人は質問する位だから、何もわかっていないことだって多い。内容が明らかに間違っていようが、もっと優れた回答がたくさんあろうが、分からないから選んでしまう。そういうデタラメなものを指標にして選ぶのだから、選ばれた結果もデタラメであることは自然の成り行きだ。

*

どこのカテマスになったかというと、大学入試カテゴリである。

ちなみに大学入試は素人で、大昔に家庭教師をした程度で、講師の経験はC言語とかOSとか、そっち系しかないから話にならない。じゃあなぜ大学入試カテゴリなのかというと、カテゴリマスターにはなりたくないのが原因なのである。

回答者が少ないカテゴリでうっかりベストアンサーを2つ3つ獲得すると、それだけでカテゴリマスターになってしまう。回答者が多いところなら、何十もベストアンサーになってもカテマスにならずに済む。だから投稿数が多い「Yahoo!知恵袋」「大学受験」、主にこの2つに回答していたわけだ。

この2つのカテゴリには、もう一つ共通した特徴がある。回答が簡単に書けるのだ。お手軽なのだ。

知恵カテの場合、「知恵袋に投稿するとどんなメリットがあるのですか」のような質問が常に出てくる。もう一つ多いパターンは「知恵袋にほにゃららな人が多いのはなぜですか」。これは「あなたがほにゃららな人の投稿ばかり見ているからだ」と書けばいい。

大学受験カテゴリだと、もう殆ど次のような質問で埋め尽くされるのである。

「偏差値を10上げるにはどうすればいいですか」→「勉強しなさい」と回答すればいい。

「ほにゃらら大学に合格したいのですが、必死にやれば間に合うでしょうか」→「間に合わない」と回答すればいい。

「やりたいことがありません。どの大学に行けばいいでしょうか」→「就職しろ

ちなみに勉強すればいいと回答したら、分かりました、勉強しますという人がいるから驚きである。そういう回答でベストアンサーになったりするのだから、カテゴリマスターの質も想像できるというものだ。

*

少しマジメな話も書くと、最初の頃、適当に回答していたら、案外他のプロっぽい予備校講師とか一流大学の合格者と同じ内容になるので妙だと思って、いわゆる受験本も読んでみた。10冊以上は読んだ。

すると、適当に書いていたことが大部分、著名な受験本に出てくるのである。これなら私、受験本書けるんじゃないの? 少し考えてみれば私の受験ノウハウは全て高校のときに学んだのだから、その当時のトップ進学校で常識だったことは体が覚えているわけだ。受験本を書いている人はそのような知識、メソッドをベースにしているから、書いてあることが重複するのも道理なのである。

多少はびっくりすることもある。最近の受験生は自分で単語カードを作らないようだ。市販のものを買ってきて使うのである。理由は、その方が時間の節約になるというのだが…。まあそこは否定はしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は移動日

特急に乗るまでのツナギの区間がいつにも増して大混雑だったが、今日ってそんなに混雑する日だっけ? 土日があるからピークはもっと後かと思っていたのだが、特急も指定席は満席。この指定席が案外昨年遅くなっても取れたのでそんなに混んでないと思ったのだが、自由席は通路も満員状態でスゴかった。

ところが、私の横の席がずっと最後まで空いていた。誰か指定して乗れなかったのかもしれないが、空席があるのに通路に座り込んでいる人がいるというのはどうも最適化のロジックに欠陥があるみたいで納得できない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凧を揚げた

東京だと電線が多くて広い公園でも凧を揚げるのがまず難しい。まずどう上げてもあたりに電線のない所で揚げてみたが、何年ぶりというか何十年ぶりで揚げるとなかなか難しいものだ。

昔の正月だと独楽回し、羽根突き、凧揚げというのが定番だったのだが、富士山が世界遺産になり和食が無形文化遺産に認定される現代に、そのような遊びをする子供は殆どいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。明けてから21時間以上経ってしまいましたが。本年もよろしくお願いいたします。

紅白歌合戦を見た。見たというほど本気で見てなかったけど、森進一さんが襟裳岬を歌ったときに、冬のリヴィエラに急遽変更できなかったのかと言われて、今のNHKにはそういう気の利いた計らいというのは無理だろうなと思ったりした。あまちゃん見てなかった人には面白かったのだろうか、というのも気になったし、紅白って昔は日本を代表する番組だったのかもしれないが、今はNHKの番宣半分みたいな番組になってしまったような気もする。NHKの民放化?

そういう中でゴールデンボンバーのふざけた出演が割と印象的だったのだが、「女々しくて」ってカラオケで絶大の人気があるというのは何故なんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »