« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

来年の抱負は「十倍にする」ということにしました

ていうか、今年の抱負が何なのか思い出せないんですけど。倍返しという言葉も流行ったようなので、来年は十倍返していうか、十倍にするという抱負にした。

具体的に何を十倍にするかというと、まず重要なのは会社の売上を十倍にしなければならないのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせち料理を受け取り損ねたが

ネットで注文して、今日宅配で受け取る予定だったが、一瞬留守だった時間に狙ったように来て不在通知が入っていた。再配達の指定はしたのだが、16:00~18:00という指定なのにまだ来ない。

来年までに来るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪っぽい

今日は移動日で、この後特急に乗る予定なんだけど、朝から調子が悪い。風邪薬を飲んで今まで殆ど寝ていたのだが、おかげでかなり回復した感じではある。

携帯ゲームをしている夢を見たような気がするが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和高校初戦敗退、残念でした

埼玉県の東大に何十人も合格する高校の話である。今年、ラグビーで54年ぶりに地区大会優勝して、全国大会に出場した。今日が試合だったけど、ネットで見たら惜しい点差(22-12)で負けてしまったようだ。

三年生の部員がいるというから驚きである。しかも後は体力勝負だから、受験の方は勝てそうな気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新札をgetしてきた

お年玉用の新札のつもりなのだが、使う機会があるかどうかは怪しい。とりあえず用意しておこうと思ったら、自動両替機の前は長い行列だった。しかも直前で「補充します」とかいって5分待たされるし。

新札を入れたATMがあったらこんな行列はできないような気がした。

そういえば、世の中、電子マネーがどんどん普及しつつあるわけだが、そのうちお年玉も電子マネー化されるのだろうか、ていうかもうなっている家もあるのかな? 電子マネーなら新札getするために並んだりしなくても済んだのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

88円のジュースを買うとき

今日は 108 円出して、お釣りを20円もらった。

もし 89円だったら 109円ではなく 100 円出してお釣りを11円もらうと思う。f逆に、81円だったら19円のお釣りを避けるために、101円出すと思う。

この閾値はどこにあるのだろうか。ちなみに、私は 108 円出すことは滅多になくて、普段は 100 円渡して12円のお釣りを受け取っているのである。今日は何となく手に持ったときにコインが8円あったので、勢いでそういうことになってしまったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだ今日はもう書いているのか

今はタリーズにいるのだが、折角だから書いてしまう。といっても大した話はないけど。実は腕時計が今、24日になっている。この時計は小の月に対応していないので、必ず31日が表示されてしまうのだ。今月1日の時点で時計は31を表示したはずで、そのまま今日まで来てしまったのだ。

使っている本人は、1を足せば正しい日になることを知っているから、別に困らないのである。流石にそろそろ直しておいた方がいいような気がしてきた。今あわせておけば、来月もそのまま使えるのだし。

と書いて投稿しようと思ったら何も起こらなかった。Javascript が off にしてあったのが原因だが、off でも何かできるようにするのはそんなに難しいことなのだろうか。もしかして、2013年の今の世の中に Javascript を off にしてブラウザを使っているのは私だけなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるpc用ゲームの謎

マインスイーパーのように、マウスのクリック精度が決定的なポイント差になるゲームがある。正確に狙ったところをポイントしなければゲームオーバーになってしまうので、動かしたときに少しぶれたり、ひっかかったりする感じのあるマウスだとスコアが良くならない。

最近、新しいマウスを買って、このマウスの精度が非常に良い、というか、自分に合っていて、殆ど狙ったところを正確にクリックできるようになった。

それでスコアが良くなったというのなら分かるのだが、そのマウスを使うようになってから、スコアが100万点を超えたことが一度もない。いいところで80万点程度で終わってしまう。以前のトラブルを抱えたマウスだと、最高で130万点程度は出せたし、普通に100万点は超えることができた。

そこで、使いやすいマウスの方が得点できない理由をかなり考えてみたのだが、分からない。あえて考えられるのは、思ったところをクリックできない方が得点が高くなるような要素があるという可能性だが、そんなことが有り得るのだろうか。

弓道で言うならば、射手が的の中心を正しく狙えるという前提で、まっすぐに飛ばない矢の方がまっすぐ飛ぶ矢よりも中心を射抜く確率が高い、というような現象なのである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テジカメが見つかった

先週あたりから、デジカメが見当たらないので困っていたのだが、今日は真剣に探してみたらやっと発見した。結局、かばんの中にあるポケットに入っていたのだが、デジカメが小さいとパッと見ても分からなくて、気付かないという状況だった。

他人のなくしたものだと推理してパッと見つけるのに、なぜか自分が紛失するとなかなか出てこない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都営地下鉄内の広告

以前は通勤時の40分程度がパソコンを使って各種作業をする時間になっていたのだが、最近はあまりパソコンを使わなくなった。今日は保守の時間の関係上、この時間にアクセスしたかったので地下鉄の中でパソコンを使っている。スマホがあればそれでメンテできるのかもしれないが、実はまだスマホを持っていないという時代遅れ状態。

休日のこの時間にしては電車内が混んでいるような気もするが、今乗っている都営地下鉄、広告が一枚も見当たらない。もったいない。次の都知事にはこのような小さな無駄からまず何とかして欲しいと思うが、ずっと前からこんな感じだったから言うだけ無駄かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドアの隙間を埋めるテープ

和室の暖房を入れてもどうも暖かくならない。エアコンを切ると温度がすぐに下がってしまう。といっても、部屋の上の方は暖かい。サーキュレーターを使えば空気が循環するので部屋全体が暖かくなる…はずなのだが、全体的に冷えてしまうような気がした。

扇風機をサーキュレーターに使おうとしたのだが、今使っている扇風機は基本的に横に風を送るようになっていて、上はもちろん、斜め上に空気を送るのも難しい。いわゆるサーキュレーターとして売っているものは、角度を自由に調節できる。

ふと気付いたのだが、部屋の温度が下がるときに、ドアの高さより上の空気は暖かいままのような気がする。ということは、ドアのところから冷たい空気が入ってくるのではないか。実際、ドアを閉めても少し隙間があるのは見れば分かる。そこで、この隙間を埋めたいのだが、そのためのテープがあったはずだ、ということでホームセンターに行った。もちろん目的のものがあった。

ドアをよく見ると、下はあまり隙間がなく、上は隙間が大きいという状態なので、だんだん厚くなるようなテープがあると実に有難いのだが、流石にそういうテープは販売されていないようだ。あるのかな、まだググってないので、もしかしたらそのようなテープもあるのかもしれない。

これを買ったのだが、ホームセンターの中をぶらぶらしてみると、サーキュレーターが置いてある。3000円程度のものだ。衝動買いする。さらにホットカーペットも。以前使っていたのは断線したっぽいので、新しいのを買う予定だった。これも本体だけのものが3000円程度である。

ということで、テープだけを買いに行ったのに、いろいろ余計なものを買ってしまって、後で自転車に乗ってきたことに気付いた。サーキュレーターが既に自転車のかごに入らない。ホットカーペットはたたんだ状態だかかなり大きな箱に入っている。さてどうするか。結局、自転車に乗って帰ったのだ。あまりおすすめできないのであえてどうしたか書かない。ヒントは蕎麦屋の出前。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日で3週間

今月は毎日投稿すると宣言して、まあダメならごめんで済むかと軽く考えていたのに案外続いた。何かを3週間続けて行えば習慣化する(マックスウェル・マルツの法則)と言われているから、それをクリアしたことになる。

一方で毎日一曲ずつ紹介するブログは1700日を超えてまだ続いている。どこでもいいからブログに投稿するという記録なら何日続いているのか、もはや分からない。

こんなのは自動投稿にでもして適当に原稿を仕入れておけば簡単に実現できることで、実際、パソコン通信の時代にはそうやって毎日投稿していた。当時はオートパイロットという手法が定番だったから、その時に投稿する手順も登録しておけば案外簡単に自動投稿できたのだ。但し1700日続いている「いつか聴いた曲」の投稿は、全部手動である。自動で投稿したことは一度もない。

ということは、少なくとも1700日以上、毎日パソコンを使っていたことにもなるのだ。ブログを投稿するという条件ではなく、パソコンを毎日使うという記録だと何日連続になるのだろうか。まさか20年とか30年ということはないと思うのだが、旅行に行く時もパソコンを持ち歩くから、案外凄い記録になっているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セキュアってどういう意味なのか

情報の用語で「セキュア」という単語が出てきたら、大抵は、データが暗号化されているという意味になる。専門書だと「セキュアな経路」みたいな表現が出てくる。

ブラウザを使っている人なら https で始まる URL を見たことがあるはずだが、この最後の s が secure だ。じゃあ secure というのは暗号化するって意味…でもないのだが。情報系の感覚的にはそうかも。

REO Speedwagon の歌に Can't Fight This Feeling というのがあって、歌詞の中に

I feel so secure when we 're together

という表現が出てくる。この歌からイメージすると、安全というよりも、安心とか、落ち着いていられる、油断できる(笑)、ほっとする、といった感じなんだけど、https がほっとするプロトコルだと想像したら面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅のpcを再起動したまま出てきた

何か問題なのかというと、自宅のpcにはWebカメラが付いていて、室内の様子を外部からモニターできるのだが、そのためのアプリを何も入れてないので、モニターするには skype でビデオ通話しなければならない。ていうか、skype でビデオ通話した状態にすればモニターできるので、専用アプリを入れる気にならないというのが事実に近いかもしれない。

モニターするためには、skype の通話を成立させなければならない。つまり、リモートから skype で発信したときに、受信のボタンを押さないといけないのである。室内に誰もいないときに、どうやって画面をクリックするか。

実はそのためのソフトが入っていて、Windows だとリモートデスクトップ接続という機能が標準装備なのだが、それは何となく怖いので無視して、他のソフトで外部からこのpcを操作できるように設定してある。あまり細かいことを書くとこのpcを乗っ取られたりすると怖いので書かない。まあ普通以上のセキュリティ強度はあるはずだから、まずそういうのは有り得ないのだが。

で、話が最初に戻って、何が問題なのかというと、Windows を起動した直後に、何か微妙な条件が成立してしまうと、ダイアログのボタンを押さないと Windows が起動しないとか、そもそも再起動のための終了の途中で待ち状態になっていて、リモートでは如何ともし難い状況になることがあるのである。本来は、Windows が本当に起動したところまで確認してから外出するつもりだったのだ。

設定した本人がアクセスできないのだからセキュリティとしては最強でしょ。そこにアクセスできる最強のハッカーがいないという保証もないが。

但し今日は幸いちゃんと再起動したので問題は発生しなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビのリモコンを発見した手順

テレビのリモコンが見当たらない。あんな大きなものが見つからないような大邸宅に住んでいるのかという話はおいといて、どこにあるか分からない時には推理してみると大抵見つかる。ただし自分がなくしたものは殆ど出てこないのだが。

今回は、そのテレビのリモコンを最後に触っただろう人が、寝る前に居間でノートパソコンを使っていて、それを片付けているはずだから、その時にテレビを消しているとすれば、ノートパソコンの近くにリモコンもあるのではないか、そう推理したのだが、予想通りの場所にあった。ノートパソコンとリモコンの色が同じだから、片付いた状態だとちょっと見た程度ではなかなか気付かない。

先週は TRONSHOW に行って、未来の住宅のインターフェースのデモを見てきた。家電からは全てスイッチを取り去って、センサーがジェスチャーなどを認識して家電をコントロールするデモだ。あるいはスマホで全部コントロールできる。

スマホのバッテリーが切れたらどうするんだという突っ込みはおいといて、これならスマホさえあればリモコンがどこかに行って操作できないというような事件は起こらないし、ジェスチャーで操作できるのなら、自分を無くしてしまうというのは自分視点であれば有り得ないのだが、…

今日は預金を引き出すときに指認証のATMを使った。滅多に使わないATMだから、指を置く位置を忘れていて、最初数回、失敗を繰り返してしまった。この指は本当に私の指なのか。

そういえば位置はここだっけ、と思い出した後はすんなりと成功した。

してみると、ジェスチャーで操作できる家電というのは、ジェスチャーを忘れてしまったらとんでもないことになるのかもしれない。隣の家の人が踊っているのは何故だろう、みたいな世界がすぐそこまで来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椅子に座っている状態で椅子ごとコケた

姿勢が悪いのか何なのか、椅子ごとコケるとは思わなかったので油断した。左腕を打ったのだが、たいしたことはないので湿布で済ませている程度。普通にしていれば大抵の動作は問題ないのだが、今朝はかがんで物を拾うときだけ少し痛いのに気付いた。今はもう痛くもないが。

どうも昔から椅子にだらしなく座るのが好きで、リクライニングシートでもあったらいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタバで見た光景

昨日はあれこれ新宿を歩き回って最後はリモートメンテしたかったのでスタバに入ってサーバーの処理が終わるのを待機していたのだが、とにかくスタバが混んでいた。

最初は空席待ちで、立って待っているときに店員さんがサービスのアイスコーヒーを持ってきてくれた。試飲用の小さいカップに入ったものですが。

その後、見ていると、二人席に1人ずつ座っている人がいて、まあそれは普通によくあるのだが、とある席の男性が横の席の女性と会話しているのを見て、店員が、お連れさんですか、店内が大変混んでいるので、よかったら二人で二人席に座っていただけないか、そういう話をした。この二人は、一人ずつ二人席に座って、自分の前の席にはかばんを置いていたのだ。

この二人は店員のお願いを受けて、結局向かい合って座ったのだが、その後、女性が「私たち連れじゃないよね」とか言ってた。

こういうのを「つれない」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマホのバッテリーはかなり進化したようだ

以前はスマホはバッテリーが長時間持たない、使っているとすぐにバッテリー切れになるということで酷評されていたものだが、最近のスマホはカタログを見ると連続通話時間が1000分を超えるものも出てきて、かなり進化しているようだ。

もっとも、バッテリーは劣化するので、使っているうちにどんどん使える時間も短くなってしまうはずなのだが、毎日寝る間に充電するという使い方で、起きている時に一日中使えるのなら、まず十分だろう。

バッテリーを長持ちさせるという方向もあるが、視点を変えるとバッテリーの充電時間を短くするというアプローチもあるはずだ。例えばフル充電が1分で済むのであれば、かなり使い方も変わってくると思う。そんなスマホを持った人がマクドナルドのようなコンセントが使える店舗に押し寄せるとブレーカーが飛びそうな気もするが。

あと10年もしたら、充電しなくても、太陽電池だけで使えるようなスマホが出てくるのかもしれない。但し、電波を出すためにはそれなりのエネルギーが必要なので、今とは違った無線インフラが必要になるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街はクリスマスミュージックで溢れているようだ

東京だけかもしれないが、街中で聞いたりする音楽がクリスマスミュージック。「ソング」でなくわざわざ「ミュージック」と書いたのは、歌詞がないのが今年は多いような気がしたからだけど。これだけ繰り返して聞かされると、何か刷り込みを越えて洗脳されているようで怖い。

かかっているのは大抵、サンタが街に…とか、赤鼻の類で、賛美歌とかではないんですけどね。もちろん賛美歌もよくかかっているけど、著作権の問題なんだろうか、例えば山下達郎とかワムの歌とかは街中では滅多にかからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もTRONSHOWに行ってきたのだが

講演が終わった後に外に出てからふと気付くと、いつの間にか社会の窓が開いていた。オープンアーキテクチャの威力を実感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か疲れた感じがするのだが

何なのかよく分からなかったけど、多分、TRONSHOW をやっている六本木に行って朝に2時間、発表を聞いているからだろう。聞き流せばいいものを、学生みたいに真面目にノートを取ったりしてるから余計に疲れるのかもしれない。

だいたい、いつもは新宿で降りるから知らなかったけど、六本木に行くときに電車が新宿からやたら混んできて、「東へ西へ」に出てくるようなすし詰め状態になる。これは皆さん六本木で降りるわけで、一緒に降りることになる。そこでミッドタウン方面の改札に出るエスカレーターに乗ろうとしたら、行列になっていて、なかなか乗れない。今日なんか最後尾についたら、次の電車が到着してもまだエスカレーターに乗れない。そんな長さの行列が出来ている。

昔は六本木は階段で上まで上がれたんだけど、今でも上がれるのかな。明日も六本木に行く予定なので、試しに階段で上がってみよう。実は都営大江戸線の六本木駅は、洒落にならない深いところにあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのログイン画面って… (2)

6日に書いた、パスワードを入力中にフォーカスが切り替わって入力した文字が見えてしまう件だが、考えてみたら当たり前なのだが、JavaScript をオフにした状態では発生しないことがわかった。

普段は安全のため、JavaScript をオフにした状態でブラウザを使っているのだが、ココログにログインするときに、JavaScript をオンにしろと画面に表示されているので、いつもは、JavaScript をオンにしてからログイン画面を表示して、それからパスワードを入力していたのだ。

今日はたまたま、それを忘れて、JavaScript をオフのままパスワードを入力するところまで進んでしまい、その後に JavaScript をオンにしてからログインボタンを押すという奇妙な手順を使ったのである。このやり方だと、パスワードを入力している時点では JavaScript が無効だからヘンなことは起こらないのだが、ログインが完了したら JavaScript がオンになっているので、その後の操作は普段と同じようにできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月は案外続いてるな

毎日書けるかどうか試しているわけだが、案外続いて10日経過した。一説によると、何かを習慣にするには3週間続けたらいいそうなので、まだ先は遠いようだが。もっとも、「いつか聴いた曲」は今日も記録更新していて、1720日目である。ここまで続いたら2000日を狙いたいものだが。

ゆうちょ銀行から綴じ込みハガキが来ていて、開けてみたら、インターネットバンキングの振込み限度額を1000万円から50万円に引き下げるという連絡だった。今まで1000万円になっていたらしい。事前にネットで変更すれば今まで通り1000万円まで振り込めるらしいのだが、しかしゆうちょ銀行はいつも残高が5桁しかないので、50万円になったところで影響があるとは思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「好きこそ物の上手なり」と書いている人がいたのだが

好きこそ物の上手なれ、という言葉がある。プログラミングが上達する人はプログラムが好きな人が多い。あんなもののどこが面白いのかと思われるかもしれないが、プログラムが指示通りに動作するのを見るのは面白いものなのだ。思ったとおりに動かないって? まあそういうこともある。

昨日のIRCだっけ「プログラム開発はデバッグに始まり、デバッグが終わらない」というのは自分でも何言ってるか分からないがうまいこと言ったと思った。

話は戻るが、古文で係り結びというのを習っていれば(中学校で出てくるらしい)、「こそ」は已然形で終わらせないといけないから、「なり」ではなく「なれ」が正しいことが分かる。何でこんな中途半端な状態で終わらせないといけないのか謎らしいのだが、現代語でも中途半端で終わらせる表現法はあるので、そういった効果を狙っているという説があるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お歳暮を贈るためにデパートに行ってきたのだが

そろそろ行った方がいいかなと思ったので、今日は朝からパナソニック汐留ミュージアムのモローとルオー展を見てきて、その帰りに寄り道して新宿の某デパートでお歳暮を贈ってきた。待ち人数が30名程度。

番号を呼ばれて、品物のカードを渡して入力、といけば話は簡単なのだが、二個目の品物番号を入力しようとしたら、なぜか22222222となってしまう。何度か試したがどうもよくない。他のテキストボックスをクリックしても、即座に22222…と入力されてしまう。見た感じだと、2のキーが押されっぱなしの状態なのだが、どう見ても誰もキーを押しているようには見えない。

ギブアップして他の端末で入力し直したのだが、珍しいこともあるものだ。普通の客だと怒る場面かもしれないが、pcのメンテとかも仕事にしているから、他人事ではないというか、つい直したくなってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザの予防接種を打ってきた

本当は昨日行こうと思っていたのだが、病院が見つからなくて挫折した。新宿の歌舞伎町の近くの病院ってどこなんだろ。コマ劇場の近くに大きな病院があるのだが、そこは受診者でないと受け付けてくれない。他の病院で打ってくださいといわれた。

結局、毎年行っている近所の病院に行ったのだが、待ち人数0ですぐに終了。これでは昨日の散策が時間の無駄になってしまうのでブログのネタとして活用しているわけだが。

何年か前に、新型インフルエンザで大騒ぎしたことがあった。今年は風邪が流行っているという噂をよく聞くけど、インフルエンザに関しては何の噂もないような気がする。噂がないから大丈夫というわけでもないので、油断はできないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのログイン画面って…

他のブログではこんな現象、見たことないんだけど、IDを入力していて、パスワードを入れているときにいきなり、入力対象がIDのテキストボックスに勝手に切り替わって、パスワードの一部が丸見えになってしまうことがある。皆さんはそういう経験ないですか?

一部だからそれだけでパスワードが漏れるわけではないのだけど、どうも気持ち悪い。最近の話ではなく、何年も前から発生している現象だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音読は疲れるからよくないという人がいたのだが

勉強法で定番の「音読」だが、音読するのは疲れるからよくないという人がいた。そういう視点もあるのかとびっくりだが、勉強になるなぁ、Yahoo!知恵袋。

とりあえず持論としては、音読したときには、脳が書いてあることを理解しようとする。だから、意味がちゃんと理解できていないとうまく音読できない。分かろうとするところで脳が活性化されて、それが勉強になる。頭を使うんだから疲れるのは当たり前で、むしろ、疲れないような勉強をしようというのが甘い。黙読だと、分からないときにはスルーすることができるので、楽だけど勉強度は低い。

昔は素読というのもやったそうだ。特に漢文。意味なんか全然分からない状態でいいから、とにかく読むのである。

そんなことをして何になるのかというと、読書百遍意自ずから通ずという。百回読めば分かるのである。だったら複雑なプログラムも何度も見ていれば分かるようになるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルドのチキンフィレオというネーミング

マクドナルドのハンバーガーに「チキンフィレオ」という新作が追加されたようだ。何か高いのでまだ食べてないんだけど。

ところで、定番のハンバーガーの中に「フィレオフィッシュ」というのがある。だったら「フィレオチキン」という名前になりそうなものだが、なぜ「チキンフィレオ」なのだろうか。もし注文を聞き間違えるのを防ぐためにわざと順番を変えたのなら、なかなかの知恵者がいるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗記力が全くないという質問をする人がいるのだが

暗記力が全くないのなら、どうやって日本語を覚えたのか実に興味深いのだが…

覚える気がないというのなら分かる。覚えようとしなければ覚えられないものだ。

ただ、覚えようとしても覚えられないことがある。例えば私の場合、どうしても「松田優作」という名前が覚えられなかった。太陽にほえろに出ていた、ほら、人間の証明とか野獣死すべしとか…という所で、名前が出てこない。どうやって覚えたかは不埒だといわれるかもしれないので内緒にしておく。

昔から人物名を覚えるのは苦手なのである。とはいっても、国語や歴史に出てくる人物名なら覚えられるのが不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ぽ

「○○ぽ」という表現は死語なのだろうか。この「ぽ」は「っぽい」という意味のようだが、「だめぽ」のような言葉は昔よく見たような気がする。

ちょっと頭痛がするので出社するのを控えて朝から寝ていた。風邪薬が効いたのか頭痛は消えたし、かなり体調も戻った感じだが、寝ているときに少し汗をかいたので、やはり風邪っぽい。インフルエンザの予防注射を打ちに行く予定だったが、これでは無理のようだ。

前の会社にいたときは、この程度の症状だと気合で出社して仕事で治したような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのアクセス解析機能がリニューアルされるそうだが

最近あまりこちらに書いていないのでどうでもいい、というか、アクセス解析殆ど見てない。見ても何も具体的な対応できないからである。ブログのアフィリエイトである程度の収入になっている人には重要なのだと思うけど、相変わらず Amazon からは毎月「規定の金額に達しない」というメールが来るような状況だし、むしろ解析結果を見る時間が無駄。

今月は何となく1日に書いてみたので、毎日書いてみようか。続くかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »