« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

痔が再発した

前回のように動けないほどの痛みはないのだが、触るとポチっとなっているのがわかるし、歩いていると少し違和感がある。悪化する前に治療すべきと思ったので、夕方に病院に行ってきた。診断は血栓性外痔核で、要するに血まめらしい。

薬を使って通院すれば直るらしいが、かなり日数がかかるというので、前回と同じように手術で対応してもらった。麻酔をかけたのに切るときに一瞬すごく痛かったのが謎だが、少し休んでから歩いて帰宅できるレベルなので、まあ大したことはない。ということで今日は安静にしなければならない。パソコンとかあまりよくないような気もする。

前回というのは6年前らしい。同じ病院に行ったので、データがちゃんと残っていたようだ。こういうのは永久保存版なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪ぽ?

風邪っぽい頭痛がしたので眠ったら午前3時まで寝てしまった。自宅で夜にpcを開かないというのは珍しいことなのである。そのまま朝までぐだぐだして、今カフェでメールを確認しているところ。自宅で確認すればよさそうなものだが、かばんから出してsetting するのとか面倒だったので。

風邪には風邪薬というのが普通の発想だと思うが、案外ユンケル顆粒とか効く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行動最適化とは

最適化というのはプログラマーには常識で…最近もそうだと思いたいが…、説明するまでもないのだが、要するに無駄を省けという話のレベルの高いものだ。とはいっても、実際にやることは単純なことの組み合わせで、それを組み合わせるというのが難しいのだが。

最適化を意識して毎日プログラムを書いていると、日頃の行動も無意識のうちに最適化するようになる。これを行動最適化という。

例えば、これを今タリーズで書いているのだが、珈琲を頼んで席に着く。ここでまず一口飲んでもいいのだが、その前にパソコンを開いて起動ボタンを押す。パソコンが起動するまでの待ち時間で珈琲を飲む。こうすれば、パソコンが起動完了するのが珈琲を一口飲む時間だけ早くなる。

並行できるものはできるだけ並行するというだけの話だが、案外この種の無駄は多いような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「長文ですみません」の「長文」とは

Yahoo!知恵袋のような掲示板でよく見かける「長文ですみません」という表現だが、長文というのは一体どの程度から言うのだろうか。

私の感覚だと、長文というのは20行とか25行を超えるものというのがあって、これはパソコン通信というサービスが昔あって、その頃にパソコンの1画面に入る行数がその程度だったから、それを超えるのは長い、という特異な感覚が目覚めたのが原因のような気もするのだが。

ところが、知恵袋の投稿を見ていると、5行程度でも「長文すみません」のような言葉を添えてくる人がいる。

たった5行のどこが長文なのか理解できなかったのだが、先日テレビでLINEの画面を見ていてふと思った。LINEが生活の一部になっているような人は、もしかすると文というのは1~2行にするのが当たり前で、それを超えた時点で既に長文という感覚なのだろうか。

モバゲーの場合、プレイヤーにコメントを送るときに30文字以内という制限があるゲームがある。これは極端だと思うが、例えば twitter は140文字だ。このあたりが「長文」にならない限界だとしたら、5行で長文というのも何となく分かるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

call a spade a spade

「ありのままに言う」(英辞郎)という意味なのだが、本の中に「スペードをスペードと言う」という日本語の表現で出てきたから意味が分からない。

日本の場合、あまりあからさまに言うよりも、遠まわしに言うことが望ましいと考える傾向があるのだろう。自分もネットでは「アレ」とか「ソレ」のような表現を多用する。「あれ」ではなく「アレ」と書くところが微妙なレトリックで、故意に教養の無い感じ、俗な感じにしようとしているのだが、伝わっているのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

CD: その先の景色を

Yahoo!ブログで毎日1曲紹介している「いつか聴いた曲」が、まだ毎日続いているのである。カウントが間違ってなかったら今日で1660投稿になる。1日に複数紹介したことがあるので、日数にすると僅かに少なくなるはず。

10月6日に紹介した、Salley さんの「その先の景色を」。 久々に買った新品のCD。 新品というのは、実は TSUTAYA で中古のCDをたまに買ったりしているから。 それを含めても随分久しぶりかもしれないが。

その先の景色を(通常版)

その先の景色を(初回限定版)

「いつか聴いた曲」には何か萌えそうなという驚愕のコメントを書いているのだが、そんな感想書く人は他には誰もいないだろう。先の大震災の後、いろんな「頑張れソング」が流行したが、この歌は一歩先に踏み出しているような気もする。何十年か前に流行った、青年は荒野を目指す系のフォークと同じような根っこがあるのかもしれない。

というのはおいといて、この歌、歌詞の途中に「古いノート」という言葉が出てくるのだが、最初にの頃、ここが「風鈴の音」にしか聞こえなくて意味が全然分からなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンソレータムなどの丸い缶の最後に残ったのを

薄い缶のタイプ。指ですくって使っていると、最後に指ではどうしようもないところに僅かに残ったているのを必死で取ろうとすることになる。何かうまい方法はないのだろうか?

爪楊枝のようなものを使えばいいのではないかと思いついているのだが、実践したことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

niftyのメールに長時間のトラブルがあった

プライベートで割と重要なメールを全部 nifty で受けていたので、月末の昼から使えないというのは結構ヤバい感じだったが、メールが使えないなら使えないで別に大したことがないと分かったような気がする。

公式サイトによると、9月30日午後1時38分から翌日10月1日午前4時47分までトラブルが発生していたことになっている。ただ、実際に使ってみると、その後も不安定な状態が続いていた。16時頃に、メールソフトが受信できなかったので、Webメールから確認してみたときの画像。

2013100101

但し、これはしばらくしてメールを取り込み直すことで正常に処理することができている。トラブルの後なので負荷がいつもより高くなったための現象かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »