« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

この石段を8段ずつ上ると何段残るか

Yahoo!知恵袋に出ていた問題。「次の問題の回答をよろしくお願いします。 - Yahoo!知恵袋

このように内容を具体的に示さないタイトルは最悪だということを誰も指摘してくれないのかな。 私はUIかWebデザイン系の話で見た記憶があるのだが。

問題は、「ある石段を3段ずつ上ると2段残り、4段ずつ上ると3段残り、5段ずつ上ると4段残り、7段ずつ上ると丁度であった。この石段を8段ずつ上ると何段残るか。ただしこの石段は150段以下とする。

段数が分かれば8段ずつ上がったときの残りは割り算をするだけだから、まず段数を求めるとよい。

ただし、元の問題は5つの選択肢から選ぶようになっている。4段ずつ上がって3段余るのだから、8段ずつ上がれば3段か7段余るしかない。だから、もしこの問題を解く時間が3秒しかなかったら、選択肢の中から7段と3段のどちらかを勘で選ぶべきだ。

話を戻す。 ベストアンサーの人は、7の倍数から絞り込んでいく力技。 これは私が好む方法だ。 私もこの解き方がいいと思う。

ベストアンサーでない人は、途中の説明が意味不明だが、段数を5で割ると4余るから1の位が4か9、段数を4で割ると3余るから1の位は9しかあり得ない。 そこで、まず1の桁が9で、4で割って3余る数を候補として、そこから絞り込むという解き方。

*

この問題は次のようにすれば少し楽に解ける。 石段がもう1段多い場合を考えると、3、4、5段ずつ、どれで上っても丁度になる。 3、4、5の最小公倍数は60なので、150段以下なら、1段多くしたときの候補は60段か120段しかない。 1を引くと59段か119段。 この2つの数のうち7で割り切れるのは119だけだから、段数は119と分かる。

*

例えばアプリ画面のメニュー等で、何かの個数を選ぶ場面を考える。 選択肢は1から5まである。 選びたいのは5だとする。 ただし、デフォルトで1が選択されていて、「↓」キーを押せば選択肢は下に移動する。 だから、4回「↓」を押せば目的の5が選択されて、あとはEnterなどを押せば実行完了。 よくある操作だ。

このようなセレクタでよくあるのが、実は「↑」を1回押せば選択肢が一番下に移動して5が選択された状態になる、という設計。 最初と最後がつながっているのだ。 だから1回の操作で目的の状態にすることができるのだが、 しかし、そこまで知っていても、つい「↓」を4回押してしまうものである。

「5段ずつだと4段余る」といわれたときに「5段ずつだと1段足りない」と同じことだと瞬間的に判断するのは難しいし、判断してもそれを行動に移すのはさらに難しいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突出の反対語は何だろう?

「少なさが突出している」という表現を見た。ここに「突出」という言葉を使ったセンスがいいと思ったのだが、そういえば突出の反対語は何なのだろう? 「出」の反対は「入」だが、「突入」だと全く関係ない意味になってしまう。一応ネットで調べてみたが、見つからなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車の防犯登録の控が見つからない

東京では自転車を買うと防犯登録というのをしなければならない。登録しておくとIDが割り当てられて、それを使って自転車が検索できるようになっているらしい。たまに警官が怪しい自転車を止めて無線で確認していることがあるが、盗難自転車かどうかを確認しているのだろう。

廃車にしたい自転車があって、防犯登録を抹消したいのだが、それには登録時の控が必要らしい。というわけで探したのだが出てこない。買ったのがもう10年ほど前になるので、思い当たる場所どころではないし、困ったものだ。

もっとも、なぜか登録データは10年で消去するらしいので、もう少し放置しておけばいいのかもしれないが。番号は自転車を見ればわかるのだから、何とかならないものなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘を買い換えた

折りたたみの傘はいつも持ち歩く習慣なのだが、年中持ち歩いているのでそのうち壊れてしまう…かとおもいきや、なかなか壊れない。それがついに傘の骨の先端のわっかになった糸を通す部分が割れるという普通に有り得ないような壊れ方をした。疲労破壊だろうか?

ということで、新しい折りたたみ傘を買った。今度はスチールではなくカーボンの骨の軽いものにした。鞄に入っている別の物が重すぎるので焼け石に水なのだが、それでも気分的にかなり軽い。

その傘を買ったら途端に晴れの日が続いて出番がなかったのだが、やっと雨が降ってくれたので使うことができた。ただ今日の雨は霧のようなものだったから、傘をさした効果があったのかどうか微妙である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は高速バスで移動の予定

昨年だっけ、ひどい事故もあったけど、やはりバスの低料金というのは魅力だ。不安材料としては事故よりも時間通りに着くのかということなのだが、今回は時間に多少の余裕があるので、バスに乗ることにした。

いつもよりも少し早めに家を出て、昼頃には目的地に着く予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い置きの水が切れたのでガレージから持ってきた

例の原発事故から後、なるべく水道水を飲まないようにしているのだが、流石に最近は水道水の放射線量なんてニュースにもならないし、大丈夫なのかな。

それはそうとして、夜に水を飲みたくなったけど、買い置きの「ほにゃららの天然水」が切れていた。いつも2リットルのペットボトル6個入りの箱で買っているのだが、うっかりしたようだ。ただし、ガレージに予備があるのは分っている。問題はシャッターを開けるのにすごい音がすることだ。時刻はほぼ0時。

まあいいや、てな感じでささっとシャッター開けてガレージから水を運んできたのだが…皆さん熟睡していたみたいで。こういう時はガレージのシャッターを開ける夢でも見てしまうのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腕時計が止まったので修理に出そうと思ったのだが

急に止まってしまったので困ったものだ。ちょうど新宿に用事があったので、それを修理に出すために持って行くことにしたのだが、電車に乗るときに念の為に時刻あわせしておいたら、新宿に着いたときに正しい時刻を示している。

その後、数時間経ってもちゃんと動いている。これでは修理に出しても何を直されるのかよく分からないので、とりあえず様子を見ようということになった。

これだけならよくある話のようだが、実はもう一つ別の腕時計があって、つい最近同じような現象が発生しているのである。

もしもう一度同じような現象が他の時計で発生したら、ただ事ではないような気がする。何かの予兆かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Isn't she lovely?

この英語、参考書の訳が「彼女は可愛いよね?」だけど「彼女は可愛くないよね?」でも合っているかという質問があった。

高校英語 Isn't she lovely.参考書の訳では 「彼女は可愛いよね?」とかいてあっ... - Yahoo!知恵袋

中学校の英語では、否定文の、

A isn't B.

を疑問文にしたら、

Isn't A B?

になると習うのかな。もしかしたら高校レベルかもしれないが、いずれにしても、それなら「彼女は可愛くない」という英文、

She isn't lovely.

これを疑問文にした Isn't she lovely? が「彼女は可愛くないよね?」になるという発想も不自然ではない。

しかし、ベストアンサーは「同意を求めている」という理由で、「可愛いよね?」という解釈が正しいとしている。 ネイティブの人達のページを確認しても、やはりこの質問は肯定の回答を期待しているので「可愛いよね?」が正しいという意見が多かった。 よほど特別な言い方をすれば逆の場合もあるけど、それは言う人の態度などで判断するしかないらしい。

英語だけではなく日本語にも否定の疑問文はある。 もちろんその他の言語にも。 そしてどこに行っても否定の疑問文というのはややこしい。

中学校でこういうのも習っただろう。机にペンが置いてあるときに、

Is this a pen? Yes, it is.

「これはペンですか?」「はい」という意味になる。 もし質問している人がペンでないと思っていたらどうなるか?

Isn't this a pen? Yes, it is.

「これはペンではないのですか?」「いいえ(ペンです)」

という意味になると習ったような気がする。 今は(昔も)中学校で否定の疑問文は教えてないのかもしれない。

しかし、この疑問文が肯定した回答を想定しているのなら、日本語だって

「これペンじゃないの?」「そうだよ」

という会話の方が自然だろう。 実際の会話で「これはペンではないのですか?」なんて言い回しを聞くことがあまりないと思うのだが、あるとしたら怒っている感じ? あるいは驚いている? 例えば文房具店に行ってペンが欲しいといったら売り切れだといわれた。 しかし棚を見るとどうみてもペンのような商品が置いてある。 そこで「これはペンではないのですか?」とお客が言うことはあるかもしれない。 その時、店員はどう答えるのだろう?

「はい、ペンでございます。」

こうだろう。 「いいえ、ペンです」だと話がかみ合わない。 この疑問文は日本語でも確認や同意を求めるものであって、否定されることが前提になっているわけではないのだ。

いろいろ探していたら、 「第106号 否定疑問文」というページを見つけた。ここでは、

Don't you like cats? 「あなたは猫が好きではないのですか?」

に対する返答が、

Yes, I do. 「いいえ、好きですよ」

となっているのだが、これも「猫は好きじゃないの?」「はい、好きですよ」の方が会話として自然であるような気がする。 もし「あなたは猫が嫌いなのですか?」と言われたら、その時は「いいえ、好きですよ」のように「いいえ」が出てくるのが自然だと思う。

知恵袋のベストアンサーの回答者が2番目に書いた訳は秀逸だ。 私ならこの文は「彼女って可愛くない?」と訳したい。 ただ、そこまで「ない」という否定語にこだわる必要があるかというと、それほどでもないと思うのだが。

では可愛くないという回答を期待した「彼女は可愛くないですね?」という質問はどういう英語にすればいいのだろうか?

She isn't lovely, is she?

確かにそれは確実な表現だと思う。 Is she lovely? だとどうなんだろうか、これなら相手がどう答えるか想定していないような気がするが、もちろん「可愛くないですね?」に対する英文にはならない。

まあでも言い方とか状況によって意味が変わるというのも事実だと思うので注意が必要だろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

朝から仕事が入ったので

今月から契約が切れているのだが、なぜかヘルプが入ったので状況だけ調べてみた。はっきりいってどうしようもない、ていうか、無料でできる仕事ではないというのが分っただけ。

最近、地下鉄乗車中も携帯が使えるようになって、行動範囲のどこでも携帯がつながるようになってしまったので、どこでも電話を受けるハメに。でも乗車中はマナー的に会話できないんだよね。根拠のないマナーだけど、使い方によっては案外便利かもしれない。乗車中なのでといって中断できるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都営地下鉄の広告スペースが空いているのを見て

最近、都営地下鉄に乗ると、車内広告のスペースに何も掲載されていないのが目に付く。都政の現状は歳入が支出を上回っているようだが、広告営業の努力が足りないのではないか?

民間企業ならあり得ないような話だ…といいたい所だが、東京のビルなどに設置されている看板にも「広告募集中」と書いてあるものが目立つ。ということは、努力云々の前に、広告・宣伝費を抑えるような状況にあるのだろう。インターネットに販売・広告がシフトしているという現状はあると思うが、だったら広告スペースの単価を下げるといった安易な方法を使ってでも無駄を省いた方が得策のような気もする。

どうもそこいらの微妙なさじ加減はよく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は変な天気だった

今日、東京に戻ってきたのだが、いきなり雷雨。しかもお日様が出ているという、不吉というか何かの前兆のような天気だった。幸い雷も落ちず、移動中は雨にも降られなかったのだが。5月初旬からこれでは今年の夏が思いやられる。

夜はガストでトマトソースのスパゲティを食べることに成功した。何が成功かというと、前回はトマトソースを注文したのにミートソースが出てきてしまったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バブとたまごスープを間違える人がいるらしいが

そんなに似ているだろうかとも思うが、それらを間違って使ってしまうようなところに置いてあるというのが驚きである。とはいっても独り暮らししていた頃を思えば、そういうのもあり得たような気がしないでもない。

逆に、たまごスープを飲もうとしてバブを入れてしまったという人はいないのだろうか? もしそういうケースもあるのなら、バブにも乾燥剤みたいに「食べられません」と書いておいた方がいいかもしれない。実際に食べる気にはならないと思うけど。食べたらどうなるのかも分らないし。

たまごスープに「お風呂に入れないでください」という注意書きをするのも馬鹿馬鹿しいし…。どちらにも使えるというのが落としどころかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メール便を受け取り損ねた

今日の午前中に届くかと思ったら間に合わなかったので、メール便を受け取り損ねてしまった。次にポストを見るのは数日後なので、それまでポストの中に例のモノが置いたままになってしまう、危険である。

例のモノって何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もキップを落としてしまった

昨日、よく落し物をすると書いたばかりなのに、また落とした。ただ、今日は落としたところですぐに気付いたので、戻って想像したところに落ちているキップを拾うことができた。少しは進歩しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近よく落し物をする

今日落としたのは傘。どういう状況で傘を落とすのかと思うかもしれないが、いろいろあるのである。幸い、この傘が落ちるのを見ていた人が拾って渡してくれたので助かった。今日は一時的に強い雨が降っていたので危ないところだった。

正月に落とした PASMO は結局出てこないし、昨日だってキップを落として駅から出られなくなってしまったのだが、どうも不調である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »