« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

今月はやけに忙しかったような気がする

何が忙しいのかよく分からないのだが、アッという間に4月が終わってしまったような気がした。とりあえず、ブログを書けない日が結構あったのは反省材料なので、来月はできるだけ毎日書くようにしてみようと思っている。とはいっても、こっちじゃなくて、あっちのブログの話なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささみさん@がんばらない 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

Yahoo!ブログで書いている「いつか聴いた曲」、まだ毎日続いている。ずっと Google で「いつか聴いた」で検索したらトップに出ていたけど、最近上位を Amazon に奪われた。まあ Amazon と無名ブログじゃ勝負にならないというか、なぜ今までトップに出ていたかということが不思議かも。

昨日紹介したのは浸透圧シンフォニー。アニメ「ささみさん@がんばらない」のエンディング曲で、まだシングルリリースされてない? Blu-ray の限定版の特典CDに入っているらしい。

歌詞に浸透圧というのが出てくるんだけど、浸透圧を感じたいって何? 手と手を合わせたら、相手の方が塩分濃度が高くて体液がこちらにしみこんでくる感じ? エロいな(笑)。アニメはかなりセーブしていたけど、原作はかなりスゴ…ていうか、そもそも神様が出てくるというところでエロいのは当たり前というか、日本の神話なんかいきなり子作りから始まるわけだし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

dialect

昨日のクイズ番組「Qさま!!」の英語の問題で dialect という単語が出てきて「■言」の■の所を埋めろというのだが、クリアできないシーンがあった。北大の入試に出てきた単語か何かだったと思う。正解率は2%?

この単語、入試の時に出てきたら分らなかったかもしれない。覚えたのはここ数年のことで、プログラム開発に使う Hibernate というライブラリのマニュアルに出てきたからである。特定の環境でのみ使えるような命令をそのように呼ぶのだが、そういえば本来の意味で使われているのを見た記憶がないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンクロニシティ

9日にThe Police の Synchronicity を紹介したのだが、そこで意味不明とかますます分らないとか書いたので調べてみた。もちろんシンクロニシティという言葉はある程度は知っている。

分らなかったのが Spiritus mundi。ラテン語らしい。世界の精神。調べていくと Collective unconscious にたどり着く。これはユングの提唱した概念で日本語にすれば集合的無意識という表現になるのだが、多分それだけでは誤解しそうな気がする。もともとシンクロニシティもユングが発祥のはずなんだけど、そのあたりの本は読んでないから本質的なところを誤解しているのはこちらかもしれないが。

シンクロニシティは「共時性」と覚えていたのだがそれは合っているようだ。偶然の一致にしてはあまりにも有り得ないことが起こり、確率的に説明できない。厳密にいえば確率が0でなければ発生する可能性はあるのだから確率的に説明できるのだが、優位水準なんて考え方だと有り得ないほど希なことが実際に起こるのは何故か。

可能性としては、複数の人が何かトリガーとなる共通の体験をして、そこから派生した行動が同時多発的に起こる。テレビ番組を見て紹介されていたラーメンを食べに行く。これは分りやすい。しかし、テレビ番組から直接出てこないようなトリガーだと、それがテレビ番組に誘発されたこと自体が想像できない。そういうことは有り得ると思われるが、こういうのは実証し辛い話だ。

Synchronicity の曲紹介の時に「とある魔術の禁書目録」を話題にしているのだが、これもアニメのストーリーから考えると背景知識に共通点があるから、偶然ではなくおそらく同様の感覚を持った人が他にもいると思う。歌詞には missing link という言葉も出てくるが、これもアニメが好むネタだし。

但しそのような合理的説明が出来た時点で、それはシンクロニシティではなく普通の行動になってしまう。つまりシンクロニシティというのは、そのような説明が出来ない同時行動に対して、簡単に説明ができないが偶然ではないという解釈をしたものである。

そのトリガーがテレビやアニメではなく、人間に普遍的に組み込まれた宇宙の意志みたいなのがあって、そこから偶然の行動が発生したと解釈してみる。この場合の宇宙の意志に相当するのが Spiritus mundi。言い換えれば人間が意識していないところで神にコントロールされているようなもの。集合的無意識のを生み出す原因となるもの。こんな解釈でいいのかな? 心理学者が見たら論外と評するかもしれないが、あくまでプログラマー的解釈である。プログラマーは神が人間をプログラムしたという発想が好きなのだ。

Phinloda のいつか聴いた曲 (Synchronicity)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は4月8日なので

プログラマーズフォーラムの設立から四半世紀が経過したことになる。25年前というと日本ではPC-9801シリーズという、今では想像できないようなスペックのマシンが広く使われていた時代だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯のバッテリーの持ちが悪くなったような気がするのだが

最近、地下鉄の車内で使えるようになったので、単に使う時間が長くなっただけなのかもしれない。

もしかしたら、毎日数十通来ている迷惑メールのせいかも。7500万円あげますみたいなのから、架空請求まで、いろいろやって来るのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココスを削除しました

昨日見えていたように見えた【謎】のは、javascript がキャッシュに残っていたのが原因らしい。リロードしたら何も見えなくなったので、管理ページのマイリストから項目を削除した。

…つもりだったが、見ると「ココス」という項目が。違う項目を削除してしまったらしい! でも何を削除したのか分らない…。(^^;

見ても分らないから、まあいいや。何か分る人います?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログパーツ「ココロ」が3月末で終了したのだが

うっかり削除するのを忘れていた。しかし、昨日からちょっと風邪っぽかったので、目の錯覚かと思ったが、なぜかまだ表示されているような気がするなぁ…。まさか料金発生したりしないだろうな、とか思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »