« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

タリーズで書いてます

タリーズはdocomo の Wi-Fi が使えるというのもあるが、机の脚を調節すればガタのない状態に出来ることがわかったので、割とよく来るようになった。ガタがないというのは、ちょっと力を入れてもパソコンが揺れないということなのだ。

具体的にどうするかというと、足の所がネジになっているので、少し回してやるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.9999… = 1 ではない理由

元ネタは「0.999…=1というんなら、テストで答えが1のところを0.999…と書いても正解ですか? ... - Yahoo!知恵袋」。この質問に、1=0.9999…というのが間違っているという回答を書いたので、それについて考えてみる。

質問を要約すると、1を0.9999…と書いてもいいか、という話。

ベストアンサーは、0.9999…と1を表現方法は異なるが等しいことを、次のようにして証明している。

0.9999… = x

の両辺を10倍すると、

9.9999… = 10x

両辺を引けば、

9 = 9x

∴ x = 1

この証明は、私も子供の頃に何かの本で見た。こうやって証明するのかと納得したものだ。実際、他の人に聞かれたらこの方法で説明するか、もう一つは単純に引き算して、

1 - 0.9999… = 0.0000… = 0

だから同じでしょ、という説明。これも同じ本に書いてあったような気がする。

ただし、これを証明するときに、「…」のところには無限に「9」という数字が続くという前提が書いてあったと思う。今回は、その前提がどこにもない。0.9999… というのが、

0.99998765… かもしれないし、

0.99990909… かもしれない。

この証明が成立するためには、「0.9999…」の「…」の部分が全て9でかつ無限に続かなければならない。そのような前提が勝手に使われているのは証明としておかしいと思うのだが、はて?

では、「…」は数学ではどのように定義して使っているのだろうか?

例えば円周率を 3.141592… と表現することがよくある。このときの「…」は、「…」に円周率を十進表記したときに来るべき数字が続くと解釈すべきである。だから、少なくとも「…」は単純に「同じ数字が続く」という意味ではないだろう。

ベストアンサーには、この表現を「無限級数の形の表現方法」と説明している。確かに、無限級数の場合、

n0 + n1 + n2 + …

のような書き方をする。では、この場合の「…」の意味は? 数学的にどういう定義なのだっけ? ある規則で続く、みたいな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見

東京はいきなり桜が開花して大騒ぎなのだが、折角なので大きな公園に花見に行った。 実際に行ったのは昨日(23日)だが、データをデジカメから取り出すのに難儀したのである。

去年はたくさん屋台が出ていたのだが、今年は一軒も出ていない。 来週あたり出すつもりで準備していたのではないかと想像する。

今まで使っていたデジカメがかなり調子が悪くなったので、 今回からデジカメが変わった。 とはいっても予算がないのでワゴンセールで安売りになっていた型落ちのモデル。 SONY の DSC-W630。 本体のみで6千円程度だったと思う。 画像はオリジナルを縦横ともに1/4に圧縮したもの。

2013032301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows がクラッシュして書きかけのテキストが全滅した

保存しないで放置するくせがどうしても抜けないのだが、これではどうもいかんということで、今更だがちゃんと保存するという習慣に切り替えられるかどうかやってみることにした。

もしこの習慣が変わったら、20年以上続けていた習慣を唐突に変えたことになる。普通は長年続けた習慣はそう簡単に変わらないものだが…

私の経験で今まで切り替えに成功したというのは、箸の持ち方。他にはすぐに思いつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどん屋の注文でやられた件

数日前の話。ぶっかけ系のうどん屋に入って、「かけ」を注文した。かけの並ですね。そうです。ところが、この人が作る人になぜか「かけ大」と言うのである。大とは面妖な、と思ったが、出てきたのはかけうどんの大盛りである。

実は注文するときに、並か大盛りか迷っていたので、これは天の声だろうと思ってそのまま支払いを済ませたのだが、どういう仕組みで並が大盛りになったのか、思考過程がよく分からない。あまり経験したことのないヒューマンエラーだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の強風

東京は、春一番とかそういうレベルじゃなくて嵐のような風で、具体的にいえば、自転車をこがなくても走る程度の風が吹いていた。いる。どっちだ。

今日は腰を痛めてしまったのでオフィスに行かずに自宅で作業していて、昼食に外に出たのだが、追い風はいいのだが向かい風だと進めないので参った。しかも砂埃がすごいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の花粉はひどかったですな

目がかゆいだけでなく、喉もかゆい。マスクしているのだが、ヤバい。マスクしていると言っても、食事の時などはマスクを外しているから、油断しまくりの状態である。

とはいってもまだグジュグジュの状態ではないので、マスクの防御力が効果を発揮しているのだろう。マスクを使う前に、クリスタルヴェールのマスク防菌24というスプレーを使っている。これが結構効いているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉飛んでますか?

ある程度飛んでいるのは間違いないと思うのだが、マスクを着用しているのと、薬を使っているので、今のところそれほどひどい症状は出ていない。多少目がかゆかったりする程度である。

耳の穴に栓をするタイプの密閉型ヘッドホンがあるが、これが案外効果があるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニイタカヤマノボレ

真珠湾攻撃の時に使われた暗号文である。この「ニイタカヤマ」の意味が分らなかった。ふと思いついて調べてみると、新高山と書く、つまり山の名称らしい。二尉に高山に登れと言っているのか等、面白い想像もしてみたが…

一番腑に落ちないのは、「ニイタカヤマノボレ」という言葉がなぜ今、頭の中に思い浮かんだかという、そのトリガーである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざる蕎麦のつゆ入れにつゆが入っていなかった

注文したざるそばのつゆを入れる瓶(?)が最初から空っぽだった。こういうことは生まれて初めての経験だ。どういう手順でそうなったのか興味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバチタレではなくて「特上カバチ!!」でした

作品名を間違いました。すみません。「カバチタレ!!2」というサブタイトルが付いていることからもわかる通り、カバチタレの続編で登場人物もそのまま継承しているので、うっかりしました。

吉祥寺の強盗殺人事件も、近くの監視カメラが逃走中の犯人の姿を撮影していたようですが、この種の録画機器、どの程度の解像度があるのでしょうね?

あと、気になるのは時刻の精度。事故の瞬間の時刻が正確に分ったとして、その時に信号がどうなっていたかというデータはあるのでしょうか。

信号機は全てコンピュータで管理されているはずですが、何日の何時何分何秒に信号がどうなっていた、という所まで記録に残っていて、監視カメラの録画の時刻とマッチングできれば、事故があったときにどちらが信号を無視したか検証できそうです。

(※ コミックではカメラが交差点の反対側を撮影しているため、衝突の瞬間の音だけ録画(?)されているという設定になっている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »