« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

1月が終わってしまうようだ

ていうか実際あと数分だけど。何かまだ10日あたりの気分だから不思議。

玄関に陶器の銭亀が置いてあって、毎日磨いてやるとご利益があるというので磨いていたのだが、うっかり落としてしまって、尻尾が砕けてしまった。不吉な感じもしたのだが、何か災いを身代わりに受けてくれたのだとポジティブに解釈している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はちょっと頭が痛い

疲れが出たような感じだ。風邪薬も頭痛薬も飲んでないので、何か飲めば解消するのかもしれないが、いつもに比べて大した痛みでもない。

今年のインフルエンザはかかっても軽くて済むらしい。まさかとは思うが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自殺問題が話題になっている某高校の入試中止について

入試を受けたいという受験生のメッセージが報道されていたので、それに対して、「今日の戯言」という時事系の話を集めたブログに返事を書いた(学校を変えないとあなたも死んでしまうかもしれません:今日の戯言:So-netブログ)。私が書いても仕方ないというか、受験生には届くわけがないのだが、ネタ的にはタイムリーというか、こんなものかなという所を。

一言でまとめると、状況を変えたいのなら合理的な具体案を示せ、という話だ。

そちらには書かなかったのだが、この件はもう一つ懸念すべきことがあると思う。

先の大津のいじめ自殺が話題になったときには、「いじめと自殺との間に因果関係があるとはいえない」という言葉が何度も語られた。パッと見て関係がないわけないと誰でも思うが、いざ証明しようとすると非常に難しい。

今回の高校生の自殺に関しては、なぜかそこを疑問視する人は見当たらない。 自殺の原因は体罰だということで確定している。 確かに、遺書もあるのだから当然だろうという解釈は妥当かもしれない。

しかし、もしそれが橋下市長の言うように、今までの伝統、体質から変えていかなければ解決しないような問題があって、それによって引き起こされたのだとしたら、腑に落ちないことがある。 そのような問題があるのなら、今まで何十人も自殺者が出ていないとおかしいのではないか?

何十発も殴られて口が切れていた。明らかに犯罪だと市長は言う。 それは同感だ。 しかし、それは死ぬほどのことなのか? あくまで私見ではあるが、どうしてもそこに違和感が残る。 体罰がその一因になったのだとしても、体罰以外に、自殺に踏み切らせるような何か別の要因があったのではないか?

そこを見間違えていると、体罰は駆逐しました、でもまた自殺者が出てしまいました、という笑えないオチになってしまうかもしれない。 それが怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなか電車で座れない

一昨日は、すぐ前に座っていた人が降りたのに、降りる人が立った時に少し位置をずらした隙に、通路の逆側に立っていた人が速攻で座ってしまった。椅子取りゲームですかっ?

今日はやはり、すぐ前の人が降りたので、今度は万全の体制。最小限の動きで通路を空け、座ろうとしたら、隣に座っていた人がなぜか目の前にシフト! 隣に立っていた人が目の前が空席になったので座ってしまった。シフトした人は寝たふりをしている。私は何か恨まれるようなことでもしたのだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月22日の平成教育委員会2012秋 芸能界最強テスト王決定戦SPの扇風機の問題

かなり昔の話になってしまうが、これも面白いので書いておく。 問題はうろ覚えで恐縮だが、こんな感じ。

帆のついた車に扇風機をつけて、帆に風を当てると、車はどうなるか。

これは過去の中学入試問題で、有名なものだったと思う。 ただし、私の記憶にあるのは、「帆のついた車」ではなく、ヨットだった。 つまり、水に浮かべた船である。 ヨットに扇風機を載せて帆に風を当てると、船はどうなるか。

2012092201

相変わらず絵は下手というか上手く書く気が皆無なので気にしないでくれたら感謝。 ググれば解答例がたくさんあると思う。 説得力があると思ったのは、帆に当った風がどう流れるか分らないが、完全にはねかえるのではなく、横に流れると思われるという考察。

しかし、番組ではなぜか車に帆を付けていた。 帆船というのは普通にあるけど、帆車はあまり見たことないだろうし、車にしたのは実験を簡単にするためだろうか、後でもう一度考えるとして、番組に出てきた図は、次のような感じだった。

2012092202

番組での解答もうろ覚えですみません。 こういう趣旨だったと思う。

扇風機によって、風ができ、帆に当る。 帆に当ったことで車は左に進もうとするが、同時に、扇風機が風を起こすときの反作用で、車は右に進もうとする。 二つがつりあうので、車は動かない。

ということで、正解は「動かない」だった。

ここからが本題である。 先ほどの図、何か根本的におかしいことに気付きませんか?

扇風機の風となった空気は一体どこから来たのだろうか。 実際に扇風機を回してみれば、空気の流れは扇風機の右から来ていることが分るはずだ。 ならば、次のように書くべきだろう。

2012092203

扇風機の右にある空気は、扇風機の左に移動している。 その後、この空気はどこに行ったのか? 帆に当ってそのままの速度で180度向きをかえて戻ってくる? それは有り得ない。 これも実験すればすぐに分ることで、 扇風機と帆の間に手を入れるだけで、そこに左方向の風が吹いていることは検証できる。

実際は、空気は帆から溢れて横に移動すると考えてよいだろう。 つまり最初に紹介した「横に流れる」ということだ。 どんどん右から新しい空気を送り込むのだから、溢れるというのは直感的も分ると思う。 ならば、このとき車はどうなる?

私の想像としては、もし車の摩擦が無視できれば、右方向に動くのではないかと思うのである。

もちろん、帆がなければどうなるかは言うまでもない。 図にすればこうだ。

2012092204

これはプロペラ機が前に進むのと同じ原理だ。 プロペラが空気を左に送り出す反作用で、車は右方向に進む。 実は、番組でまさにこの実験が放送されている。 ビートたけしさんが、この車の帆を外した状態で扇風機を回してしまったのである。 その時、図の右方向に、車はかなりの猛スピードで移動したのだ。

帆を付けると、この風の流れは一部妨害されるが、全てを無効にすることはできない。 だから、車には右方向に弱い力が加わるだろう。 2chの実況板には「空気を吸い込む力」という表現があったが、これが分りやすいかもしれない。 しかし何となく2chの皆さんは「動かない」で納得しているような感じもしたけど…

そこで話を戻す。 この問題は、もともとヨットに扇風機を乗せるものだと最初に書いた。 では、番組ではなぜヨットではなく車を使ったのだろう?

あくまで勝手な想像だが、ヨットで実験したら右に動いてしまったのではないだろうか?

水の上に浮かべた船だと、水と船の摩擦は非常に小さい。 調整も難しい。 台車にすれば、摩擦は自由に調整できる。 少し位の力では動かないようにしておけば、右方向へ力が働いても車は動かない。

なお、次のように扇風機と帆を箱の中に閉じ込めてしまうと、状況は変わる。

2012092205

こうすれば、外からの空気の流れは発生しないからだ。 空気は帆に当って横に溢れるかもしれないが、最終的には箱の中で空気は循環する。 この時、前回の記事(12日の平成教育委員会2013!!ニッポンの頭脳決定戦SPのヘリコプターの問題)に書いたような重心の変化は、空気がとても軽いので無視してよいだろう。 結局、これなら台車にせよヨットにせよ、動かないのではないか。 誰か実験してくれないかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

12日の平成教育委員会2013!!ニッポンの頭脳決定戦SPのヘリコプターの問題

確か、こんな感じの問題だった。

秤の上に密閉された箱が乗せてある。箱の中にはヘリコプターがあり、底に停止している。 このヘリコプターを箱の中で浮上させると、秤の目盛りはどうなるか?

番組で正解発表の後、確認の実験をしたのだが、痛恨のミス。 そこだけ見逃してしまったのだ。 秤は一体どうなったのか?

解答を紹介する前に、いくつか類題を考えてみよう。

類題1

あなたは池に浮かべたボートの後方に一人で乗っている。 ボートの中で後方から前方に移動したら、ボートはどうなるか?

2013011201

絵も描いてみた。すげー下手だけどごめん。

ひっくり返って沈むというのはナシで。 実際、立って移動すると危険だから、しゃがんだまま移動することになるだろうか。 それなら池で実験できるはずだ。

中の人が移動しても、ボートの外から力は加わっていない。 ボートの外にも力を加えていない。 だからボートは動かないのではないか?

こうなるのか?

2013011202

ここで重要なのは、ボートの重心である。 単純化するために、ボートの重さは無視する。 また、ボートと水との間に摩擦はないものとする。

ボートの重さを無視すれば、乗っている人の重心の位置が全体の重心である。 乗っている人が後ろから前に移動したら、ボート基準の座標系の中で重心は移動する。

しかし、このボートを外から見たときに重心は移動するのはおかしい。 重心を移動させるには力が必要だが、このボートとボートの外との間に力は一切かかっていないのである。 先ほど「ボートは動かない」と書いたが、正確に表現すれば、ボートの重心が動かない、となるべきだ。

ということは、ボートの中の人が移動したら、ボートの外から見ると、人は同じ場所にいて、ボートが移動したように見えるのではないか。

2013011203

類題2

重力の働いていない宇宙空間に密閉した箱があり、中に人がいる。 なお、箱の重量は無視できるものとする。

2013011204

最初、人は底(ってどっちだ?)に座っているが、ここからジャンプして天井に移動した。外から見たとき、箱はどうなるか?

どうやって底に座っていたんだ、というのはおいといて、箱の底を蹴って飛べば無重力なんだしそのまま天井まで行くだろう。 そこで静止する。 跳ね返ったりするかもしれませんけどね。

その時に、箱を外から見ていたらどうなるだろうか? 箱はそのままで、中の人が移動するだろうか?

2013011205

それとも、中の人の位置は変わらず、箱が足で蹴飛ばされて移動したように見えるのだろうか?

2013011206_2

類題3

固定されていないアドバルーンが空中に浮かんで重力とつりあっている。 上昇も下降もしない。 このアドバルーンに怪人二十面相がぶら下がって明智探偵から逃げようとしている。

…そんな絵を描く才能がないという事実に今頃気付いた。 まあいいか。

怪人二十面相は最初アドバルーンのロープの一番下にいる。 怪人二十面相が、この状態から、ロープを上っていったら、アドバルーンはどうなるか。

いやまて、表現が誘導的だな。 訂正する。

この状態から、ロープを手繰り寄せたら、アドバルーンはどうなるか?

ていうのもダメっぽいな… こうしよう。

この状態から、片手を上に伸ばしてロープをつかみ、もう一方の手をさらに上に伸ばしてロープをつかみ、という動作を繰り返す。 最後に風船の近くに怪人二十面相が移動したとき、アドバルーンはどうなっているか? ただし、アドバルーンの重さは無視してよいものとする。

これでいいだろ。 誰か絵を描いてくれないかなと密かに思ったりする。 怪盗、じゃなくて解答は省略。

類題4

秤の上に密閉された大きな箱があって、図のようにヘリコプターが静止している。

2013011207

この箱の中でヘリコプターが浮上し、右側に移動して着地したら、どうなるか。

2013011208

もういいだろう。 言いたいことはだいたい分ってもらえたと思うので、最初の問題に戻ろう。

秤の上に密閉された箱が乗せてある。箱の中にはヘリコプターがあり、底に停止している。 このヘリコプターを箱の中で浮上させると、秤の目盛りはどうなるか?

ヘリコプターが浮上すれば、この箱の重心は箱の上の方に移動するはずだが、放送では、箱の重心のことなど一言も出てこなかった。 正解は「変わらない」だったと思う。

私は、秤は一瞬重い値を示した後、すぐに元の値に戻るのではないかと予想した。 箱の重心が変わっているのに秤に何の力も加わらないという状況を物理的に説明できなかったからである。

もちろん、今まで書いたことが全部間違っているかもしれない。 正解だと保証するつもりはない。ときどきボケたことやりますからね、私は。

ちなみに、最初に痛恨のミスと書いたのは、一瞬秤の表示が変わったのかどうか、それを見逃したからだ。 私の予想が正しいとしても、秤はすぐに元と同じ重さを示すはずだから、値が変わるのは一瞬のことである。 もしかすると、箱に比べてヘリコプターの重さが無視できる位なら、秤の表示を変えるほどの変化がないかもしれない。 ラジコンヘリは非常に軽くできているのである。 穿った見方をすれば、目盛りを変えないような結果が欲しければ、とても重い箱を使って精度のあまりない秤で実験すればいいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験が終わったようだが

Yahoo!知恵袋を見ていると、例年になく失敗したという投稿が大量にあるような気がするのだが、そんなに難しい問題が出たのだろうか? それとも今年は受験生のレベルが下がったのだろうか??

いつもなら、まずまずだったという投稿者もいるのだが、それが見当たらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿 TSUTAYA が分りにくい

今日、借りたい CD があるので行こうとしたのだが、見事に見落としてその前を通り過ぎてしまった。道を1本間違えたのかなと思ってぐるっと回って、さっきその前で信号待ちをしたことを理解した。

何度も行っている所なのに間違うというのはどういうことなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はセンター試験

定規は使えない。試験時間中に、定規、コンパス、電卓等の補助具を使用すると不正行為となる。

ところが、知恵袋にでていた話で、鉛筆に1cmおきに薄く印を付けておけと予備校の講師に言われたという。定規として使うことができるわけだ。しかし定規ではなく鉛筆だからok?

10cmぴったりの長さに鉛筆を削っておくという技もあるらしい。

どうせなら、1cm、2cm、…みたいに1cm単位で長さの違う鉛筆を持っていくというのはどうだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日からちょっと風邪っぽかったので

今日は休んでいようかと思ったのだが一晩寝て風邪薬を飲んだらかなり良くなったので、オフィスに来ている。新宿にはまだ雪が積んであるところがちらほらあって、凍っている地面もあるが、殆ど差し支えない程度になった。

この記事はタリーズで書いている。タリーズはdocomo で無線LAN接続できるので、少しコーヒーは高めだが接続料金だと割り切って使うことがある。pcを使っている客の率も高いような気がする。

先程、隣にいた二人組が、どうも資格講座か何かの勧誘者と客のようで、途中まで契約書を書いていた。京プラでこの種の人達を見たことは何度もあるのだが、タリーズでは初めてだ。そういえば、昔通っていた英語教室が近くにあったのだが、今はもう潰れていたはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Java を使わないようにという記事が新聞に出ていたので

また何かセキュリティホールかなと思ったのだが、そういえば昔は Firefox に Java を使うかどうかを指定するオプションがあったような気がしたのだが、今はないのか。アドオンの指定のところで設定できるから、操作する場所が変わっただけなのかもしれないが。

とりあえず Java を無効にしておいた。Java がないと表示できないページは普段使っていないはずだし。

ちょっとだけ詳しい手順は「Fxrefox で Java を無効化する方法 | 裏表(Phinloda のもう裏だか表だか分からないページ)」に書いておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジで端数を渡すとき

例えば 91円の買い物をするときに、100円ではなく、101円出して、10円をおつりにもらう。この方が、お互いが扱うコインの数が減るので、すっきりしたやりとりになる。

レジ係もこちらもそれはよく理解しているから、100円玉を出したところで、もしかしてあと1円出すのではないかと少し待ってくれるのだが、この間が苦手というか、デッドロックになってしまって先に進めないことがある。「これでお願いします」とこちらが言ったらこちらの負け、「100円でよろしいですか?」と訊いてきたら相手の負け、とか勝手に決めてゲームにしてしまうのも面白い。

カードで支払うのは便利なのだが、こういう面白みが何もなくなってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクドナルドが混んでいた

昼にコーヒーだけ飲もうと思ってマクドナルドに入ったら、席が1つしか空いてなかった。それも荷物とコートで半分ふさがれていたので、敬遠され続けていたのかもしれないが、とりあえず1席空いていてよかった。

ちょうど昼休みの時間というのがマズかったのかもしれないが。ちなみに、マクドナルドは今60秒以内に出すというイベントをやっている。計測に砂時計を使っているのが面白い。本当に60秒なのかちょっと疑問だが、説得力はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なくて七草とか書いたら

本当に食べるの忘れた。まあいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なくて七草とか書いたら

本当に食べるの忘れた。まあいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は食べすぎ

昼にたくさん食べ過ぎたので、夜は軽くという食事になった。まあトータルでは辻褄は合っているのではないかと思うが。

七草粥って明日だっけ? なくて七草。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春初売り第二弾

というCMをテレビで見たのだが、それって初売りなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PASMO と TASPO を入れたパスケースが見当たらない

最後に使ってから数日経っているし、どこで見失ったのか全く記憶にない上に、行動範囲が無茶苦茶広いので難易度が高い。TASPO がないとタバコが買えない…って一度も使ったことないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビでやたらFFの宣伝をしているようだが

携帯かスマホのゲームのCMだと思う。多いときは立て続けに出てくるので、かなり力を入れているような感じなのだが、どうも興味が持てない。

携帯カードゲームに興味がない訳ではない。実際、神撃のバハムートという携帯ゲームがあって、毎日参戦している。また、FF(ファイナルファンタジー)に興味がない訳でもない。ただ、FFの面白さというのはプレイ中のストーリーでいろいろ自分なりに妄想できるところにあると思っているので、プレイしていないのに想像だけで語るのは恐縮だが、おそらくアレ系のバトルゲームなんだろうな、と想像してしまった時点でやる気が起こらないのだと思う。

CMで流れているBGMって、FFのバトルで負けた時の GAME OVER 曲でしたっけ? 何かそのあたりにもヒントがあるのかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。 このブログは2003年12月4日に始めたので、 今年一杯続けたら10年続いたことになります。 平均寿命3年とか言われているようですが、案外続くものですね。

最初にブログを始めたときは、トラックバックとはどういうものか分らないというレベルだったのですが、 今はトラックバックは理解できたがトラックバックを有効にしているブログが激減したという、予想外の展開になってしまったようです。 このブログはトラックバックを受け付けるように設定してありますが、 最近は殆どリクエストもありません。

新年といえば初詣。 初詣といえば神社ということになるのだが、 昨年末にCDを紹介した「神様はじめました」、アニメの放送は2012年末で終わってしまいました。 DVDとBlu-lay が発売されているので紹介しておきます「 神様はじめました 」。 内容は元祖ラブコメなんだけど、もののけの類が結構出てくるのでそちらに興味があればなお面白いかも、 といいつつ、最近のDVDは副音声の解説とか面白いので買おうかと思っていたのにまだ買っていません。

二年参りには、普段はどうみても土地神様がいる気配がない社に行ってきました。 年末年始だけは流石に帰ってきているかもしれないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »