« プロの見立てというのは凄いと思った件 | トップページ | 4LDK物語の運営会社は »

4LDK物語というモバゲーがあるのだが

携帯ゲームである。最近は電車の中でちら見していると、携帯を使っている殆どの人はゲームをしているわけで、ゲーム業界でもモバイルやスマホは携帯ゲームを侵食するとしてかなり警戒したり、むしろシフトしていたりするのだが、モバゲーというのは携帯ゲームでは大手だと思う。

4LDK物語というのはいわゆる恋愛シミュレーションものだが、今回は細かいことは説明しない。それに、途中でどうにも進めなくなったので、ずっと放置状態である。

携帯ゲームには、よく、他のプレイヤーとコンタクトするためのコマンドがある。4LDK物語には「あいさつ」という機能があって、このゲームをプレイしている他のプレイヤーに、毎日1度だけあいさつすることができる。あいさつといっても、画面に「○○さんからあいさつがありました」と表示されるだけで、会話できるわけではない。ただ、見ようとすれば、そのユーザーのプロフィールを参照できるようにリンクされている。

このゲームは放置状態だったのだが、なぜか毎日あいさつしてくる人がいた。そこで、こちらも毎日あいさつをするようになった。

前述したように「あいさつ」というボタンを押すだけなので、コミュニケーションも何もなさそうなものだが、意外と面白いのは、あいさつした時刻だ。あいさつは1日に1回しか実行できないので、その日の何時にあいさつするかということである。

あいさつは、だいたい毎日同じ時間になるから、どういう生活をしているか想像できるのだ。それがたまに夜に挨拶してきたりして、その日は何かあったのかとか考えてしまう。ちなみに私は深夜に帰宅するときに、電車の待ち時間にあいさつすることが多かった。午前0時~1時の間だ。

ここからが本題。この 4LDK物語というゲーム、1週間ほど前からアクセスしてもエラーになるようになった。運営側に問い合わせてみたが、返事がない。掲示板の噂では、予告も何もなしでサービス終了らしいのだ。

何があったのか分からないが、携帯ゲームはお金を使う人もいるので、中にはかなり怒っているユーザーもいる。携帯ゲームのビジネスモデルとしては、広告と有料アイテムである。お金を払えば、ゲームを簡単に進行させることができるようになっているのだ。

私はアイテムにお金を払うタイプではないので、そういう損害はないのだが、あいさつがいきなりできなくなったのが困った。困るほどのこともないのだが、一期一会というには釈然としない。相手の人も同じようなことを考えているのだろうか。

|

« プロの見立てというのは凄いと思った件 | トップページ | 4LDK物語の運営会社は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/52910350

この記事へのトラックバック一覧です: 4LDK物語というモバゲーがあるのだが:

« プロの見立てというのは凄いと思った件 | トップページ | 4LDK物語の運営会社は »