« 8月6日(高橋優) | トップページ | ちょっと風邪っぽい »

電子辞書よりも紙の辞書の方が速くひける

知恵袋に、英語の電子辞書と紙の辞書、どちらがいいかという質問があった。 定番である。 ただ、今回の質問者、単語を探すのに5分かかるというのだ。 有り得ない。

私が高校生の時は、長くて1単語3秒程度だったと思う。 大抵は2~3回めくったページにあるので、1~2秒で引けていたはず。 うまく行けば最初に開いたページに出ている。 これは今でも割と得意な技の一つで、 広辞苑を引くときとか、図鑑を引くときとか、 「えいっ」と言って開いたらそのページに出ている、ということがよくある。

だいたいどのあたりに何がある、というのを覚えているだけの話だが。 紙の辞書で勉強するというのは、そのようになる位、辞書を引くのだ。

そうなると、電子辞書は紙の辞書に比べると単語を引くのにかえって時間がかかる。 最近の電子辞書はかなり改善されているが、 一度に見ることのできる範囲が狭いというのもよくない。 特に受験のような場合に、周囲に出ている単語が何かというのは案外重要だと思う。

私は英和辞典を引くときに、調べた言葉は赤のボールペンで下線を引いていた。 一度引いた単語かどうか、確認できるようにしたのだ。 電子辞書にもそのような機能はあるかもしれない。 ただ、こうやって赤で引いておくと、 同じページの別の単語を引いたときに、 復習することができるのである。 案外重要と書いたのは、そういうことだ。

そういえば、最近は発音記号が読めない人がいるようだが、これもゆとり教育の影響なのだろうか。 つまり、学校で教えないのだろうか?

私は発音記号は中学1年で習った。 その程度のレベルの話だ。 難しいものではないし、既に英語が読めるのなら1日あれば覚えられるだろう。 発音記号を覚えていれば、紛らわしい発音を間違えることはないし、受験にも有利だと思うのだが、 大学入試のカテゴリの質問に「発音記号が読めない」と平気で書く神経がどうもよく分からない。

|

« 8月6日(高橋優) | トップページ | ちょっと風邪っぽい »

コメント

辞書式順序 --- 二つの単語の辞書内での順序は、最初の文字が異なっていればそれの順、一致していれば次の文字の順、それも一致していれば……という、紙の辞書をひき慣れていれば当然と思えるもの --- を習得しない人がでてきているんじゃないでしょうか。

投稿: すのもの | 2011.08.11 02:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/52427964

この記事へのトラックバック一覧です: 電子辞書よりも紙の辞書の方が速くひける:

« 8月6日(高橋優) | トップページ | ちょっと風邪っぽい »