« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

何かまた間があいてしまったが

ココログに書くという余裕すらない状況で、とりあえず何か書いておかないと電話がかかってきたりするので現状を。足の指の骨折は経過順調ということで、普段の生活には殆ど問題ない状態になっている。風邪っぽさと頭痛は相変わらずだが。

東京はここ数日、涼しくなったが湿度が高く、急に激しい雨が降ったりするので油断ができない。今日は地震もあったが、最近は震度3程度では動じなくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慌てて出てきたらpcのバッテリーがいつもと違っていた

30分程度しか持たない劣化したバッテリーを装着したままで出てきてしまった。いつものは2時間程度使えるのだが、普段はAC電源で使うときに、劣化したバッテリーを装着しておいて、万一の停電に備えているのである。今日みたいに雷が激しい日は瞬断が怖い。

まあでも電車の中でpc使えるような状況ではなかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローズンマンゴー

マンゴではなくマンゴーと書いてあるのがミソだと思うのだが、「フローズンマンゴー」と書いてあるのを見たときに、仮面ライダーか何かに出てくる怪人で冷凍光線【謎】を得意技としているフローズンマンみたいなのを想像して(多分、普段は冷凍されている)、戦いのときに解凍されて、ボスから「行け、フローズンマン!」という感じで

フローズンマン、ゴー

と言っているシーンを想像してしまったのだが、ここまでは実は伏線で、そういう話を想像したときに、なぜかそういえば最近、すのものさんのサイトを見てないな、と思ったという話。

脳内にある語彙データがどうなっているのかよく分からないが、言葉遊びと何か関連付けができてしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も休み

あまり書かないと電話がかかってくるので書いておく。足の指は殆ど痛まないので相変わらずだが、病院では直るのに3週間ほどかかると言われた。外見は腫れているだけなのでいまいち実感がないが、折れているのは確からしい。

準優勝の野球部員が飲酒していたことが発覚したらしいが、どうも飲酒系の報道は歯切れが悪い。考えてみたら、飲酒してはいけないというのは、一人前だとみなさないという背景があるはずだから、だったらマトモに処罰するにも及ばないと考えるのが妥当だと思う。飲ませる方が悪いということだ。

ではなく、もし一人前に振舞えというのなら、酒くらい飲んでもいいんじゃないか。もちろん違法はよくないから、法律を変えてということになるだろうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑が続いているようだが

明日から涼しくなるというので期待しているのだが、最近は最高気温が体温を上回るような酷暑が続いているというから大変。幸いなことに、ちょっと風邪ぎみで熱があるので何とか体温が気温に勝っているのだが、それって全然幸いではないか。倦怠感のようなのは、食後の薬が効いているのか、治まった状態だが、少し喉がおかしい状態ではある。

そういえば今年はあまり打ち水の話題を見ないようだが、どうなったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は一日寝込んでいた

以前は3日書かなかったら何かあったという噂もあったのだけど、このブログをこれだけ放置したのは初めてかもしれない。裏表の方は毎日とりあえず書いていたけど。結局、熱もあるし、風邪っぽいというか、気分も悪いので病院に行って診てもらったのだが、喉も肺も異常はないということで、いわゆる夏風邪で疲れから来ているのだろうという話。

足の方はレントゲンを取ったら骨の端っこが浮いたような画像が出てきた。骨折という診断。道理で10日経っても痛む訳だが、実際、触らないと痛みは感じない程度なのだ。ただしこの前の日曜に躓いたのは酷くて、その夜は寝られない程度の痛みが続いていたのだが、もしかしたらそこで折れたのかもしれない。

昨日寝込んでいたというのは、殆ど一日。実際、起きたのは今朝の3時頃だった。寝たら寝るだけ眠くなるのが不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: 女子中学生の小さな大発見 special edition

Pさんはこの本の実験報告を数えました。520件ありました。思ったより多いな。

夏休みですね。小学校、中学校の夏休みは、で自由研究という課題が出ていますか。自由にやれと言われてもなかなか思いつかないという人もいるでしょう。そういう人におすすめな一冊がこれ。

女子中学生の小さな大発見 special edition

女子中学生が理科の実験や観察をして発見したことを短文で書いたもの。 短文というのが非常に短い。 例えばこんな感じ。

Sさんは、シャボン玉の作り方に「砂糖を入れる」と書いてあったので、砂糖以外のものを入れてみました。ソース入りは弾力があり、塩は大きいけどすぐ割れ、酢ではできません。

発想がさりげなく凄い。

高校生だとなぜそうなるかの考察まで必要かもしれない。 何でも入れてみるというのは、知ってしまえば誰でも思いつきそうな発想だけど、そう簡単には出てこないものである。 先入観がないのがよいのだろうか、思いつかないようなことを平気でやっている。

定番かもしれないが、いろんなモノを数えるというのもいい。 シシャモの卵とかタラコを数えるというのは結構難しいと思うのだが、

Sさんはメロンの種を数えました。693個ありました。

このあたりなら、夏休みの自由研究として楽にできる範囲内だろう。 少し頭のいい人は、一部分を数えて全体を推測するようなこともしているが、 そんなことは思いつかずに力技で数えている人が多かったりする。

この本が単に実験レポートで終わらないのは、 表現の絶妙な面白さにある。

Uさんは、いろいろな物を熱してみました。塩は焼き魚の匂いがして、マヨネーズはポテトチップの匂い、砂糖は甘い匂い、マーガリンはものすごい匂いがしました。

焼き魚の匂いって実は塩の匂いなのかもしれない。しかしマーガリンが気になるよな。 検証とか何もないから、同じことをやっても同じ結果になるとは限らないけど、 そういう所も含めて、やはり夏休みの自由研究にはとても参考になりそうな本なのだ。

ちなみに、文庫本も出ている。 ただし、こちらは読んでいないので、内容が同じかどうか分からない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと風邪っぽい

少し吐き気もあるので早めに帰ってきた。といっても結局夜になってしまったのだが、朝はセミに突撃されて足を怪我し直すし、いいことがない。とりあえず薬を飲んで横になっていたらかなり楽になった。

今日みたいに急激に猛暑になっているときに風邪っぽいというのも何か面白くない。そういえば、新型インフルエンザってどうなったのだっけ。あれは夏でも流行っていたような気がしたのだが、最近あまり話を聞かなくなったような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子辞書よりも紙の辞書の方が速くひける

知恵袋に、英語の電子辞書と紙の辞書、どちらがいいかという質問があった。 定番である。 ただ、今回の質問者、単語を探すのに5分かかるというのだ。 有り得ない。

私が高校生の時は、長くて1単語3秒程度だったと思う。 大抵は2~3回めくったページにあるので、1~2秒で引けていたはず。 うまく行けば最初に開いたページに出ている。 これは今でも割と得意な技の一つで、 広辞苑を引くときとか、図鑑を引くときとか、 「えいっ」と言って開いたらそのページに出ている、ということがよくある。

だいたいどのあたりに何がある、というのを覚えているだけの話だが。 紙の辞書で勉強するというのは、そのようになる位、辞書を引くのだ。

そうなると、電子辞書は紙の辞書に比べると単語を引くのにかえって時間がかかる。 最近の電子辞書はかなり改善されているが、 一度に見ることのできる範囲が狭いというのもよくない。 特に受験のような場合に、周囲に出ている単語が何かというのは案外重要だと思う。

私は英和辞典を引くときに、調べた言葉は赤のボールペンで下線を引いていた。 一度引いた単語かどうか、確認できるようにしたのだ。 電子辞書にもそのような機能はあるかもしれない。 ただ、こうやって赤で引いておくと、 同じページの別の単語を引いたときに、 復習することができるのである。 案外重要と書いたのは、そういうことだ。

そういえば、最近は発音記号が読めない人がいるようだが、これもゆとり教育の影響なのだろうか。 つまり、学校で教えないのだろうか?

私は発音記号は中学1年で習った。 その程度のレベルの話だ。 難しいものではないし、既に英語が読めるのなら1日あれば覚えられるだろう。 発音記号を覚えていれば、紛らわしい発音を間違えることはないし、受験にも有利だと思うのだが、 大学入試のカテゴリの質問に「発音記号が読めない」と平気で書く神経がどうもよく分からない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月6日(高橋優)

毎日1曲ずつ紹介するという、 「Phinloda のいつか聴いた曲」というブログは、 相変わらず毎日1曲ずつ紹介している。 途中で面倒になって、こちらで何を書いたか紹介しなくなってしまったが、 今日選んだのは「8月6日」という曲で、 「素晴らしき日常」というシングルに入っている歌。

こういうのはフォークかなと思ったのだが、 ラップかと思ったと言われたので、ちょっと考えてみたりすると、 日本のフォークって「叙情派フォーク」という言葉もある感じで、 どちらかという詩的にカッコつけた感じのものが多くて、 それに比べるとこの「8月6日」という歌は泥臭いというか、 何も飾らずにストレートに攻めてきたというのが売りなのだと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールスポット

地下鉄は昔は冷房がなくてもひんやりしていたらしいが、最近は節電の影響もあって微妙に暑い。ただし、駅にはホットスポットならぬクールスポットがある。つまり、冷気の吹き出し口だ。ピンポイントでそこに立てば実に快適なものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bフレッツでひかり電話だとフレッツの故障で全部使えなくなるのか

当たり前のようだが、実は自宅は ISDN の電話契約なのだ。これを近々 CATV の光電話に移転することにしてあるのだが、それとは別に Bフレッツも加入している。CATV にインターネットを集約しないのは、CATV のインターネットは上りの速度に難があるからである。

CATV とフレッツは別系統か。二重にしておくと万一のときにバイパスできるかもしれない。

最近よく使っているのは DoCoMo の FOMA を使ったデータ通信で、7.2Mbps という速度はやや遅いことは遅いが、使い方次第でそこそこ実用的なスピードが出る。Xi にしなかったのは、リモートのサーバーに vnc で長時間繋いだりすると、やはり上限なしというのは怖いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今のは結構ゆれたような気がしたが

最近、多少揺れた程度では動じなくなってしまったが、こういう時が一番ヤバいような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »