« 昨日は緊急メンテナンスがあったのか | トップページ | 親に「勉強しろ」と言われたことはありますか? »

経験というもののあやふやさ

昨日、道を歩いているときに、急に前を歩いていた女性がふらついた。

ヒールが折れたのかと思った。そういうシーンを見た経験が少なからずあるのだ。最近だと、新橋の駅で駆け込み乗車しようとした女性のヒールが折れて目の前で転倒したということがあった。駅員がそばにいたし、こちらも急いでいたので、見なかったことにして通り過ぎたのだが。

そういう印象があったので、その人の靴に何かあったのか、と思ったのだが、違った。

同じところに来て分かった。自分もふらついたのである。歩道に敷き詰めるようにして埋め込まれているブロックが、そこだけ不安定なのだ。たかが1cmかそこらのブレだと思うのだが、踏んだ瞬間に沈むからびっくりするのである。

前の人がぐらついたときに、それを予想できたら意識して歩けたはずなのだが、そこまで瞬時に判断するのは無理だと思う。しかし一度経験したから、次は大丈夫なのかもしれない。

|

« 昨日は緊急メンテナンスがあったのか | トップページ | 親に「勉強しろ」と言われたことはありますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/50781038

この記事へのトラックバック一覧です: 経験というもののあやふやさ:

« 昨日は緊急メンテナンスがあったのか | トップページ | 親に「勉強しろ」と言われたことはありますか? »