« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

電車で座っていたら,前に立っている人の鞄が顔にガンガン当たるのだが、気にしないでうとうとしていた。ていうか、眠くて気にする余裕がない。

考えてみると、いくら何でもこれだけガンガンやってくるのはちょっと不自然である。何かそうされる理由があったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンを再起動すること

普段持ち歩いているのが、今使っているパソコン。これは休止状態にして、次に使うときに復帰して、というのが基本なので、再起動することがあまりない。Windows Update の後で仕方なくとか、何かソフトを更新した後に仕方なくとか、ハードディスクが外せなくなったので…とか、そんな感じだ。

で、再起動した後は、何となくすっきりした感じでする。実際メモリとかすっきりしているのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

So-net のポイントが今月末で無効になるので

何とか 2300 ポイントまでがんばって、USBメモリと交換する手続きをした。ちょうど 2300ポイントになったのだが、ぎりぎりである。

bk1 の足あとのポイントも何故か期限付きのポイントになっているし、ポイントが失効しないように何かアラート管理した方がいいような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵袋で見つけたクイズなのだが

青森駅から各駅停車の列車が東京駅に向け出発した。東京駅から特急列車が青森駅に向け出発した。途中、この列車がすれ違ったときに青森駅に近いのはどちらか、という問題。

答は「すれ違ったときには距離は同じ」というのだが、本当にそうだろうか?

例えば山手線。外回りを渋谷駅から池袋駅に向かった列車と、内回りを池袋駅から渋谷駅に向かった列車がすれ違った。このとき、渋谷駅に近いのはどちらか。

内回り、外回りともに円であるとすれば、内回りの方が直径が短い分、距離も短いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車で出かけたら雨に降られた

雨の日に、傘をさして自転車に乗っている人がいるのだが、随分器用なことだと思う。あれでぶつからないというのが凄い。ていうか何度かぶつかりそうになったが。

ただし、雨が降ってくると、私は眼鏡をしているので、傘どころではない危険な状態になる。マンガだとワイパーつき眼鏡の出番だ。

要するに水滴がレンズ面に残らなければよいので、ワックスかけるとか、何かコーティング系の技で対応できないのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔は家康派だったような気もするのだが

最近は少し信長に偏ってきたので、信長に一票入れてみた。 どういう心境かというと、一つは信長の計画力。 特に人生50年というところ。 実際は50年で目標が達成できなかったというのが、逆にポイントかなと思うのである。

逆に家康なのだが、 山岡荘八の徳川家康とか読むと、理詰めで冷静、忍耐、 というイメージが強い。 だが、よくよく考えてみると、ラッキーとか偶然に頼っているところが結構あって、 後付けだったりするのがマイナスポイントのような気もする。

ブログネタ: 信長・秀吉・家康、一番好きなのは誰?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またぞろ頭痛い

金曜日の夜からちょっと調子がよくないので、かなり寝ていました。いつもは飲まないような薬を飲んだのだが、効いたのかどうかよく分からん。

症状は喉の痛みと軽い頭痛なので、典型的な風邪だと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘の忘れ物がありました

電車の中に。先日、傘を忘れただけに気になってしまう。ただし、私が忘れた傘よりも、随分高そうな折り畳み傘だったが。そこに座ろうとした黒人が、隣にいた人に、あなたの傘か(意訳)と訊ねていた。その人もごく普通に英語で答えていたが、六本木あたりの地下鉄ってそんなものか。

ちなみにこれは地下鉄の中から、無線LANで接続して書いている。駅にいるときしか接続してくれないので困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か死ぬほど雨が降っていたようだが

もちろん雨の中様子を見に行くようなことはしないので、死んだりはしないが、こういう雨の日でもちゃんと外出している人が結構いるのは平和な証拠なのか。

雷もすごかったですけど。サーバーとか大丈夫なのかな。もしかしてモニタがヘンになったの、そのせいだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000Hz と 1010Hz を識別できますか

この前チラッと見た TV でそういう実験をしていたのだが、私は識別できた。出演していた人は、達人はもちろん正解したが、他の人達は分からなかったようだ。

楽器をある程度経験した人なら、識別できそうな気がするのだが、もしかすると最近のギターはチューナーでチューニングする人が多かったりして、識別できないのだろうか? 「けいおん」でも、何かチューナー使わないの凄いみたいな話があったような気がするし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば子連れ狼は一体何人殺したのだっけ

何か久しぶりになってしまいましたが、相変わらずどうでもいい話を書きます。変ななぞなぞ、あるいは算数の問題。そういえば案外このブログは知っている人の方がよく見ているらしいので、こういうことを書いてもいいのか微妙かもしれないが。

始発のバスの乗客は5人だった。次の停留所で3人降りて1人乗った。バスには何人乗っているか?

ところで、最近のニュースに、算数の授業に「18人の子どもを1日に3人ずつ殺すと、何日で全員を殺せるでしょう」という問題を出した先生が厳重注意処分になった、というのがあった。9月15日頃の話なので、そろそろ話題にもならなくなって来ているような気がする。児童に謝罪したというのだが、何と謝罪したのか分からない。そもそも処分が注意だけで済む話なのかどうか知らないが、ということで、さっきの問題、ちょっと変えてみよう。

始発のバスの乗客は5人だった。次の停留所で3人降りて1人乗った。次の停留所に行く前にバスが崖から転落して一人も助からなかった。死亡者は何名か?

悪趣味だな、というのは否定しない。ただ、最初の問題とは違って、この問題だと死亡者に運転手を数え忘れる人はあまりいないのではないだろうか? もしその想像が当たっているとしたら、後の問題にはパッと見ただけでは分からないような追加のヒント情報が隠れていることになる。それは一体どこにあるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘は戻ってきた

何時の電車というのが分かっていたので、意外と簡単に見つかったようだ。こんなボロい傘をわざわざ保管していただけたとは感激、ていうか、誰も持っていかなかったんだな。

門前仲町という駅で降りたのは初めてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘を電車の中に忘れてしまった

愛用の傘だったのだが、大雨が降っていたのに忘れるとは信じられないことである。もっとも、駅を出たら小雨になっていた。

この傘、どんなに強い風が吹いてもベコンとなるだけで壊れない、貧弱な折りたたみ傘で、確か525円で買ったものである。拾って使う人もいないと思うので、後で遺失物の問合せをしてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばやい店員に勝てない

あるコンビニの店員さんが、レジ袋に詰め込むのがやたら速くて、「袋いりません」と言う前に全部詰めてしまうものだから、なかなか言い出せなかったりする。

他のコンビニでは、何もいわなくても「シールでよろしいですか」という感じで、ここはそちらがデフォルトのようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天アフィリエイトにptが付いたようなメールが来ているのだが

知恵袋墓場からの声が自動的に recommend してくれる広告を出しているのだが、どれからポイントになったのか分からない。謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛い

週末からどうも風邪っぽいというか、実際は先週の頭から体調はよくなかったのだが、いろいろ忙しかったので気合で乗り切っていた感じだ。ココに来て頭痛が復活してきたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google の「24時間以内の結果をさらに検索」

そんなのあったっけ? と不思議に思ったのだが、「いつか聴いた曲」を検索したときに、画面にリンクが出ていたのでクリックしてみた。24時間以内の更新ページだけということなのだろうか?

Google は常時全サイトを監視しているわけではないのから、24時間以内のページだけ更新するためには少し工夫が必要になるはずだが、そのあたり興味がある。毎日更新しないと候補から外されたりするのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに渋谷に来てみたら

予定の店が消滅していたりして予定がめちゃくちゃである。たかが二三年にしては変化が激しいのは、思った以上に不況の影響があったと言うことか。

本を買うのに何軒もハシゴしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木

一体何がどうなってそうなったのか全然分からないのだが、六本木あたりで電車が揺れて何かクリックしたら殆ど空白の記事が出て行った。日本はIT先進国のような錯覚を持っている人がいるかもしれないが、地下鉄の駅以外ではモバイルできないという超後進国であることを再認識した。

EDGEだから128kbps なんだけど、ココログはまだ画面が軽いので編集しやすい方である。それでも管理用画面を表示するのに2駅かかってしまう。携帯から投稿した方が気軽だが、文字の入力速度は10倍違うから、差し引いてもpcの方が楽ではある。

128kbpsなので画像表示をoffにしてあるのだけど、あまり問題なく使えるようだ。どこのブログか忘れたけど、全然ダメなのもあったと思う。ブログではないけど、Amazon とか、画像オフだとボタンも押せないようなデザインのサイトもある。もっとも、Amazon で画像オフってどういう使い方だ、というような気もするが。

さて、これが書き終わるのは代々木あたりで、そこで保存ボタンを押して更新する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急に涼しくなったな

こういう時に油断して風邪をひくのかもしれないが、今はそれどころではないし、pcの調子がどうもアレなので。気温は多分、30℃あたりではないかと思うのだが、その程度で涼しいというのも何か微妙な感じだ。

週末はリバウンドらしいので、今から覚悟しておいた方がいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニで弁当を買ったのだが

半額シールが貼ってあるのに、そのままの金額で清算されてしまったのだが、お金を払うときに、レジの人が「アッ」と言ってしまった。そこで「アッ」と言ってはダメだろ。

あまりに面白かったのでそのまま出てきてしまったじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵袋で回答数とは何ですかという質問があったのだが

最近のゆとりは「回答数」が回答の数であることを理解できないようだ。日本語というのは漢字の意味が分かれば非常に便利なのだが、「回答」と「数」を組み合わせると「回答数」になる、ということが理解できないとなると、そうとも言えないのかなと思ったりするのだ。

まさかと思うが「回」と「答数」に分離してしまったのだろうか? あるいは「回」「答」「数」のように全部バラバラにしたとか。いや、それはそれで何となく分かるような気もするのだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

少し頭痛い

風邪なのかな、と思ったのだが、どうも pc まで調子がよくないらしくて、再起動したら chkdisk が勝手に走っているような感じ。ちゃんと手順通りに終了したつもりなのだが。

pc の調子がよくないと思って backup を作ろうとして悪化させるパターンかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボエディングとは

最近、Google で検索してヒットしない単語がなかなか発見できないのだが、ボエディングというのは久々に拒絶されてしまった。まあそんな言葉は確かにないのだが。ウエディングの type なのである。

と書いておけば、ボエディングでこのページがヒットするようになるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍角散ののど飴が出てきたのだが

完全に一体化した感じで固まっている。これは分離する方法とかないのだろうか?

冷凍にして砕いてみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は東京も暑かったので

猛暑の続く東京とかけまして、昨日好評だったセットメニューを今日も販売した店と解きます。ていうか暑かったと扱ったをかけている場合ではなくて、本気で暑いわけだが、こういう時こそ心頭滅却すれば火も暑し、違うか、気分の出番ということで、こういうシナリオを想像してみる。

今は冬で、ものすごく寒い。凍える寒さです。テレビも画期的な色です。さて、外に出よう、これは暖かい、暖房がよく効いているなぁ。

と思えば、暑いというのも「あたたか~い」程度になって感じるものだ。と思ったがこれだけ暑いと無理だ。物事には限度というのがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログがまたメンテナンスをするらしいが

メンテナンスすること自体は構わない。ただ、目的が分からん。

◇メンテナンス目的

 ネットワークハードウェアメンテナンス対応

(?_?);

あーこの顔文字使ったの久しぶりだ。公式な掲示は「【メンテナンス】 ココログメンテナンスのお知らせ: お知らせココログ:@nifty:」に出ている。

あらかじめテキストエディタなどで記事を書いていただき、万が一の場合に備えていただく

ふむ、それは先に言ってもらえるとそれなりに対応できるので、大変ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: 檸檬

檸檬なんて青空文庫でも読めるのだからわざわざ買わなくても、という考え方もあるかもしれないが、名作を手元に置いておくというのはいいものですよ。ブックマークでいいですか。そうですか。

知恵袋に檸檬の感想文を書いてくれという質問があって、当たり前だがこういう質問に感想文を書くバカはいない。茶化した感想文を書いた人がいて、10分で書けないとバカだという人がいて、まあそれはそうなんだけどさ、

誰も助けてくれない。。。。
何故かはわかっていますよね^^

とか誰かが書いたとき、 ああそこまで言うのなら書いてみようか、という気になった。 本気で読書感想文を書いたのは一体何年ぶりなのか分からん。 800字という制限もちゃんと守った。 ちなみに、最初ラフな草案が1000文字程度になったので、200文字程度削ったのである。 パソコンでエディタを使うと、この種の調整が凄く楽なことを再認識。

内容は私が書いたのだから引用どころかコピーしても何も問題ないのだが、面倒なのでやめ。リンク貼っておく。恥ずかしいし。

読書感想文助けてください 梶井基次郎「檸檬」を9月1日までに 800字程度で書かなけ... - Yahoo!知恵袋:

実はこの回答、感想文を書いたところで質問した人が消してしまうだろうと予想していたのである。

そのIDは、他に何も質問していなくて、いかにも捨てIDっぽいし、 提出する感想文がネットに出ていたら見つかったときにヤバいだろう。 消されるのにわざわざ本気で感想文を書くかというと、 私は消された回答は他のブログに転載するようにしているので、構わないのである。

※捨てID: 質問したことを隠すために、いつも使っているIDとは別のIDを一時的に取得して、それだけのために使う。

ところが、なぜか質問は解決の状態になってしまった。 知恵袋は解決の状態になると消すことができなくなってしまうのだが、いいのかな? 参考にして自分で書き下ろすつもりなのかもしれない。

この感想文は案外イジワルなのである。 感想文の後に問題を3つ書いたので、そちらの解答を書いておく。 先に問題を見たい人は、さっきのリンクを先にチェックしてください。

答1 想像というのは、梶井氏が学生時代に見た京都の光景、湯島聖堂で檸檬を見つめている情景。

現実というのは「出来ることなら京都大学で過ごしてみたい」と思っている自分自身。

答2 さあ、分かりません。何となく。本人が書いているのだから間違いない。ひっかけ問題でゴメン。文章に何でも明確な意味があるなんて思っていたら、甘い甘い。

答3 京都大学に行って梶井氏が見たのと同じ光景を見てみたいのに、今の学力では絶対に行くことができないことが分かっているから。 あるいは、もっと早くから勉強しておけばよかったと後悔したから。

質問した高校生になったつもりで書いているのである。 暗にオマエは勉強できないと叩きつけているのだから、やってることは他の回答者と同じである。 伝わったかどうかは知らんが、他の回答者よりもやることが暗い。 ちなみに問題3の「なぜ一日中泣いていたのか」は小学生に解かせたら「涙が止まらなくなったから」と回答するはずだ。 それも間違いではない。

まあでも檸檬である。

感想文では、梶井氏の作品である檸檬、さだまさし氏の歌の檸檬、芥川龍之介氏の蜜柑、この3つがオーバーラップした構成になっている。さだまさし氏の檸檬という歌は私花集(アンソロジィ)というアルバムに入っている。

まず梶井氏の檸檬で始まり、檸檬繋がりでさだまさし氏に行き、果物を投げるということで蜜柑に行き、人の心をどう描いたかというところで蜜柑と檸檬を比べて何と檸檬をこき下ろした上で、それがいいのだと締めくくる。 京都の古めかしい光景は、さだまさしが「青春達の姥捨山」と歌った光景と対比させている。

要するに全部知らないと意味が分からない仕組みだ。その点でもイジワルな感想文なのだ。 今の高校生は、さだまさしの檸檬は聴いたこともないだろう。 ちなみに、この中で一番難解なのは何といってもさだまさし氏の歌なのである。

丸善は何度か行ったことがあるが、洋書も専門書も結構置いてありましたよね。 コンピュータ関係の本があるのが有難かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危なく一日目から踏み忘れるところだった

bk1は先月も皆勤できなかったので、今月こそと思っていた矢先。よく思い出せたものだ。

例の場所の「ぺた」の準備は案外忘れないものだが。

ネットの友達は友達なのか、という意味不明の質問が某所にあったのだが、友達というのは何なのだろうかというのは難しい問題だ。私の場合は特殊かもしれないが、ネット繋がりの人が結構いるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »