« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ヘイケボタルとゲンジボタルはどちらが大きいか

のような質問をされたら、分からなくても、大抵の人はどちらかを当てずっぽうでいおうとする、あるいは「分からない」と答えたりする。実際は、あてずっぽうにしても、同じ大きさだという可能性もあるのだが、同じだという人は、まずいないと思う。

もっとも、確率的には、同じというよりも大小の差がある場合が圧倒的に多そうな気もするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車が遅れたのだが

4分遅れとかいうアナウンス。東京の朝の通勤電車は約3~4分おきにダイヤが組まれているから、1本遅れに乗っているのかどうか、乗っていても気が付かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソニーカードの切り替え

カードがカード会社の都合で使えなくなるというのは、かなり想定外のことなのでとっても困るはずなのだが、So-net の支払いだけは確か自動的に切り替わるはずなので、特に何もしていない。これが自動的に変わらなかったら一体何が起きるか定かではない。

まあでも念のため確認したけど、大丈夫だと思う。この手の説明ページって、異様に分かりにくいと思うのは私だけなのだろうか。

現行カードの終了について|SonyCard[ソニーカード]|Sony Finance [ソニーファイナンス]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月食どころではなかった

曇り空どころか雨降ってるし、残念。

こういうのはWebカメラで実況中継するネタのような気がするのだが、そういうサイトはあったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某大学は凄い大学なのかもしれないと思ったのだが

知恵袋のとある質問を見て思ったことを書いたんだけど、長くなってしまった。 ちなみにネタは、http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1142731656 です。 知恵袋ってトラックバックできないか。

ごめん、先に謝っておくけど、この質問に出てくる大学って知らなかった。 これから書く内容がアレなので、一応「某大学」としておく。 いや、調べたから今は知っているけど。そういえば聞いたことがあるような…程度の認識だった。 経済学部国際経済学科と言われても分からないから、 偏差値チェックしてみたら、だいたい55程度らしい。

とにかく、この質問が面白すぎる。

倍率4.18倍でした。844人受けて202人しか受かっていないのに

大学受験生の偏差値55って、この程度の学力なのか? 55 って、真ん中より上ですよね? かなり愕然としてしまうのだが。

例えば、小学生レベルの人が844人いるのと、大学教授レベルの人が844人いるのとでは、 合格者が同じ202人でも全然違う。 って説明を書いていて自分が恥ずかしくなってきた。 その844人のレベルが分からないと何も分からないということが理解できないなんて、 有り得ない話だと思うのだが、 もしかしてこれが有名な「釣り」なのだろうか?

Yahoo!知恵袋の質問を見ていると、希なのだとは思うが、ゆとり教育云々ではなく、 想像力がものすごく欠落している人が結構目立つような気がする。 蟹は甲羅に似せて穴を掘るとかいうけど、 その穴がすごく狭いのだ。 もうちょっとゆとり持とうよ、みたいな。

話に出来る50歳の人。ってことは今から30年ちょっと前、 1980年あたりに受験世代だったはずだが、

大学受験したけど全然勉強してなくて大学どこも受かんなかった

有り得るのかな? 全然勉強しないで大学受験。 その人が天才だというのならともかく、 結局全部落ちって、受験料がムダになるわけでしょ。 もしかしたらお金持ちの人か。 まあでも、勉強しなかったら合格しないのは当たり前なんだけど。

その50歳の人と自分どっちの言ってることが正しいですか?

この質問見るまではともかく、 これ見てしまったら、50歳の人が正しいような気がするから不思議だ。 例えば、

…より上の大学行った人ならバカにしてもいいですが

これなんか比較しなくても、質問者の方がおかしいことは明白。 もちろん、世の中の学歴コンプレックスってこんなものかな、とは思うけど、 上の大学とか下の大学じゃなくて、 その人のレベルが上か下か、ということだ。 上の大学だろうが下の大学だろうが、バカはバカだろ。

ていうかどこの大学行こうがそれを理由にして他人をバカにしちゃいけないだろ、 いや、してもいいけど、それは自分がバカであることを自ら証明しているようなものだろう。

何故高卒が大卒をバカにできるんでしょうか?

そんな簡単なことが分からないという事実がこの人のレベルを証明しているのは皮肉なことだが、 蛇足しちゃうと「バカ」の意味が違う。 この50歳の人は、世間一般とか、同年代とか、あるいは大学に入学した人、 というような大きな母集団を想定している。 その中である大学に行った人をバカにしたわけだ。 この論理には、批判する人の学歴は関係ない。 バカ田大学卒だろうが、ハーバード大学卒だろうが、小学校中退だろうが、 同じように批判してよい。

まあでも、自分はできないのに批判するな、 という話はよくありますね。 もっとも、これは対象が雲の上にいたりすると当てはまらないようで、 特にスポーツ選手、 掲示板を見てもブログを見ても、ボロクソに非難している人が結構いる。 じゃああんたイチローよりもうまく野球できのか、と言いたいわけだか、 もちろんそんなことを言ったら「俺はプロじゃない」とか言い訳をするはずだ。

選手批判で面白いと思ったのは、これ。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1341655288

6/1~2頃の質問、回答だ。 言いたい放題。 今の時点でもう一度それ言ってみろと突っ込んでみたいものだが、 この質問が半永久的に残ってしまうというのがインターネットの恐ろしさなんだな。 まあでも「当時はそうだった」とか言うんだろうな、多分。

話を戻すけど、 そもそも「高卒」というところで論理がおかしい。 この50歳の人は大学を受験して受からなかったというのだから、 そこを突くべきだ。 大学入試に合格できなかった人が大卒をバカにするのはおかしい、 という話なら説得力がある。 高卒というのは学力とは関係ない。 いろいろ訳ありで、大学を受験しない人もいるからだ。 ていうか、大抵は経済的な理由だと思うけど。

で、余談はさておき、これなんだけと。本題。

センター試験の英語では200点満点中164点取りました

それって全世界に発信できるような話なのか? センター試験って、200点満点で200点取っても、別にびっくりする話ではない、 というようなレベルだったと思ったのだけど、 いやいや、私には取れないだろって? それはもちろん否定はしないけどさ、 ここで分かるのは、何かその大学ってアレそうだなぁ、ということしかないのでは。

この人は、今も昔も難易度が変わらないと言ってるけど、 かなり違うのではないだろうか。 少なくとも昔の受験生なら「844人受けて202人しか受かっていないのに」なんて書かないと思う。 つまりカリキュラムの問題だと思うのだけど、 今の高校数学って統計学系の授業はどうなっているのだろうか? ていうか、そもそも当時なら中学レベルの話のような気がしないでもない。

偏差値というのは、相対評価だから、 その頃の偏差値50と、今偏差値50は、絶対力としては違うかもしれない。 そこまで考えてしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

参議院選挙に投票したいのは

やはり「おとうさん」なのだろうか。何党でしたっけ、おとうさん。ていうか、政策とかあるのか? ホワイトジャパンを目指すとかいってるが。

争点は消費税らしい。真っ青になっているプログラマーが結構いるのではないかと思う。消費税率はもともと変更することを想定していたはずだから、あまりハードコーディングしているソフトもなさそうだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ月末なのか

何か書くパワーがない。ネタはいっぱいあるんだけど。コンビニで見たこととか。ちょっと不定期な寝不足で体調が安定しない感じがする。

今月中に健康診断を申し込まないといけないのだが、下手したら Ruby会議のあたりに行くことになってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Amazon からDMが来たのだが…

紹介してきた商品がおかしい。 「ソニー デジタルハイビジョン液晶テレビ BRAVIA NX800シリーズ 40V型 KDL-40NX800」って、それJugemでアフィリエイト貼ったテレビじゃん。何でわざわざDM送って来るのだろう、自分で買えというのか? 今それを買う金がないのだが、…

アフィリエイトでそのテレビが買えるほどの収入があれば考えてもいいのだけど、現状はどうかというと、とにかく規定の金額を超えないと…みたいな。

とか思っていてふと気付いたが、メールに、持っている人は「持っている」リンクをクリックしろ、みたいなことが書いてある。クリックしたら何が起こるのだろうか、と思ってクリックしてみると…。フーン。よく分からんが、うまく出来ているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高いノートを買ってみた

高いといっても所詮ノート、たかが知れている。いつもは100円ショップの大学ノートを使っているのだが、どうも紙質がケバいというか、必要以上に万年筆のインクが乗ってしまうような気がしたので、ものは試しという感じで滑らかな紙のノートを買ってみたのである。

システム手帳の紙は BINDEX を使っているのだが、これが案外高いだけあって、インクの乗りがいいと同時に滑らかに細い字が書けるという優れものなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間を動かすのは語学力ではなく説得力だと思うのだが

あるいは、語学力と表現力、あるいは感性とは違うんだよな、という感覚か。「死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界」というのを読んでの感想である。

それを書いた人は日本人だと思うのだが、要するにこの人が英語で戦えないのだとすれば、それは英語力のせいではなくて、感性じゃないかと思ったので。例えばタイトル。こんな所に「死ぬほど」と書いたら、一気に信用度が0に近づく。もしかして本当に死ぬような目にあったのかもしれないが、普通は勉強で死ぬということはない。

つまり、英語ではなく、日本語で既に勝てない状態になっている。なので、英語でも勝てるわけがない。

もう一つ勝つのに必要なのは、素材、ネタである。語学力に加えて表現力まで含めて完璧であっても、表現するモノがなければ、やはり勝てない。ここで「モノ」と漠然と書いたのは、狭い意味での表現の対象だけではなく、心意気とか志とか、そういうものまで含めた物凄く広い概念に対応した「なにか」である。オブジェクトというよりクラスやロジックに近いようなもの。

プログラマー的に言えば、どんなに理論がよくてもプログラムにならないと何もないのと同じ。しかも、理論が無茶苦茶でもちゃんと動いてしまえば、プログラムとしては勝てる。リアルの世界というのはそういう原理で動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSから投稿しようとして挫折したのだが

DSブラウザというのがあって、実はOpera のようだが、そこから投稿しようとして挫折した。特に難しいとかいうのではなく、時間的に間に合わなかっただけなのだが。

フルブラウザで画面が狭いというのは想定していないだろうから、ユーザビリティ的に不利なのは仕方ないと思う。携帯画面、pc画面の他に、PDA画面というのも想定してデザインすべきかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛さ10倍カラムーチョは本当に辛い

甘い覚悟で買ってしまったら、意外と本当に辛かった。素人さんは手を出さない方がいいと思う。舌が痛くなる辛さだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は天気予報では雨になっていたのだけど

やけに傘を持っていない女の子達がいて、びしょぬれになっていたのだが、天気予報を見る余裕もないのだろうか。ていうか、梅雨なんだから、朝は降っていなくても、折りたたみの傘を持ち歩く位の工夫はしてもいいと思うのだけど。

私の場合、一年中傘を持ち歩いているから、梅雨だろうがどうってことない。ただ、これが1年に1回か2回ほど、傘を持ち忘れることがあって、そういう日には必ず雨が降ることになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows が起動しなくなった時の対応

某所で、コンセントを抜いたとか書いてあったので。 厳密にはコンセントではなく抜くのはプラグなのだが、 電気製品が想定した通りに動いてくれないときの対応は、 やはり電源を切るということか。 そういえば先日テレビがお亡くなりになったときも、まずそうした。

基本的には間違っていないと思うのだが、 パソコンの場合、動いている状態で電源を切るというのが最も危険だというのは、 一般には認知されていないことなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ruby会議のチケットはPayPal で決済するようになっているのだが

心理的にものすごい抵抗感がある。PayPal を信用していないのかというと、まあそりゃ私は銀行も信用しない系の人間だから、信用していないのだが。クレジットカード番号から住所まで全部渡して、悪用されたら一体どうなるかという話だ。

もっとも、残高もそれほどないので、悪用しようにもできないような気がしないでもない。

だったら普段買い物している Amazon や yodobashi はどうなんだ、というと、まあ確かにそのあたりもクレジットカード番号は渡しているわけで、リスクとしては同じようなものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万年筆が出てきて少し落ち着いた

いろいろ急激にものがなくなって、どうも落ち着かなかったのだが、万年筆が出てきた。これがないと一番落ち着かないのだが、結局、ポケットの奥という、あるべきところにあったのだ。

あと、どうしても見つからないのがシェーバー。あんな大きなものがなぜなくなるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく食事した後にカードで払おうとしたのだが

したというか、実際に払ったのだか、その時歴史が動いた。じゃなくて、クレジット伝票を出す機械の紙がなくなった。

そこからが大変だったのは、紙を交換するときに逆に入れてしまったのである。サーマルだから何も印字されない。むぅ。こういうのは、逆要れできる UIがよくないよな、とか思ったのだか。お客様控をもらいそこねてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: だいじょうぶ だいじょうぶ

いとうひろし作、絵
だいじょうぶ だいじょうぶ

Yahoo! 知恵袋で「友達ができないのだが、どうすればいいか」のような質問に答えるときに使ったことのある本。 まあここだけの話だが、 中学生、高校生になって「友達ができません」と言っている人達にこの本が理解できるとは到底思えない。 もしかしたら、表紙を見ただけで「なんだ、こんな本」と言って全く読んでくれないような気もする。 しかし、多分他の人達が見た時に、ひょっとしてひょっとするかも、というような期待を込めて、ということである。

それは、むりして みんなと なかよく しなくても いいんだって ことでした。

(p.20)

この本は見た感じ、幼児向けの絵本である。 明らかにターゲットはそのはずだが、 子供なら理解できても大人には見えないことは案外多い。 もしこの絵本が簡単だという人がいたら、 最後の「だいじょうぶ」というのは、一体何が大丈夫なのか、というのを問いたい。 もしかすると、この一言は、子供なら簡単でも、大人にはなかなか理解できない世界に入り込んでいるのではないかと思うのだ。

現実の世界では、先日紹介したミドリカワ書房さんの歌のように、 「大丈夫」という言葉は、大抵、大丈夫でない場合に発せられる。 ミクロな視点ではそれは大丈夫ではないのだが、 マクロな視点で見れば、大抵のことは大丈夫である。 そういう視点の転換ができるのは、長い人生経験を積んでトラブル慣れしたおじいちゃんならではの言葉なのだが、 だから、この本は「友達ができない」と悩んでいる人達だけでなく、 実は、もう一種類の質問の答にもなっている。 つまり「人は何のために生きているのですか」という質問だ。 ただし、それこそ、そんな疑問を持っている人にこの本を読ませても何も分かる訳がないのだから、 そちらの質問をしている人にこの本を紹介したことはない。

自分は何のために生きているのだろう、とか微妙な疑問を感じてしまった疲れた人におすすめの一冊。 もちろん、小さい子供に読んであげるのもいい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルが短い

既に死んだ機械だと思っていたLDプレイヤーなのだが、S端子からケーブルが出ていて、一応接続可能になっているのではあるが、TVまでの距離が長くて届かない。買ったときには想定していなかった状況だ。

当時のS端子というのは高画質で接続するためのものだったが、いつの間にかS端子の接続が低画質という時代になっているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵袋墓場からの声のアフィリエイトのリコメンドがよく分からない件

自動的に最適なアフィリエイトのリンクを提案してくれる機能。便利そうなのでやってみようとしたら Amazon に却下されたという話は書いた通りだが、楽天ならOKのようなので、今使っているのは楽天のアフィリエイトになっている。

最新の投稿は、入社して試用期間中に解雇されるというのは、どういう場合か、という質問だったと思う。その回答に対して、アフィリエイトとして提案されたのが、喋る地球儀と陶芸セットなのだが、一体楽天は私に何をさせたいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニの店員に多くは望まないのだが

昔は常連の喫茶店に行けば、いつものを出してくれるとか、裏メニューを出してくれるとか、いろいろな常連特典があったものだが、これは個人情報がマスターによって記憶されているから出来る技であることは言うまでもない。

そこでいつも行くコンビニなのだが、「お箸は付けますか」のようなことを毎回聞いてくる。学習能力がないのは仕方ないとして、これを毎回聞かずに済ませる方法はないのだろうか、というのが気になる。何かIT系のアイテムを使えばできるような気がするのだ。IT系といっても、例えばケータイやPSPのような電波が使えるものを持ち歩いているのだから、信号を出すことでレジに自動的に「お箸不要」と表示するとか、その程度の話なのである。

もっとも、ポイントカードのようなものを併用しないとIDが特定できないのでダメっぽい気はするが。だったらポイントカードに情報を関連付けておけばいいだけの話か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた書き忘れてしまったか

どうもいかん。疲れが取れないというよりは、怪我をしているから体が寝たがっているのではないかと思う。

Thunderbird を3にupgrade したら、動作が高速化したという割に遅くなったような気がした。検索は速いのかというと、何となくひっかかる感じがするし。まあでも私の場合、大半は spam とか DM なので検索対象から外せばいいのだが。設定エディタとか開くと怪しい画面が出てくるし。

更新があったときに自動的にダウンロード、というのはcheckを外した。今時そんな人間いるのかと言われそうだが、128kbps で接続することもあるので、勝手にダウンロードなんてされたらたまったものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジトの向かいに住んでいる人が亡くなった

90歳超だそうだから、寿命というか、天寿ではある。年齢にしては元気に草木の世話とかしていたのだが。

その人が雨だといえば、どんなに晴れていても雨が降ったものだ。どのような経験を積めばそのような能力が身に付くのか、わかるような分からないような。ロジックとして伝授してもらいたかったが、伝えられるようなものでもないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の絆創膏は進化しているらしい

傷口に何日か貼ったままにして、治癒能力を高めるような成分を与える、という優れものらしいのだが、怪我をしたところが膝なのですぐに剥がれてしまう。10分と持たなかった。

擦り傷なので結構効きそうな気もするのだが。従来の方法だと、ガーゼとかが張り付くという二重のスリルが味わえたりしたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車でコケた

足はすりむいて結構見た目はひどいがたいしたことはない。擦り傷だけかと思ったのだが、後になって右の肩が痛いことに気付いた。これは多分その時に打ったのだと思う。

全身痛いというのは案外ないものなのだろうか。一箇所が痛いと、そこに集中してしまって、後の痛みが分からないとか。そういえば今朝から頭痛があったのに、消滅している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅で人が倒れるといろんな集まってくる

女性だとなおさらそうだ、という感じがする。単に足をすべらせて転んだらしいのだが、結構大きな音がしたし、悲鳴とか聞こえたから大勢集まることになってしまった。

声を出さずに倒れろといっても無理だとは思うが。大抵の場合と同じく、その人も「大丈夫」と言っていたようだ。そういえば「だいじょうぶ、だいじょうぶ」という本を紹介するのを忘れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また寝過ごしてしまった罠

十数駅起きていて、2駅前まで記憶があるのだが、気が付いたら終点というのはどういうことなのだ。

しかし何となく一気に疲れが取れたような気がする。少なくとも眠気は取れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はよく歩いた

行ったり来たりというか、同じ道を何度も歩いたのでいまいちなのだが、そろそろ夏服だし、散歩のつもりというのもいいかもしれない。微妙な暑さなのも吉。

寝不足で多少ふらふら感があるのだが、何か忘れているような気がしてしょうがない。何を忘れたかも忘れてしまったというのは、よくあることなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩山総理が辞任してしまったようだが

小沢氏も道連れということで、大変なことになったようだ。こんなタイミングで辞任したら、次の参院選で惨敗した場合にもう一人辞めないといけないので、トップ3が居なくなってしまうのでは。

鳩山氏が首相になった後、マニフェストは4年間かけて実現する。実現できなかった場合は責任を取る、というようなことを言ったはず。途中棄権ってアリなのか?

まあでもどこの党でもいいからとにかく、NHKの受信料廃止を公約にしてください。次の選挙はそこに投票するから。ついでにダビング10も廃止してくれるとありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防腐剤ゼロのコーラ

最近テレビでCMを流している防腐剤ゼロのコーラ、あの系列の飲料は、開けたらすぐに飲むのが基本だから腐るヒマもないような気がするが、それはそうとして、わざわざ宣伝する位だから、今までのコーラには防腐剤が入っていたということですよね? 論理的には今までも入ってないという可能性もゼロではないのだが、倫理的にゼロってことで。

となると、一体今まで何が入っていたのかというのが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo! 知恵袋にフィルタはないのかという質問が最近あったのだが

指定したIDの利用者の回答を拒否する機能はある。いわゆるブラックリストなのだが、その逆、指定したIDの質問を表示しないというフィルタ機能はない。逆じゃないか。

そういうのはありませんか、という質問が出ていたので、昔そういうプログラムを作って使っていたことがある、と回答するつもりで、どんなのか確認するためにソースとか探していたら、手早く質問をクローズされてしまったので回答できなくなってしまった。まあいいけど。

ある種のカテゴリは、そのような機能がを使うと一変する。最近思うのは、特定の時間内に繰り返して投稿する人を自動的にフィルタする機能で、それだけでもいわゆる spam、いや「荒らし」はかなりカットできると思うのだ。

よく見てみると、凝った人は複数のIDを使って rotate しながら投稿しているのだが、それって手でやっているのだろうか? だったら結構手間をかけているわけである。プログラム作るのとどっちが手間かといわれるとよく分からんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »