« 立ち位置と見栄 | トップページ | 使っていないが覚えたという状態は存在するのか »

書初め

とは全然関係ないのだが読めそうで読めない漢字2という本に「黒岩涙香」が出ていて笑ってしまった。笑っちゃいけないのだが。親の前でひどいことを言うという話で。

書初めというのはなぜ2日なのか? 何となく想像すると、1日は他にいろいろすることがあるから2日、という感じがするのだが、もしそうだとして、1日に書いたらダメなのか、というのがどうもよく分からない。

ちなみに今年の抱負は「覚える」なのだが、例年に比べると随分マトモじゃないかと言われたので弁解しておくと、これはツマラナイこととか下らんボケ・ツッコミを覚えるというような使い方をするつもりなので、それほどマトモではないのだ。覚えたときには「覚えた!」と書くのでよろしく。

で、最初の余談【謎】に戻って黒い悪い子の黒岩涙香氏、推理小説作家だと思っていたのだが、何を書いたのか全然知らない。覚えていないので調べてみたが、翻案小説で有名だったのか。岩窟王を訳しているというのは知らなかったが、これじゃマトモになってしまうが、とりあえず覚えた。

|

« 立ち位置と見栄 | トップページ | 使っていないが覚えたという状態は存在するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/47189981

この記事へのトラックバック一覧です: 書初め:

« 立ち位置と見栄 | トップページ | 使っていないが覚えたという状態は存在するのか »