« 書初め | トップページ | 初夢はなぜか2度見た »

使っていないが覚えたという状態は存在するのか

すのものさんからのコメントに技を覚えることと使うことは別ではないかという問題提起があったのでもう一段深く考えてみますが、実際、そこは少し考えたのですが、一度も使っていないが覚えているという状態は存在するのかという話です。

メソッドがあるけど一度も実行されていない、なんてことはいくらでもある訳です。使ったことのない核兵器とか。

刀語もNEEDLESSも覚えたらそれをすぐに使っているので分かりやすい。

現実的に考えると、机上の空論という表現がある。レシピが分かれば作り方は覚えたことになるが、本当に作れるということはあまりない。しかしこれは、作り方を覚えたと勘違いしているだけで、実は覚えていないというのが正しい評価のような気がする。レシピの粒度が粗くて再現できない。

そもそも「今までのことを全部忘れるという技」というのがおかしい。その相手は、一体どうやってそれを覚えたのか。使わないと覚えられないというのなら、その技を使った途端に忘れてしまうから覚えられない。

|

« 書初め | トップページ | 初夢はなぜか2度見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/47199133

この記事へのトラックバック一覧です: 使っていないが覚えたという状態は存在するのか:

« 書初め | トップページ | 初夢はなぜか2度見た »