« インフルエンザ | トップページ | 蝶が落ちていた »

牛蒡の掲示

ってのを IRC で教えてもらったのだが、私はそういうのは社会で習わなかったよなぁ、とか思った。

血税って言葉あるでしょ、あれで暴動が起こって死者も出たんだけど、明治頃の日本。まあそれに比べたら国民の知識は増えたのだと思う。もっとも、温暖化だとか携帯電話の電源をお切りくださいとか、相変わらず科学には弱いというか、

そういえば、なぜ消費電力の高い大きなテレビを買った方がエコポイントがもらえるのか、という話もあったような。従来モデルと比べて節電しているというのが重要で、消費電力の絶対値でエコかどうかという話ではないんですよね。牛蒡とは全然関係ないけど。

カタツムリは蝸牛。こちらに牛が出てくるのは化物語で散々薀蓄たれていたから覚えたのだけど、牛蒡って何でウシなんだ?

|

« インフルエンザ | トップページ | 蝶が落ちていた »

コメント

何か Google で1位に出てくるので誤解されないように念のため書いておくけど、あるプロ家庭教師のサイトに「牛蒡の掲示とは」というページがあるという話を IRC で教えてもらったのですよ。プロは違うなー、みたいな。

投稿: phinloda | 2009.12.22 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/47064902

この記事へのトラックバック一覧です: 牛蒡の掲示:

« インフルエンザ | トップページ | 蝶が落ちていた »