« 今朝はひどい目にあいました | トップページ | ぺたぺた »

民主党の歯切れの悪さが意味することは何だろう

TVで圧勝という状況に対するインタビューで、例えば小沢氏は、現段階では何も申し上げられない、結果が確定してからコメントする、というようなことを言う。

正論には違いないが、今回の選挙は激戦、接戦ではなくて圧勝である。ここから自公逆転は100%有り得ない。確定してからじゃなくて、数字が決まっていないだけで、既に政権交代は「確定」した状況である。

確実に政権が取れるという状況で、それに対して何もコメントできないというのが分からん。もしかすると、本当に何を言うかまだ決まっていないのではないだろうか。この状況で「確定しなくては…」というのはどうもおかしな話だ。

事前にどう答えるか決めておくのが常識で、そちらから考えると、理由は分からないが、事前にそう答えることが決まっていたのかもしれない。何かこのタイミングで言うとまずいようなことがあるのだろうか。とりあえず確定後のコメントに注目か。

|

« 今朝はひどい目にあいました | トップページ | ぺたぺた »

コメント

各報道機関は、独自の出口調査の結果を元に、選挙管理委員会の発表よりも前に当確を出しました。しかし、真の意味での当選確実は、まだあけていない票がすべて次点の候補者にはいったとしても逆転されなくなった時に初めて出ます。

そのあたりの時間差は考慮されていますか? 私はNHKラジオ第一放送を聞き流していただけなので、23時33分の時点でどういう状況だったのかはわかりませんが。

投稿: すのもの | 2009.09.02 20:10

2日の朝日新聞大阪本社版「声」に、マスコミが出す当確と、選管の出す当確の問題に関する投書が掲載されていました。民主党のある幹部が慎重だったと書いてあったと思うのですが、それが小沢氏のことでは。

(私個人は、小沢氏が慎重になっていたのがその問題のためなのかどうか、全くわかりません。)

投稿: すのもの | 2009.09.04 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/46075181

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の歯切れの悪さが意味することは何だろう:

« 今朝はひどい目にあいました | トップページ | ぺたぺた »