« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

書くネタがないので昨日食べた寿司の話

四人で握りを注文して、一つだけさび抜き。持ってきた人が、さび抜きはどちらですかと言った。小学一年生が一人だけいて残り3人が大人のときに、その質問をするか?

昔のネタなので都市伝説かもしれないが、マクドナルドでハンバーガー100個を注文したら「こちらでお召し上がりですか」と言われたという話があった。マクドナルドならマニュアル化されているから、そういうことがあるというのは納得できる。考えるとかいう以前に、反射的に口に出してしまうのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポイントカードはお持ちですか

持っていたので渡した。ここまではよくある光景である。ところで、その後買い物の追加があったので、もう一度レジに並んだら、4つもレジがあるのに偶然同じ人のレジに行ってしまって、しかもこの時ポイントカードを持っていなかったのである。

「ポイントカードは…」
「持ってません」

何か怪訝な顔をされたような気がしたが、常識的に考えておかしいと思う方が当たり前だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケルジャクソンといえばスリラーだろ

今日の朝びっくりニュースが飛び込んできた。 人生50年といえば織田信長が頭に浮かぶのだが、 マイケルジャクソンさんが亡くなったというニュースだ。 まだ50歳なのに。一体何があったんだ?

きっと墓から出てきて踊っていたというような伝説がそのうち出てくるに違いない。 タイトルにスリラーだろと書いておいて恐縮だが、 「いつか聴いた曲」で紹介したのは BEAT IT だった。 スリラーのビデオクリップは別格に凄いのだが、 BEAT IT だって普通に物凄いのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日投稿しようと思ったらできなかった件

昨日は書いてないなぁ、と思って携帯から投稿しようとしたのが23:40頃。ところが書いているときに携帯のバッテリーが切れた。というようなこともタマにはある。

ちなみに何を書くつもりだったかというと、目白に行ったという話。目白は昔住んでいたところなので、まあまあ土地感があるのだ。昔もあった店もあれば、初めて見る店もたくさんあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登録時に出てくる読めない文字の画像について

それって何て言うのだっけ、画像の字とか数字を読んで入力してくださいというアレ。Firefox で別サイトの画像をoffにしてあったらマジ読めないのでどうにもならないことがある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デザインちょっとだけ変更

Amazon をクリックしようとしたらどこか分からなかった、といわれたので上の方に移動することにした。毎日クリックしているのに下の方にあって面倒だった bk1 もついでに上に移動。ついでですみません。

デザイン変更なんて簡単じゃないか、といわれそうだが、更新にやたら時間がかかるので、デザインを変更することには猛烈な抵抗があるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザインパターン再入門勉強会終

ということで帰宅。電車乗ってる時間よりも家まで歩く時間が長いような気がするが、ちょっと疲れた。

昔 FPROG という何かがあって、オフミというのも何回かあったが、雰囲気的には全然変わっていないというのが分かった。ネタまで変わっていない。変わったのは参加している人の世代なのだが、こちらから見たら多分皆さんの年齢が変わっていないので、タイムスリップしたような気分だ。

ちょっと残念なのは、もう少し女性がいてもいいかなと。昔そうだったのは仕方ないにしても、今もそうだというのは若干納得できないものがある。

見た感じ、現場でのプログラミング経験5~10年という人が多そうだった。はて、私は何年だっけと思ったのだが、咄嗟に出てこなかった。厳密に計算してみると、最初にアセンブラのプログラム書いた時からなら33年、プログラマーとして入社してからだと22年だと思う。その22年よりちょっと前はプログラムのバイトで飯食ってた時代があったから、プロになってからの年数はもうちょっと長いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

デザパタ勉強会という珍しいものに出てきた

ていうか、今出ている。「裏表」に様子をメモってその場で書いていた。今はディスカッションの時間。

昼にモスでてりやきバーガーしか食ってないので、そろそろエネルギーが切れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足がつった

寝ているときに足がつると目は覚める、と思ったのだが、もし目が覚めなかったら気付かないはずだから、本当に目が覚めるのかどうか定かではないような気がしてきた。

夢の中で足がつっているかというと、夢を見ている保証もないし。とはいっても、足がつった夢というのは見た記憶がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入りしたのだっけ?

いずれにしても、ちょうど私が外にいる時だけゲリラ雨が降るような仕組みになっているようなので、入梅だろうが何だろうがどうでもいいような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝カレーが流行っているらしいが

TVでみたのだが、朝カレーというのが流行っているらしい。なぜカレーなのかというと、イチローがやっているから大丈夫だろう(なにが)というのだ。

イチローと同じ位の運動をしないとヤバいような気もするのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲリラ雨

駅に着いたときにはそうでもなかったので買い物とかしたのだが、その後、歩いている時にゲリラ雨にやられた。買い物などせずに帰っていたら無事だったのだから、失敗である。

しかもこういう時に限って珍しく傘を持っていない。日ごろ、快晴でも傘を持ち歩いているので、傘がないという状況は年に1度あるかないかという確率なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知恵袋に書いて削除された投稿を集めたブログがあるのだが

結構よく消されるというのが分かるのだが、質問を転載すると著作権の問題があるので、自分で書いた回答だけ転載している。ということは、質問が分からない状態で回答だけ出ていることになる。質問が想像できないような回答が結構ある。

さっき転載した回答に「他の病名も思いつきますが、ここには書けません。」というのが出てくる。これは確か質問は「鬱ではないでしょうか」という感じのものだった。Yahoo!知恵袋で「鬱ではないでしょうか」というのは定番の質問なのだ。ただ、その時の質問を見た感じでは、どう見ても鬱というよりは精神分裂病なのである。それをはっきり書いてしまっていいのかどうか判断しかねたので、ここには書けませんという回答になった。

ちなみに、「鬱ですか」と書いている質問の大半は、鬱ではなく単なるワガママや甘えに見える。そもそも、本当に鬱だと公開掲示板に質問など書けないという説もあるようだが、鬱は正真正銘の病気であって、ちゃんと診察しないと本当のところは分からない。素人が掲示板にかかれた内容程度で判断できるようなものではない。

「知恵袋墓場からの声」のURL、MY PAGES には登録していないが、単に覚えてないので面倒なだけである。「知恵袋墓場」でググれば1番に出てくる。Google便利だ。ちなみに Yahoo! でもトップに出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi に招待してくださいという人を招待するのは規約違反か?

掲示板に、誰も知り合いがいないので mixi に招待してくれ、というような掲示がたまにあるのだが、これを招待したら mixi の規約違反になるかという話。

mixi の利用規約は、全く面識のない人を無差別にmixiに招待する行為を禁止している(第14条の(14))。掲示板でお願いしている人を招待する行為は微妙だ。もし無差別には該当しないのなら、利用規約には違反しないと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いつか聴いた曲」に紹介した歌 (3)

紹介が1か月以上あいてしまったが、実はまだちゃんと続いているのである。その後紹介した曲は次のような感じだ。

Grateful Days - Dragon Ash
カレーライスの女 - ソニン
圭子の夢は夜ひらく - 藤圭子
恋の季節 - ピンキーとキラーズ
Superstition - Stevie Wonder
TIME AFTER TIME - シンディ・ローパー
SHALL WE LOVE? - 藤本美貴
Beat It - マイケル・ジャクソン
夏の少女 - 南こうせつ
乙女のポリシー - 石田燿子
THE NEVER ENDING STORY - リマール
ガンダーラ - ゴダイゴ
雨が空から降れば - 小室等
春夏秋冬 - 泉谷しげる
風になりたい - 沢田聖子 (川村ゆうこ)
STAIRWAY TO HEAVEN - レッド・ツェッペリン
季節の中で - 松山千春
MY HAPPY ENDING - アヴリル・ラヴィーン
私は泣いています - りりィ
雨 - 三善英史
Automatic - 宇多田ヒカル
学生時代 - ペギー葉山
WOMAN - ジョン・レノン
いとしのエリー - サザンオールスターズ
YOU'RE THE INSPIRATION - シカゴ
ロマンス - 岩崎宏美
狙いうち - 山本リンダ
THE REFLEX - デュラン・デュラン
THE STRANGER - ビリー・ジョエル
時の過ぎゆくままに - 沢田研二
ユー・メイ・ドリーム - シーナ&ロケッツ
FLY ME TO THE MOON - CLAIRE
HIGHWAY STAR - ディープ・パープル
LA FEMME CHINOISE/中国女 - イエロー・マジック・オーケストラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日が同じ人がいない確率

chat で出た話題で、面白そうなので。何十人かいたら誕生日が同じ人がいる、という確率的な話は有名なのだが、では、366人いたときに、全員違う誕生日である確率は?

但し、条件として、2月29日生まれの人の存在確率は、その他の誕生日の人の1/4であるとする。

※ 最初 365 人としていたが、1人減らす意味がないので 366人に変更した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログにログインしようとしたら結構ヘマしてしまう理由

アカウントを入れて、tab を押したら、すぐ下にあるパスワードのテキスト入力に移動するかと思ったら、忘れた方はこちらとかいうリンクにフォーカスが行って何か訳が分からない罠。まあそれはそうとして、ココロなんだけど。

200906101

アクセス集中らしい。といわれても「大変に混雑」で思い知っている世代としては、 アクセス集中なんていわれても全く信じる気がないというか、 アクセス集中って unknown error と同じ位の意味ですね。 だいたい、アクセス集中で配信できないというのは、集中したことじゃなくて、 サービスの能力が低いのが問題ではないかと思う訳である。

ていうか、久しぶりに見たような気がしたのだが。 何かトラブルでもあったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの独自アカウントが使えなくなった

以前からさんざんアナウンスしていたが、今日、2009年6月9日から、従来のアカウントは使えなくなった。こういうのは間際に気付いてしかも間に合わないという人が大勢いるのが常なので、今日は大騒ぎしている人が大勢いるか、それとも…。

私にしては珍しく覚えていたパスワードなんだけど、もう使う機会もないという訳だ。基本的に、アカウントに対するパスワードは全部違うので、いちいち覚えてられないのである。

しかし、@niftyのアカウントていうかパスワードをブログを書くときにその都度入れるのって、何か危険度倍増したような感じがするのは私だけなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブリブログのパスワードの変え方が分からない

ちょっとヘマをしてしまったのでウェブリブログのパスワードを変えたいのだが、どう探してもパスワード変更の画面が分からない。こういう時は Google …と思ったのだが、Google でもヒットしない。謎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エンゼルバンクの「AK45」とゆとり教育の関係(2)

アルファベットの裏は必ず数字なのかという話になっているので、ちょっと考えてみた。Kの裏に数字が書かれていない場合に「数字は偶数である」が成り立つのかという話である。数字がないのだから偽と考えるか、数字がないのだから「数字は偶数」という条件は満たしていると考えるべきか。

全ての要素が偶数の集合があるとする。この集合の任意の部分集合に含まれる要素は偶数か。要素があれば簡単だが、φ(空集合)はどうかという問題になる。「含まれる要素」を問う場合に、含まれている要素全てに対して条件が満たされていればいい。一つも要素がない場合「含まれている要素」がない。

反証的な方向で解釈すれば、この条件に何も反していないのだから条件は満たされている、という解釈ができる。検証的に考えると、条件を満たした要素が何もないのだから条件を満たしているとはいえないという解釈もできる。

数学的には「2月30日は金曜日である」という命題は真か偽か。日常生活的にはナンセンスである。ナンセンスというのは真偽を考えること自体がおかしいというメタな解釈なのだろうか。

ところで、AK45の問題なのだが、実は自分的に一番気になったのは、このカードに裏があることは保証されているのか、ということだ。または、裏が2つ以上あることはないのか、という話。あるいは、量子力学的には、見るまで書かれている内容が決定できないようなことはないのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今の中学生や高校生は偏差値が何なのか分かっているのだろうか

昨日書いたのを読み直してみて思い出したのだが、よく質問掲示板で、定期テストで○点取ったのですが、大丈夫でしょうかとか、これはヤバいでしょうか、という質問をする中学生がいる。多分中学生だと思う。もしかしたら高校生かもしれないが。

仮にテストで90点取ったとしても、もちろん何点満点か分からないと評価できないし、他の人の点数も分からないと評価できないのだが、そのようなことがもし分かっていないのだとしたら、もしかして「偏差値」の意味が全然分かっていないのではないか、という想像に至るということで。

もっとも、前回のテストの偏差値が55で今回が45になっていまいました。大丈夫でしょうか、のような質問をする人は見たことがない。もちろんあまり大丈夫ではない。としても、これだって、そのテストが進学校の中のテストなのか、全国一斉模試なのか、そういう前提条件でいろいろ結論は変わると思うのだが、

もしかすると、学校内の偏差値でなく、全国レベルに換算して評価する、というようなこともやっているのだろうか。

大阪府だっけ、他もそうかもしれないけど、全国テストの結果を発表しないというのは、実はその意味を分かっている先生がいないというのが原因かもしれない。本当だとしたら恐ろしい話だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ということで温暖化の話なのだが

科学というのは法則がちゃんとあって、それを適用して結果を想定できるものをいう。例えば、温度が1℃上がると体積は0℃のときの1/273倍だけ増える、という法則がある(シャルルの法則)。これを使えば、温度変化に対する気体の体積変化が計算できるのだ。

では、CO2が温暖化に影響するという話。CO2の大気中の量が倍になったら、平均気温は一体何度高くなるのか。この式を見たことがない。いや、実際は見たことがある。どういう法則かというと、CO2が何%増えたときの平均気温の差を比べてみたら、何℃違っていた。だから、何%で何℃変化する、というようなものだ。

これがどの程度トンデモかというと、こういう例を考えると分かりやすい。ある人が毎日30分勉強したら、実力試験の偏差値が5上がった。だから、毎日60分勉強したら、次の実力試験の偏差値は10上がるに違いない。そういう理論なのである。

つまりこれは、偏差値が上がったのが勉強したからだ、という大前提が最初からあって、それを元に想像している訳だが、なぜか地球温暖化の話になった途端に、この理論が科学的なものになってしまうのだ。本当は偏差値が上がったのは単なる偶然かもしれないし、他の人がたまたま勉強しなかったからかもしれないのだ。

*

というのを書きたかったんですが、多分。Enter で本文なしの投稿になるとは予想外だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化の件…ってああなったのか、なるほど

タイトルを書いている時に間違って enter 押してしまったら「反映中」となって戻ってこなくなった。素人ならフリーズしたかと思う所だが、ココログなので3分待っても帰ってこないうのは当たり前ということで、他のことをしてから戻ってきたら、なるほど、タイトルだけで公開したことになったのか、みたいな。

反映中になってしまったらキャンセルも何もできないのだろうか。ていうか、enter でいきなり登録というのはUIとしておかしいような気がする。いやもちろん削除よりはマシなんだけど。

ちなみに書きたかったことはもう書く余力がないのでまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化の件d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化の件

もしかして…で済ました方がエレガントな気がしたのだが、蛇足しておく。地球温暖化の原因の説明は、CO2の増加と地球の気温上昇のグラフが似た動きをしているので(※それが既に間違っている、という説もある)、CO2が増加すると平均気温が上昇する、という理論である。どこがおかしいか説明するパワーが出ない位無茶苦茶な理論で、これが通用しているというのが世の中の面白いところだ。

ちなみに、今日の ashai.com には、太陽の活動が弱まっていて、このままだとミニ氷河期に入る可能性がある、という記事が出ていた。ってことは温暖化、解決ですね。

http://www.asahi.com/science/update/0601/TKY200906010159.html

本格的な氷河期になったらどうするつもりだろう?

ちなみに、もし太陽が活動をいきなり停止したら、氷河期どころではなくなって人類は滅亡するはずである。流石に対策のしようもないので、そういうのは考える必要もないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンゼルバンクの「AK45」とゆとり教育の関係

ゆとり関係ないだろ、と言われそうな気がしないでもないが、問題はこうだ。「A」「K」「4」「5」の4枚のカードがある。この場合に「カードの片側にローマ字の母音が書いてあれば、その裏面の数字は偶数である」というルールが成立していることを確認するには、最小限どのカードをめくればよいか。

モーニング2009年25号、26号に出てくる問題なのだが、この問題の正解率が4%と書いてあったからびっくりした。1分で解く問題らしいのだが、もちろんこんなのは10秒で解ける。まずAをめくってみる、これを間違える人は流石にいないはずで、いくら何でもこれを間違うというのはゆとりどころではない。

あとはK、4、5だが、この種の問題は中学校で習った対偶というのを使えば簡単に解ける。対偶は元の命題と同値であるという法則を使えば、このルールは「裏面の数字が偶数でなければ、カードのもう片側にはローマ字の母音が書いてない」と同値である。つまり、5をめくってみて、裏が母音でないことを確かめればいい。

この簡単な問題の正解率が4%というのは、もしかして最近は「対偶」という概念を教えていないのではないかと思ったのだ。私は確か中学校で習ったような気がするのだが…。

漫画では「簡単な問題にみえて…」とか書いてあるのだが、簡単な問題に見えるのではなく、実際簡単である。しかもそれだけでなく「論理を扱う専門家でも間違える」と主張しているから驚愕だ。まてよ、CO2が温暖化の原因だというのはもしかして…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

最近よく雨に降られる

最近というのは先週からの話なのだが、駅に着いたらびしょぬれという笑えないレベルの雨である。余裕があれば小雨になるまで待てばいいのだが、終電の都合でそうも言ってられない。

日曜日は途中で陽がさしてきたので晴れるのかなと思ったのが一瞬で、その後は冗談にもならないような大降りが2時間ほど続いてどうにもならなかった。噂によれば強烈な雨男(女?)がいるらしい。砂漠に行けば感謝されるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »