« もうすく七夕ですよねぇ | トップページ | 夜風は体に毒だというのだが »

最近の若い者は「おっかねぇ」ということを知らない

君子危うきに近寄らずという位だから、普通の人は危ないことを平気でする訳だが、Yahoo!知恵袋のFAQの一つに、不要と思われるファイルを削除していたら音が出なくなった、というのがある。もっとヒドいのだと Windows が立ち上がらなくなるのだが、音が出なくなるというのが結構多い。

これはサウンド系のデバイスドライバだか、あるいは設定ファイルだか知らないが、その手のシステムファイルを削除してしまったのだと思うが、だいたいそういう重要なファイルが気軽に消せるシステムがおかしい。Linux だと有り得ないような無様な話だが、もちろん今時の Windows ユーザーが、新しいプログラムを使ったり、既存のプログラムを更新したいときに困るので、常に管理者権限でパソコンを使うというのは常識だから、そこを責めるつもりはないのだ。ということで責任転嫁してどこを攻めるかというと、どれが不要なのか分からないのに消す方が悪い、という方向なのである。

私なんか、相当ソフトウェアは詳しい方だと思うのだが、それでもC:ドライブにあるファイルを直接削除するのはかなりの勇気がいる。要領【!】が足りないからファイルを消したら音が出なくなりました、というのは、そう思えばある意味、ITの勇者だ。

ていうかまあ、単に無謀なのだが。

|

« もうすく七夕ですよねぇ | トップページ | 夜風は体に毒だというのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/45178099

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の若い者は「おっかねぇ」ということを知らない:

« もうすく七夕ですよねぇ | トップページ | 夜風は体に毒だというのだが »