« 忌野清志郎さんがお亡くなりになったそうだ | トップページ | SECOM の警報が鳴っている »

雨上がりの夜空に、という曲はいつもパチンコでかかっていた

RCサクセションというグループのファンでもないのにこの曲は何度も聴きまくった、というか聴かされまくった。というのはパチンコでいつもかかっていたからである。いつの話なんだ。その時は曲名も知らなかったのだが、当時は金がなくなったらパチンコに行って稼いでとりあえずメシ代稼ぐみたいな生活していたから、半日とか一日パチンコしているというのは珍しくなかったのだ。生まれてから一度もタバコを吸ったことはないのだが、タバコを持ち歩いていたのもこの頃である。パチンコの席を取るのにタバコの箱が必要だったからだ。

ひきこもりなんて言葉も今では普通にあるようだが、当時もし「ひきこもり」になっていたら10日で餓死していたと思う。だったらバイトでもしろよというのはその通りで、実際その後、バイトに明け暮れて学校に行かなくなったりするのだが、

知恵袋で人生の意味が分からんとか、仕事して3日だが合わないので辞めたいとか、そういう人に言えるものならオマエラそういう生活一度してみろ、人生観変わるから、と言ってみたい。まあ言っても無駄なんだけど。そういう奴らに出来る訳ない生活なんだから。だいたい、こんな面白い生活、教えるのがもったいない。教えたとしても、星空がダイヤモンドに見えるような感性、死ぬまで頑張っても持てないだろうと思う。

それでもRCサクセションのアルバム全部聴いてみてからもう一度同じ質問してみろ、位は言ってみてもいいかもしれない。あーでも2枚か3枚しか聴いたことないなぁ。

|

« 忌野清志郎さんがお亡くなりになったそうだ | トップページ | SECOM の警報が鳴っている »

コメント

「こんな夜に発射できないなんて」という歌詞を、妙に良く覚えてます。Fsakeのオフでカラオケで聞いただけですけど。
(^^;)

投稿: 楊柳(やなぎ) | 2009.05.04 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/44888259

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの夜空に、という曲はいつもパチンコでかかっていた:

« 忌野清志郎さんがお亡くなりになったそうだ | トップページ | SECOM の警報が鳴っている »