« 折角はやく帰れる | トップページ | ポイントのひみつ(2) »

ポイントのひみつ(1)

Yahoo!知恵袋に面白い話が出ていた。某量販店のポイントで実質他店より安くするというのは詐欺ではないかというのだ。

ふ「詐欺というのは過激な話やね。

U「いきなり出てこないでくださいよ。久々なので自己紹介しておきますが、たまに出てくるUちゃんです。

ふ「たまというか稀だよな。

U「どうでもいいですが、何が詐欺なんですか?

ふ「つまり、他店で8,050円のものがあるとしよう。某店はこれを10,000円で販売するのですが、20%のポイントが付く。つまり、2,000円分のポイントが付くから、実質いくらかな?

U「10,000円払っているけど、2,000ポイント差し引いて、実質8,000円ですか?

ふ「とすると、確かに他店よりも実質的に安いね。

U「じゃあ問題ないのでは?

ふ「ところが帰りがけにもう一つ、欲しいものを見つけてしまった。値段はさっきと同じ、他店で8,050円です。

U「うまいこと陳列してありますね。

ふ「品物をストーリー付けて配置するのは今では常識です。ラーメンの売り場のところにメンマも煮玉子も置いてあるのはそのためです。まあそれはおいといて、これも某店では20%のポイントを付けています。

U「つまり、2,000円相当のポイントですね。

ふ「そうは問屋が卸しません。今この人は2,000円ポイント持っているでしょ、使わないともったいないから使いましょう。

U「使うと何か変わりますか?

ふ「ポイントは現金で支払った金額に対して計算するのです。ここポイント。

U「寒いギャグを言わないでくださいよ。つまり、2,000ポイント使った残りの8,000円に対してポイントが付くってことですよね。

ふ「そう。

U「だから 8,000×0.2 = 1,600ポイントか。つまり、最終的には18,000円払って1,600ポイントが残る。ってことは、実質的には 16,400円で買ったことになりますね?

ふ「だったら、最初から他店で 8,050円のものを2つ買っておけば、実質 16,100円だから300円得をする。

U「あれ、本当だ。

ふ「もちろん、詐欺じゃないという反論はあります。典型的なのは、2度目の品物を買うときにポイントを使うからいけないという主張です。

U「ポイントを使わずに買うのですか、ということは、2度目も2,000ポイント得ることになる。20,000円払って合計4,000ポイントだから、実質16,000円。やっぱりこの店の方が得なのでは?

ふ「その反論は一見正しいように見えるけど、一つ強烈な条件が必要になりますよ。

U「はて、どんな条件ですか?

ふ「この論理を成り立たせるためには、永遠にポイントを使わないという前提が必要になるでしょう?

U「そうですね、途中でポイントを使ってしまった時点で、均衡は崩れることになる。

ふ「永遠に使えないポイントは、何もないのと同じですよ。

U「それもそうですね。

ふ「だったら、実は実質 16,000どころか、実質20,000円払ったことになっていて、大損してませんか?

U「それも極端な話やね。

(つづく)

|

« 折角はやく帰れる | トップページ | ポイントのひみつ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/44104938

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントのひみつ(1):

« 折角はやく帰れる | トップページ | ポイントのひみつ(2) »