« おや忘れたか | トップページ | 無意味に大きな画像を久しぶりに »

キモいという言葉における省略技法

一般に、言葉を省略するときは、省略されていない部分だけを見て肝心な所が分かるようにする。

例えば高校三年生は高三と省略する。これを高生とか三年と省略してしまうと、誤解が発生する可能性が激増する。

「キモい」という言葉だが、これは「気持ち悪い」から来ていると言われている。ところが、元の「気持ち悪い」で一番重要な部分は「悪」なのに、これが省略されているから、単純に考えると、「キモい」だけでは「キモチワルい」のか「キモチイい」のか判断できない。つまり、これ自体がキモい言葉なのだ。

逆に考えてみると、わざわざ一番重要なところを省略しているのは、あえてその情報を与えない隠語的な使い方ともいえる。「キモい」と言われた相手が「どこが悪いのだ」と反撃してきたときに、「誰も悪いとはいってない」と逃げることができるのだ。そう解釈すれば、セコイというか、ズルいながらもよく出来た言葉である。

|

« おや忘れたか | トップページ | 無意味に大きな画像を久しぶりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/43820133

この記事へのトラックバック一覧です: キモいという言葉における省略技法:

« おや忘れたか | トップページ | 無意味に大きな画像を久しぶりに »