« 景気対策より雇用対策という声があるようだが | トップページ | おや忘れたか »

久しぶりにお金を拾った

下ばかり見て歩いているとよくないという話があるそうだが、どうみてもお札のようなものが落ちていた。皆さん素通りするのだけど、気になるからもう一度戻って拾ってみると、確かにお札である。

ということで交番に届けた。まず権利放棄するかと質問されたが、そんな訳がない。裸のお札の持ち主が殆ど出てこないというのは知っている。誰も名乗り出なければ、合法的にmy money になる訳だ。ということでいろいろ個人情報を教えまくって書類をもらう。

この時、落とし主が現れたら相手に連絡先を教えてもいいかとか、いろいろ細かいことに同意を求められた。何か法律が変わって、ややこしくなったらしい。裏面を読めば、拾得物の権利放棄には、報労金の権利放棄と所有権の所得権利の放棄の2種類があって、別々に指定できるらしいのだが、交番ではそういう説明はしてくれなかったので、両方の権利を主張したことになってしまった。いや、別にそれでいいのだけど。

逆に考えてみると、お札を落とした時は、交番にどうやって届け出たらいいのだろうか? 仮に誰かが拾っていたとして、それが落としたお札であることは、どうすれば証明できるのだろうか? まさか番号を控えている訳がないし。指紋とか残っていそうにないし。

|

« 景気対策より雇用対策という声があるようだが | トップページ | おや忘れたか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにお金を拾った:

« 景気対策より雇用対策という声があるようだが | トップページ | おや忘れたか »