« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

風邪っぽいのだがちなみにSo-net横断ビンゴ

ちょっとタンが出る感じになってきたのでヤバい。しかし不思議なことに頭痛がない。いつもは最初に頭痛で困るのだが。

ところで So-net 横断ビンゴ、今月は皆勤した。しかし確か今月から条件が変わって、全ての日を制覇ではなく、25日以上参加したらポイント、だったと思うのだが、画面には「期間中すべての日付にスタンプを集めてくれた方には30ポイントをプレゼント!」と書いてある。

世の中、仕事がないという噂もあるのだが、So-netのスタッフはこの種のデータ修正をする暇もないほど人手不足なのだろう。あるいは、業績の問題で人を増やせないのかもしれない。まさに厳しい状況か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IME のコントロール

ログイン画面でいつも勝手に「かな入力」モードになっているページがあって、うっかり「つたも」とかタイプしてから慌てて Backspace して入れなおす、みたいなことを毎日毎日繰り返しているのだが、これって要するに世の中 IME の切り替えを自分でやらない人が大勢いるということに他ならない訳だが、

私の場合、カナで入力したければ自分でモード切替キーを押すので、そんな設定は迷惑以外の何物でもないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪っぽい

咳が止まらなくなった。ヤバイのかもしれない。

パソコンも何となく調子がおかしいので不思議だったが、よく見るとハードディスクの空きが残り500MB程度になっていた。これはヤバいということで、慌てて2GB程度空けたのだが、使わないファイルが多すぎるので何とかしないといけない。

ということで、新しいハードディスクを買ってコピーして、というのがいつものパターンなのだが、どうも今回はハードディスク買う予算がないので厳しいし、どうしたものか。

とか書いて保存したら更新中に Firefox が落ちてしまった罠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地市場パート2

いかんなー、またきてしまったではないか。だいたい間際になるとバグが見つかるというのは、どうにかならんのか。
ていうか、もしかして、いつも間際感覚でいれば効率的にバグが見つかるのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地市場

なぜかそんなところに居る。ああっバッテリーがっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像

本文なし。

Dsc00222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像でちょっと

アレ書く予定だったけど時間がないので先にこれで埋めておく。

要するに曇天。心象風景としては絶妙。

Dsc00191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪っぽい

いつものことだから頭が痛いというのは気にしないのだが、いつもと痛いところが違うというのが気になる。何となく風っぽい訳だが、もしかしたら予防注射を打ってあるので、インフルエンザに軽くかかるというのがあり得るのだろうか?

土曜日に家にいるというのは久しぶりのような気がする。IQサプリの問題が変わっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米百俵

「なぜだ、定額給付金は現金で世帯に配布すると言ったではないか、なぜ撤回して学校を作るなどと言い出したのだ?」

「拙者の家なんか、毎日かけそばしか食えないのだ。どれだけ給付金に期待していると思っているのか」

「まあ聞け、1世帯ン万円配ったところで力石に水、それよりも将来の日本がアレでそういう訳で教育は大事なのだ。」

「そうか、おぬしそこまで日本のことを考えていたのか。感動した。」

ということで定額給付金は撤回して教育費を増額することになったのである。この時は、それがまさかゆとり教育に使われるとは知る由もなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像を久しぶりに

何か忙しいというのが本当に忙しいのでこういうので埋めておく。週末は多分アレ書けそうだ。

こいのぼりが見えるということは、そういう季節に撮影したのだろう。

Dsc00145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キモいという言葉における省略技法

一般に、言葉を省略するときは、省略されていない部分だけを見て肝心な所が分かるようにする。

例えば高校三年生は高三と省略する。これを高生とか三年と省略してしまうと、誤解が発生する可能性が激増する。

「キモい」という言葉だが、これは「気持ち悪い」から来ていると言われている。ところが、元の「気持ち悪い」で一番重要な部分は「悪」なのに、これが省略されているから、単純に考えると、「キモい」だけでは「キモチワルい」のか「キモチイい」のか判断できない。つまり、これ自体がキモい言葉なのだ。

逆に考えてみると、わざわざ一番重要なところを省略しているのは、あえてその情報を与えない隠語的な使い方ともいえる。「キモい」と言われた相手が「どこが悪いのだ」と反撃してきたときに、「誰も悪いとはいってない」と逃げることができるのだ。そう解釈すれば、セコイというか、ズルいながらもよく出来た言葉である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おや忘れたか

昨日書いていないような気がする。もうちょっと早く対応できれば問題ない訳だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにお金を拾った

下ばかり見て歩いているとよくないという話があるそうだが、どうみてもお札のようなものが落ちていた。皆さん素通りするのだけど、気になるからもう一度戻って拾ってみると、確かにお札である。

ということで交番に届けた。まず権利放棄するかと質問されたが、そんな訳がない。裸のお札の持ち主が殆ど出てこないというのは知っている。誰も名乗り出なければ、合法的にmy money になる訳だ。ということでいろいろ個人情報を教えまくって書類をもらう。

この時、落とし主が現れたら相手に連絡先を教えてもいいかとか、いろいろ細かいことに同意を求められた。何か法律が変わって、ややこしくなったらしい。裏面を読めば、拾得物の権利放棄には、報労金の権利放棄と所有権の所得権利の放棄の2種類があって、別々に指定できるらしいのだが、交番ではそういう説明はしてくれなかったので、両方の権利を主張したことになってしまった。いや、別にそれでいいのだけど。

逆に考えてみると、お札を落とした時は、交番にどうやって届け出たらいいのだろうか? 仮に誰かが拾っていたとして、それが落としたお札であることは、どうすれば証明できるのだろうか? まさか番号を控えている訳がないし。指紋とか残っていそうにないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気対策より雇用対策という声があるようだが

テレビでそういう感じのことを言ってたので気になった。もともと、景気対策と雇用対策はセットになったものである。景気がよくなれば自然に人手も必要になる。ただし、これからはそうとも限らないかもしれない。人件費をカットしつつ(雇用をへらしつつ)生産性を上げるためのインフラはかなり熟成してきているからだ。

景気が悪いまま雇用対策するというのは、普通に考えると不可能である。利益が出ていないのに雇用して人件費を増やすと倒産するだけだし、生産を増やしても在庫が増えるだけなので当然である。だから、どちらかというと景気対策が先で、その後雇用ということにせざるを得ない。

しかし、雇用されないとモノも買えないから景気もよくならない、というデススパイラル状態で、先に景気をといっても難しい。そこで一般には、国政が出てきて、意図的に需要を増やして雇用機会を増やそうとするのだが、某党代表の言っている震災対策とかソーラパネルの話。何ともスケールが微小というか、一体何人の雇用を見込んでいるのか見えてこない。数百人程度で済んでしまいそうな気がする。

その某党、確か1千万人を海外から移民させて労働力を増やすという話をしているはずだから、数百万人ではなく、千万人規模の雇用機会を増やさないと、さらに失業者が増えることになるのだが、もしかして増やした雇用機会に海外からの労働者を割り当てて景気をよくするというビジョンがあるのだろうか?

それならイケるかもしれない。日本の失業者には短期的には何の救済にもならないが、今より1千万人失業者が増えた状況でも景気がよくなれば、その先という話もあるのである。とはいっても、いくらヘタっている日本といっても、1千万人失業者が出たらクーデターが起きるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

bk1踏み忘れた

毎日ボタンを押して、皆勤だとポイントがもらえるというサービス。先月は成功したのだが、ここに来て失敗。

土曜日に踏み忘れていた。基本的に早朝、朝、夜とチェックしているのに、それだけ念を入れても忘れるというのが凄い。基本的には忙しい日に忘れることが多いのだが、01:00頃に check しているという先入観があって、そこが危ないのかもしれない。

となると、皆勤はアウトなので、20日踏めばあとはどうでもいい感じで、bk1離れが進むのである。

So-net の方は毎日踏んでいるのだが、なかなか揃わないのでモチベーションが低下しまくっている。トラブルがあった日は結構探しまくったが、

2009111801

このときのヒントは「2009年は「So-net  光」でTVを楽しもう」で、そのものズバリのコーナーがあるから探したのだが、全然なかったのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに mixi をケータイから

mixi モバイルというのを、たまに見るのだが、久しぶりに見た。今はケータイがないと mixi に入会できないはずだが、ケータイで mixi を見ている人は、一時期結構みかけたものだ。最近はあまり見かけない。皆さん、ゲームをやっている。

mixi へのケータイからの投稿はメールを使っているので、あまりモバイルページを見る必要がないのである。見たいときは大抵pcが使えるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆりね」が葉であるというのは知らなかったのだが

百合根で漢字は合っているだろうか。Yahoo!知恵袋に「ユリの根は葉ですか?根ですか?」という質問が出ていたので、そりゃまあ「ね」という位だから根なのかと思ったら、葉が変化したものらしい。そういわれてみると、根というよりは葉に近い感じがする。植物学的には根ではなく地下茎だそうだ。

アジトに行けばユリが自然に生えていて、もちろん根は食えるのだが、サルに食われてしまうという説もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと風邪っぽい

ような気がする。とはいっても熱がある訳でもないし、頭痛というほどでもない。
ミクシィの方はさながら夜食日記のようになってきたが、意外と続いている。休止しているのが戯言。おもしろいネタは色々あるのだが、時間がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また携帯から

多分バソコン開けば無線LANが使えるのだが、ベンチが恐ろしく少ないのが東京の特徴で、立って使うのも大変だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の100%オレンジジュースが薄い件

気のせいかもしれないが、某所のドリンクバーで、100%オレンジジュースというのを飲んだのだが、まるで10倍カルピスのような薄味だったので、それはないだろと思ったのだが。

もしかして、最近のオレンジが水っぽいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門松の竹の上が斜めに切ってある理由

門松の竹の上の部分が平らに切ってあるものもあるが、斜めに切ってあるものが多い。TV では、神様が尖ったものが好きだという話を紹介していた。

掲示板に「お正月の門松が何故上が斜めに切られているのですか」という質問が書かれていた。下を切ったら倒れるからである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

目にゴミが入ってなかなかとれなかった

シャワーで目を洗ってみても取れない。洗面器に顔つっこんで、目をパチパチ、という定番の技でも取れない。どうしたものかと思っていたが、しばらくすると、涙と一緒に自然に流れたようだ。人体って不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にブチ切れたんですけど

こういうネタはすぐに忘れてしまうので今書いておくけど、帰りの駅でぶつぶつ大声で【矛盾】独り言に熱中していたオッサンの話ではなくて、カバンである。カバンの紐がブチ切れたのだ。よほど重いものを入れているかというと、確かに VAIO BX は重いといえば重いけど、そんなに頻繁に紐をぶち切るような重さなのだろうか?

ていうか、実際には肩紐は切れない。金具が壊れるのである。だったら、全部紐だけで作れば強度も倍増しそうなものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急用ができたので普段乗らない時間帯に電車に乗ったら

いつも乗っている時間なら、どの車両がどの程度混んでいるか分かっているのだが、そういうノウハウがないと、何両目が空いているのか分からない。時間帯別の混雑度合いを調べたようなサイトはないのだろうか。

ただし、そのようなサイトがあったとすると、車の渋滞情報のように、空いているところに大勢が向かったために混んでしまうというフィードバックが発生するかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶたまんと肉まんの違いとは

確か関西でいうところの「ぶたまん」は、関東の「肉まん」と同じものを指していたと思うのだが、肉まん、いや豚まんにソースを付けるかしょうゆを付けるか、あるいは何もつけないか、という所でまた議論があるらしい。私の場合はソースなんですね、経験的に。

で、これは誰がどう見てもブタマンに決まっている。

2008122801


| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっとインスタントコーヒーをオフィスに持っていくことができた

もって行くのを忘れるのである。近所のスーパーの特売で買った。コンビニで買うと800円ほどするものが、特売だと200円とかで売っていることがあるのだ。これが、オフィスの近くの駅で降りた所でいつも思い出す。

不思議だったが、もしかすると駅を出たところにドトールがあるので、それを見て思い出しているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯から

地下鉄で圏外になってしまうのはどうにかならんのか、とか思いつつ、今朝の電車はやたら乱暴な運転だった。

これには訳があって、かなりダイヤが乱れていたらしい。急ぐと急発進したり、急ブレーキをかけたりすることになる。結果は前の電車がつまっていて、時間待ちするしかないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タクシー業界は不況で大変だと思ったのだが

おもいっきり乗車拒否された。

値上げの後、客が減って収入が減り、さらに不況で客が減り、大ピンチなのかと思っていたが、客を選べる余裕があるのなら、たいしたことはないようだ。そういえば、職を失った人がタクシー運転手になる、というようなテレビ番組を見たような気がする。意外と不況知らずか、タクシー業界?

逆に考えてみると、長距離客だけ乗せるような選び方をしないと成り立たない、というような佳境に至っているのかもしれないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指を怪我した上にさらに指を怪我したらタイプしにくい

右手の薬指の指先を椅子で踏んづけるという過激な怪我をして、指先を湿布した状態。痛みも引いたし、普通の生活なら特に何の問題もなさそうな部位なのだが、キーをタイプするときに非常に困る。かといって、こういう時のために代替の指使いを練習するほどのものでもない。

この状態で、さらに薪を暖炉にくべる時に右手の人差し指の付け根に棘が刺さるというアクシデント。

「世の中は「質問」とそうでないものの2つに大別されると思っているような人がいるのですが」という非常に興味深いネタをもらったのでコレについて書いているのだが、うまくまとまらない。心理学の文献で、二者択一的な選択を迫られた場合の行動心理学的分析があると思うのだが、それも見当たらない。

abstract だけ書いておくと、大抵の人は、何か「する」「しない」という二者択一的結論を出す必要がある場合に、ファジーな結論からバイナリな結論に変換する処理に慣れている、というような話。つまり、大別されるのではなく、全ての対象を本当に2つに分けているのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像シリーズも残り僅かとなりましたが

無意味に大きな画像とわざわざ書いているのは、そう書くことによって、見る人が本当に無意味なのだろうかと疑問を持つことを期待しているのである。マズいラーメンという看板を出したら行列が出来たという伝説もある。

さて、タンポポです。漢字だと蒲公英。まさに読めそうにない。西洋種と日本種があるそうだが、これはどちらだろうか。

タンポポの根は薬になるらしいが、実際に食べたことはない。

子供の頃、タンポポの種が耳に入ると耳が聞こえなくなる、という噂があった。実際にタンポポの種で聞こえなくなったという人は見たことがない。

Dsc00111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日続けることとモチベーションについて

危なく bk1 の足跡を付け忘れるところだった。2日目で失敗というのを過去何度もやっているのだが、一か月皆勤でポイントが付くサービスの場合、1日逃したらその後モチベーションが激減して、その後ずるずると後退してしまう。

あるプロ野球選手が、連続記録を途切れた後に続けることが一番難しいと言っていたが、逆に考えてみると、連続記録を更新している間は、記録を更新すること自体がモチベーションになっているのである。本末転倒かもしれないが、モチベーションを維持するための一つの手法としては頭に入れておくべきであろう。

So-netの横断ビンゴは、皆勤で30ptもらえるというルールだったが、今年から、月間25日以上で20ptというルールに変わった。モチベーション的には微妙な数字である。

ということで、ココログは毎日書くことにはしていないのだが、とりあえず書いてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします、と書くのが慣例ですが、今年の抱負はアッチにも書きましたように「逆に考えてみる」ということにしました。逆といえば、裏から見てみるという言い方もありますが、そう考えればここはもともと裏なので、「素直に考えてみる」というのがよかったような気がしてきました。

早速、逆に考えてみますと、…

あれ?

訳が分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »