« 書評: あいうえおの本、安野光雅著 | トップページ | 無意味に大きな画像をこんな所からuploadすると顰蹙なのかもしれないが »

ということでRuby会議なのだが

足がいまいち完治しないので、つくば駅から大変なことになりそうだが、どうにでもなるだろう。むしろ問題は電車代の方だといえる。

想定外の人数だとどうしたらいいのだろうか。例えば1000人の会場に1万人来てしまうとか。あるいは10人とか。そういう極端なことはないと思うけど、この種の会合って、チケットなしの場合にはどうやって参加者数を見積もるのかという話。

名刺でも用意しようかと思ったのだが、暇がないので作っていない。だいたい名刺に何書くかという話もある。フリーライターというのもヘンだし。ブロガーという程のアクセスもないようだし。

|

« 書評: あいうえおの本、安野光雅著 | トップページ | 無意味に大きな画像をこんな所からuploadすると顰蹙なのかもしれないが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/41585604

この記事へのトラックバック一覧です: ということでRuby会議なのだが:

« 書評: あいうえおの本、安野光雅著 | トップページ | 無意味に大きな画像をこんな所からuploadすると顰蹙なのかもしれないが »