« 無意味に大きな画像は…えーと、何だこれは? | トップページ | 光市母子殺人事件の死者が1.5人だという件は、やはり2人ではないのか »

もしかしたら官房長官は万一に備えて現金を銀行に預けるのではなく自宅の金庫に保管しているのかもしれない

後期高齢者医療制度の話題だ。 「【官房長官会見(2)】「慣れれば便利な制度に 後期高齢者医療制度の保険料年金天引き」(1日午前) (3/3ページ)」 で、官房長官が天引きの是非について述べている。 これがレトリック炸裂していて、大勢騙されていそうで結構面白い。

サラリーマンのみなさんは源泉徴収ということで、形でいわば天引きをされている。 これはまことにけしからん制度であると。 自分たちは税金を払いたいんだとおっしゃる方はそれも選択できるわけであります。 しかし、まあ、そういう方は多分、99.9%いらっしゃらない。

流石に国のトップに近い所まで来た人だ。 聞き手をうまくレトリックを使って誤った結論に誘導している。 説得力というのは、理屈よりも心情に訴えるというのが基本だ。 ここに出てくる99.9%という数字は、 レトリックとしては「数字を出して説得力を見せかける」という基本的なものである。 ここでのポイントは、 99.9%という数字に何の根拠もない、 ということだ。

多分官房長官は妄想で言っているだけで、 調査など全くしていないに決まっている。 なぜなら、意識調査した結果が99.9%なんてのは、 まずあり得ないのである。 仮にほとんど全員が片方に属するような極端に偏った状態を調査したとしても、 98.3%とか、 そういう感じの数字が出てくるのだ。 天邪鬼というのは必ず存在するのである。

さらに言えば、 これこそ私の勘というか妄想に過ぎないが、 実際に調査したら、 この数字、かなり違ったものになると思うのだ。 というのは、私の経験では、 源泉徴収はイヤだ、自営業の人のように自分で払いたい、 という人に、今までに結構会ったことがあるからだ。

具体的にいえば、10%程度はそういう人がいるのではないか、と思う。 いや、何の根拠もないけどね、こうやって数字出すと説得力あるだろ。 冗談抜きで、 どこかその手の調査結果はないのだろうか。

まあこれはレトリックの話なのだから数字はこだわらないとして、 もっと論理的に大きな問題点がこの後に出てくる。

しかし、これが慣れてくればですね、 これはまことに便利な制度であるということになるんじゃないでしょか。

制度が便利だというのだ。 一体何が便利なのかも書いてある。

むしろみなさん方が年金を受け取り、そこからまた手続きをとって、 ふた月に1度受け取ったたびにですね、銀行送金なり、郵便局の送金なりという手間を省いているわけでありますから

ハァ?

そんだけぇ~?? 【誰】

とりあえずボケには突っ込んでおくけど既に「郵便局」ってゆうちょ銀行という名前の銀行なんだよね、 というのは気付かなかったことにして、

んなの受け取って窓口でその都度手続きする必要はない。 年金受取口座があるのなら、 手間を省けばいいという話なら自動振替にすればいいだけだ。 電気、ガス、水道のような公共料金、 らさには電話代とか、プロバイダ料金とか、 あるいは固定資産税だとか、 国民年金の支払いとか、 この種の料金はあらかじめ銀行に指定しておくだけで、 必要な時に自動的に必要な金額だけ必要な相手に送金してくれるという便利なサービスがある。 つまり、 口座振替とか 公共料金自動支払いというサービスである。 そういうのを使えば、少なくとも庶民には手間はかからない。

だから「手間」という感覚がよく分からないのだが、 もしかしたら官房長官のお宅は自動支払いというサービスを知らなくて、 毎月窓口まで送金しに行っているのだろうか?

ここで重要なのは、 振替口座を自分から指定できるという点だ。 さらに言うなら、 最近はクレジットカードから引き落とすというのがトレンドだ。 というのは、カードで支払うと、いろいろ特典があるからだ。 ポイントがたまって、それを使って買い物が出来たりするのである。 これはオイシイ。 銀行によってはカード会社を経由しなくてもポイントが付いたりするところもあるし、 どこで支払うかは結構悩みどころでもある。

年金から天引きされたら年金ポイントがたまって年金に上乗せされる、 なんて話は聞いたことがないけど、ないでしょ、そんなの。

というような些細な節約術だって庶民には無視できない話なんだ。 年金から天引きされてしまったら、そういうメリットが壊滅してしまう。 独占禁止法違反とまでは言わないが、 とにかく選択の余地もないという事実だけからでも、 天引きは悪い運用だということがとてもよく分かるのである。

|

« 無意味に大きな画像は…えーと、何だこれは? | トップページ | 光市母子殺人事件の死者が1.5人だという件は、やはり2人ではないのか »

コメント

昔は電気ガス水道料金は集金人が取りに来ていました。いまでも、額が大きかったり、“いい”御家だったりすると取りに来てくれるのかもしれません。

投稿: すのもの | 2008.05.02 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/41062302

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしたら官房長官は万一に備えて現金を銀行に預けるのではなく自宅の金庫に保管しているのかもしれない:

« 無意味に大きな画像は…えーと、何だこれは? | トップページ | 光市母子殺人事件の死者が1.5人だという件は、やはり2人ではないのか »