« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

後部座席の人はシートベルトをしない方が事故にあう確率が低くなる件

ふ「ということで、So-net blog の「今日の戯言」の話の続きです。 暇な方は「車の後部座席でシートベルトをしていないとどうなるかを再現する実験が丸の内で」 を先に読んで騙されておいてください。

U「騙…、いやそういえば、明日から義務付けられるということで、 各社報道に似たような記事がたくさん出てました。 こちらの話題が既に時事評論じゃなくて極論コラム系になりつつあるので、 ココで話の続きをします。

ふ「数字をまとめておくと、まず、後部座席に乗っている人について、 シートベルトをしていた人の致死率は 0.10%、 していなかった人の致死率は 0.53%、 つまり、シートベルトをしていないと致死率は5倍、となっています。 後部座席シートベルト着用キャンペーン/独立行政法人自動車事故対策機構 NASVA(交通事故)

U「はて、毎日.jp の記事には

警察庁によると、後部座席の非着用者の事故致死率は着用者の約4倍に上る。

U「と書いてあるのだが、4倍と5倍はずいぶん違うような。

ふ「警察庁の資料というのが何なのか書いてないので検証しようがないのですが、 資料を紹介しておきます。 http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku69/sb.pdf です。 これによれば、 後部座席同乗者の致死率は 0.09 : 0.34 ですから、約 3.8 倍ですね。

U「なるほど、4倍という根拠はそれなんですね。 だから後部座席でもシートベルトしろ、と。

ふ「しかも、法的にも義務付けられます。 さて、同じ調査によれば、 後部座席でシートベルトをしていた人は一般道の場合 8.8%、 高速道路の場合 13.5% となっています。

U「ニュースにも出てくる数字ですね。

ふ「 先程のデータには、高速で何人死亡したかまでは分からないので、 ちょっとイカサマですが、8.8% という数字を使って計算してみます。 後部座席の死者はシートベルト着用時には21名、非着用時は162名。 仮にシートベルトをしていた人と同じ割合で死者が出たら217.6名になる計算だが、 実際はそれより少ない162名なのだから、 後部座席でシートベルトを着用した場合、着用しない場合よりも死亡率は高い、 という結論を出しました。

U「常識的に考えると、これはおかしい。 シートベルトをしていた方が、していないよりも安全に決まっていると思うのですが。

ふ「一般にはそう言われています。 もっとも、 シートベルトをしていたために腹部が圧迫されて内臓が…というような事故もあるかもしれない。 実際、実験時にその種の危惧が指摘されているようです。

U「まあでも、そんな衝撃が加わるのなら、 シートベルトしていないと車内のあちこちに激突して腹部どころじゃないですから、 どっちみち助からないのでは。

ふ「確かに。 もっとクリティカルなのを想像すれば、 海に落ちてしまって、シートベルトが外れなかったために溺死するとか、 地上でも、事故の衝撃でロックが外れなくてもたもたしているうちに出火・炎上して焼死してしまうとか。

U「論理的にシートベルトをしていたために死亡する、というような例は考えられる、 ということですね。

ふ「頻度はおいといて、可能性としてはあるでしょうね。

U「話を戻しますよ、 計算上、シートベルトをしない方が死ぬ確率が低いが、致死率は高い、 というヘンな結論になったとして、 そのココロは?

ふ「そもそも、シートベルトをしているのとしていないのとでは、 事故率が違う。

U「運転手のシートベルト着用率は95%ですね。 これから計算して死傷者数を比較してみると、 運転者着用の死傷者が496,201名。非着用は11,978名。 もし同じ割合で事故が発生したとすると、

496,201 × (5 / 95) = 26,116

U「しかし実際の死傷者は11,978名で約半分程度、 ということは、 シートベルトを着用していないと、 事故に遭う確率が着用時の半分程度になっている。 つまり、シートベルトをしていない方が事故に遭わないってこと?

ふ「 シートベルトが動きの邪魔になったために事故回避できなかった、 というようなこじつけは可能です。 ていうか、そもそもシートベルトをすれば事故が発生しないとかするとか、 そういう考え方がおかしい。

U「シートベルトに事故防止効果がある訳じゃないからね。 事故るときはシートベルトしていても事故る。

ふ「ただ、全く関係ないかというと、そうでもないかもしれない。 例えば、シートベルトをする人は安全運転する傾向があるかもしれない。 その結果として、シートベルトをしている人の事故率が少なくなるでしょう。 つまり因果関係がなくても相関関係はあるかもしれない。

U「あるいは、運転手自身が危険度が高いと思ったのでシートベルトを着けるような場合。 この場合は当然、事故率も高くなる。

ふ「昔は交通戦争なんて言葉があったんですけどね。 武士だって日頃リラックスしているときは普段着でのんびりしている。 これが戦争に行く時は甲冑を着ける訳です。 そして戦場に行って怪我したり、殺されたりする訳ですが、 では、鎧や兜を装着したら危険なのかというと、 そうじゃなくてむしろ安全なのですが、 それを着けてわざわざ超危険な場所に行くのだから、 結果的にその状態での事故率は、普段着でのんびりしている時よりも桁違いに高くなる。 じゃあ鎧を着けたら危険になるのかというと、 そうじゃなくて、 そもそも危険な所に行くことが危険なのであって、 それを鎧を使って緩和しても、行かないよりは危険なんです。

U「シートベルトすると安心して危険運転してしまうので事故になる、 みたいなことはないですか?

ふ「どうなのかな、そこまで余裕というか考えて運転していないような気もするけど。 ちなみに、運転者の死亡率はどうなのでしょうか?

U「着用死者809人に対して非着用死者が898人。 着用率は95%だから、 809 × (5 / 95) = 42.5 ということで、 今度は圧倒的に死亡率が高い。

ふ「同じ割合で死者が出るとしたら42.5人になるはずなのに、 実際は898人も死んでますからね。

U「つまりシートベルトしていないと死ぬと。

ふ「だとすると、 後部座席の場合と矛盾しているのでは。

U「いや、そんなことはないでしょ。 シートベルトをすれば、後部座席の場合は死亡率が高くなるが、 運転席の場合は死亡率が低くなる。 別に矛盾はしていない。

ふ「長くなったのでここで一旦きります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はジュース

何かネタがない感がしないでもないですが、これは美味しいそうです。実は私は飲んだことがない。

Dsc00264


| | コメント (1) | トラックバック (0)

VINLAND SAGA

ヴィンランド・サガというコミックが月刊アフタヌーンで連載されている。 イングランドの王位継承で化け物みたいな戦士がチャンチャンバラバラみたいな感じのバトルマンガなのだが、 本編はとりあえずそういうことで、 これの単行本広告のページが異様に面白い。

絵を描いている人は熊谷杯人さんというのだが、 どうみても水木しげる絵なのである。 まさか本人ではないと思うのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はトリミングも縮小も面倒なのでそのままだという横着な話で一日乗車券

一日乗車券というのは、これを持っていれば都営の電車、バスに一日に限り乗り放題という便利な切符である。700円だから、目安としては、260円の区間に3回乗るとか、310円の区間に2回とバス1回で200円、という感じの使い方がわかりやすいと思うのだが、…

Dsc00277

バスに乗れなかったじゃないか、どうしてくれましょうか?

ちなみに、通常はこんな感じで日付がプリントされているのである。

2008052201


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像ですがこっちは有名な野うさぎの走り

見れば分かる罠

Dsc00255


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は先日飲んだ焼酎なのだが銘柄が分からなくなったので誰か

当ててくれというのは無茶っぽいがラーメン当てる人もいるから、もしかして焼酎をたくなら…。

Dsc00254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はコンクリートの隙間から生えてきた雑草

名前は分かりません。

Dsc00275


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやこんな時間なのにココロが起きている

普段の生活時間帯が合わないのか、いつもココロは寝ているのだが、こんな時間に起きていることもあるようだ。最近寝る時間が遅くなったのだろうか?

1度だけスク水を見たような気がする。昼間にアクセスしないと遭遇不可能だと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミリーマートでお茶を買うときにTカードを出すのが遅れてしまったのだが

清算されてしまったのでカードを出してもポイントが付けられないのである。品物を出す前にカードを出せばよかったのだが、手が塞がっていたりしたのでうっかりした。100円のお茶で1ポイント、仕方ないかー、と思ったのだが、店員さんが「清算してしまいましたので…」と言ったにもかかわらず、少し置いてから清算やり直してポイントを付けてくれた。余計な手間をかけてしまった申し訳ない。

こちらのミスなのでダメで押し切られても仕方ないところなのだが、私のような単純な性格だと、こういうことがあると、また買いに行こうと思うものなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏罰

その昔バーミヤンの石仏を破壊した集団がいた。日本ではそういう行為は罰が当たるといって非常に恐れられているものだが、おそらく今は破壊者達が想像しなかったような状況になっているだろう。

チベットの僧が多数殺されたという噂がある。僧を殺すといえば思い出すのは織田信長だ。表の日本史では執拗に僧への攻撃が明智光秀の反感を増幅させ、最終的に本能寺まで逝ってしまうというストーリーがあるが、裏で一体何があったかは分からない。ただ、僧侶を虐殺し、延暦寺を全焼させ、最後は寺で焼け死んだという事実があるだけだ。

もし本当にチベットで多数の僧が殺されていたら、殺した側にどのような仏罰が下るのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近ズボンとかジーンズを少しずらして履いている女性をたまに見かけるようになったのだが

渋谷系の男性とかなら昔から結構いたが、最近目立つのが女性である。私見としては、かなりダラシない感じというか、ふしだらさ爆発で非常に好みなのである。見方によっては「もらしたかな?」みたいな感じのこともあって、微妙にエロいかもしれない。

ただ、私見としてはやはり、どうもズボンをダブっと履いた感じって、ガテン系のおっちゃんというか、肉体労働者系のイメージなんだよね、自分的には。本人がそういうイメージのつもりでファッションしているのなら別に言うこともないのだが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVのCMで世界の押井守というキャッチフレーズを見たのだが

もちろん押井氏は有名な人だと思うが、世界レベルなのかというのはCMだから脚色が入っているとしてもちょっと怪しいのではないか。カンヌ映画祭にノミネートされたことがあるらしいが(賞をもらった訳ではないようだが)、私の感覚だと世界レベルというのは黒澤明氏のように、海外の監督が真似をする域に達していないとピンと来ない。もちろん、黒澤氏は一般に「世界のクロサワ」と呼ばれている訳だ。

もう一つ流行っぽいことで言いたいのだが、今「世界の」と言ったらどうしてもナベアツのイメージなんだよね。つまり「世界の押井守」といういう文字を見たら何となくナベアツが頭に浮かんで来るのだ。特に3の倍数とか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は桃の木

植えた場所がよくなかったのか、やたら伸びる。

Dsc00228


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は小海線

小淵沢駅にて。2008年5月6日。

Dsc00231


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はロッテリアの絶品チーズバーガー

Dsc00247

評を書けといわれたら難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像で今日は穴埋めというか

これだけ大きな画像を入れてもまだ半分以上余っている。他のブログだと1枚の画像サイズが制限されていて、数MBの画像をそのまま入れることができる所は少ない。というか、そこまで巨大なものを登録するのに価値がある程の画像ではないのだが。

Dsc00008


| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由席は5号車4号車3号車というアナウンスは先頭から言ってるという説

なるほど聞いてみるものだというか、同案多数で先頭車両からアナウンスしているのでは、というコメントを多数いただきました。ありがとうございました。勉強になります。

ついでにと言っては何なのですが一時の恥ということで追加してみたりしますが、同じアナウンスの中でトイレのある車両はなぜ1号車から紹介するのでしょうか?

進行の反対順とか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は今にも降りそうな感じで

動いている車の中からさりげなく撮影したにしては意外とうまく撮れたような気がする。

Dsc00181

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はスミレでしょうかこれは

違うかもしれないが気にしない。それよりも最近は画像を1000万画素に解像度upしたので、みるみるうちにパソコンのハードディスクが侵食されていく。えらいことである。

Dsc00104


| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後の紅茶というのがありますがコーヒーも時間によって飲み分けるのがよいのではないか

厳密にいえば時間じゃなくて時刻かなというのがプログラマー的発想っぽいような気がしたのだが、画像はとあるデパートのコーヒー売り場。朝のカフェパリ、午後のカフェローマ、夕べのカフェウィーン、の3種類である。

2008050501

夜明けのコーヒーがないのは若干残念である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄ちゃんなら常識なのかもしれないが素人にはどうもよく分からない車内放送の理由

JRのあずさという特急。「あずさ2号」というヒット曲もあり、たまに本当に2号を走らせることがあるようだが、新宿発松本行きの電車に乗ったら次のような車内アナウンスが。

「自由席は5号車、4号車、3号車です」

小さい数からカウントするのが普通だと思うのだが、なぜ5-4-3の順に言うのだろう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

光市母子殺人事件の死者が1.5人だという件は、やはり2人ではないのか

ココロはGW真っ只中で切符の指定席も満席のこの日に学校に行っているようだが(しかも居眠りしている)、 日曜も行ってるのでしたっけ、よほど成績が悪いのか、出席日数が足りなくて補習があるのか、 仮想世界では毎日学校いって制服着なければならないという法律があるのか。

1.5人の件、既にブログの該当ページ ( http://okame21.blog87.fc2.com/blog-entry-109.html) が認証しないと閲覧できない状態になっていて直接参照できないが、問題の箇所は多くのサイトで引用されている通りで、こういう話だ。

最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。 対してこの事件は1.5人だ(まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことで すぐ死んでしまうので、傷害致死の可能性は捨てきれないと思っている)。

傷害致死だと「殺人」ではないので0人、どちらか分からないので0.5人とカウントしろ、 という趣旨だと思う。

とすれば、根本的な所がおかしいのではないか。 そう、赤ちゃんはちょっとしたことですぐ死んでしまう。 そんなことは周知の事実なのでバカでも知っている当たり前の常識だ。

法律には「未必の故意」という考え方がある。 確実にそうなると断言できない場合でも、 そうなる可能性が事前に分かっていながらあえて実行した場合には、 故意にやったものとして扱うのである。

ちょっとしたことですぐ死んでしまうことを知っている赤ちゃんに「ちょっとしたこと」をした場合、 それは死ぬことも想定した行為とみなすべきあり、 即ち未必の故意であるから殺人を適用すべきではないだろうか。 もっとも、今回の事件に関しては赤ちゃんのクビに紐を結んだだけではなく、 故意に床に落としたりしているから、 未必ですらなく、明白な殺人行為であると考える方が自然だと思うが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしかしたら官房長官は万一に備えて現金を銀行に預けるのではなく自宅の金庫に保管しているのかもしれない

後期高齢者医療制度の話題だ。 「【官房長官会見(2)】「慣れれば便利な制度に 後期高齢者医療制度の保険料年金天引き」(1日午前) (3/3ページ)」 で、官房長官が天引きの是非について述べている。 これがレトリック炸裂していて、大勢騙されていそうで結構面白い。

サラリーマンのみなさんは源泉徴収ということで、形でいわば天引きをされている。 これはまことにけしからん制度であると。 自分たちは税金を払いたいんだとおっしゃる方はそれも選択できるわけであります。 しかし、まあ、そういう方は多分、99.9%いらっしゃらない。

流石に国のトップに近い所まで来た人だ。 聞き手をうまくレトリックを使って誤った結論に誘導している。 説得力というのは、理屈よりも心情に訴えるというのが基本だ。 ここに出てくる99.9%という数字は、 レトリックとしては「数字を出して説得力を見せかける」という基本的なものである。 ここでのポイントは、 99.9%という数字に何の根拠もない、 ということだ。

多分官房長官は妄想で言っているだけで、 調査など全くしていないに決まっている。 なぜなら、意識調査した結果が99.9%なんてのは、 まずあり得ないのである。 仮にほとんど全員が片方に属するような極端に偏った状態を調査したとしても、 98.3%とか、 そういう感じの数字が出てくるのだ。 天邪鬼というのは必ず存在するのである。

さらに言えば、 これこそ私の勘というか妄想に過ぎないが、 実際に調査したら、 この数字、かなり違ったものになると思うのだ。 というのは、私の経験では、 源泉徴収はイヤだ、自営業の人のように自分で払いたい、 という人に、今までに結構会ったことがあるからだ。

具体的にいえば、10%程度はそういう人がいるのではないか、と思う。 いや、何の根拠もないけどね、こうやって数字出すと説得力あるだろ。 冗談抜きで、 どこかその手の調査結果はないのだろうか。

まあこれはレトリックの話なのだから数字はこだわらないとして、 もっと論理的に大きな問題点がこの後に出てくる。

しかし、これが慣れてくればですね、 これはまことに便利な制度であるということになるんじゃないでしょか。

制度が便利だというのだ。 一体何が便利なのかも書いてある。

むしろみなさん方が年金を受け取り、そこからまた手続きをとって、 ふた月に1度受け取ったたびにですね、銀行送金なり、郵便局の送金なりという手間を省いているわけでありますから

ハァ?

そんだけぇ~?? 【誰】

とりあえずボケには突っ込んでおくけど既に「郵便局」ってゆうちょ銀行という名前の銀行なんだよね、 というのは気付かなかったことにして、

んなの受け取って窓口でその都度手続きする必要はない。 年金受取口座があるのなら、 手間を省けばいいという話なら自動振替にすればいいだけだ。 電気、ガス、水道のような公共料金、 らさには電話代とか、プロバイダ料金とか、 あるいは固定資産税だとか、 国民年金の支払いとか、 この種の料金はあらかじめ銀行に指定しておくだけで、 必要な時に自動的に必要な金額だけ必要な相手に送金してくれるという便利なサービスがある。 つまり、 口座振替とか 公共料金自動支払いというサービスである。 そういうのを使えば、少なくとも庶民には手間はかからない。

だから「手間」という感覚がよく分からないのだが、 もしかしたら官房長官のお宅は自動支払いというサービスを知らなくて、 毎月窓口まで送金しに行っているのだろうか?

ここで重要なのは、 振替口座を自分から指定できるという点だ。 さらに言うなら、 最近はクレジットカードから引き落とすというのがトレンドだ。 というのは、カードで支払うと、いろいろ特典があるからだ。 ポイントがたまって、それを使って買い物が出来たりするのである。 これはオイシイ。 銀行によってはカード会社を経由しなくてもポイントが付いたりするところもあるし、 どこで支払うかは結構悩みどころでもある。

年金から天引きされたら年金ポイントがたまって年金に上乗せされる、 なんて話は聞いたことがないけど、ないでしょ、そんなの。

というような些細な節約術だって庶民には無視できない話なんだ。 年金から天引きされてしまったら、そういうメリットが壊滅してしまう。 独占禁止法違反とまでは言わないが、 とにかく選択の余地もないという事実だけからでも、 天引きは悪い運用だということがとてもよく分かるのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は…えーと、何だこれは?

文章書く暇がないので、何だか分からないものを撮影したものを出して穴埋めしてみる。

Dsc00074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »