« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

無意味に大きな画像はぺんぺん草でも入れておこう

今度のデジカメは何も考えなくても結構キレイに撮影できるのがウリらしい。

Dsc00030


| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏の裏ページの本文が表示されるまでに20秒程度、さらに転送が終わるまでに合計1分程度かかるのだが

システムが大変混雑していますので…という訳ではないようだが、JavaScript を off にしておくと 0.1 秒程度で表示できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロカラーというのは記憶にあるけどカラオールは覚えていない

発掘したらこういうのが出てきたというので新しいデジカメで撮影させてもらった。周囲に余計なものが写ってしまったので珍しくトリミングして小さなサイズにしてある。

20080429

確かにセロカラーというのはあったような気がする。いや、実際にモノがあるのだから当時はあったのだと思うけど、当時っていつの話なんだろ。こういうのは鑑定団に持っていったらすごく安い値段が付きそうで面白いような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな子供が明日は何の日か押問答をしていたのだが

みどりの日派と昭和の日派に分かれてのバトルなのだが、世の中どんなところにも争いの種はあるものだ、というかこういうことが争いの種になるというのはちゃんと想定しているのだろうか、って誰に言えばいいのだ?

まあ子供のことだからたいしたことはないのだが、もしこれが大人だったら誰か刺されて死んでいるのかもしれない。

ちなみに今日は渋谷の日だとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに聖火リレーの当日がやってきましたが

石原都知事が「何のためにやるんだ」と批判したというのだが、そう言われてみれば、そりゃそうだ。

本来、オリンピックというのは商業主義の祭典であって、スポンサーから金をどれだけ集めてナンボの世界なのだが、今回の聖火リレーは普通なら宣伝しまくるはずのスポンサーが影に隠れているという異様な雰囲気になっている。

スピリチュアルな側面を考えると、聖火リレーというのは文字通り聖火を消さずにスタート地点からゴールまで繋げるというのが必須条件で、駅伝でいうならタスキ、普通にトラックのリレーならバトンに相当するのが聖火だ。だから消えてしまったらその時点で失格で、アテネからやり直すべきものだ。だから聖火を消すという破壊的抗議活動が行われたのだが、TVを見ていたら、危ないからと言ってトーチの火を中国人スタッフが気軽に消しているそうですね。

つまり、意味不明だ。全然リレーになっていないのである。危ないから消すというのなら、最初から種火だけ北京に持っていけばいいのだ。もちろん、あえてチベット独立を主張する過激派がいるような演出をするために芝居をやるのが真の目的らしいが、警備の費用とか随分かかるらしいし、舐められすぎである。

ところで、ダライラマさんは走らないのでしょうか? 本人が走るのが一番インパクトあると思うのだが。併走するのである。いや、リレーの走者でも構わないのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像シリーズがデジカメ新規購入でパワーアップした

Dsc00006

DSC-W170。まだ使い方が分かっていないのでデフォルトのままでシャッターを押しただけ。何か1300万画素のデジカメとか新発売らしいが、これは1000万画素クラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞の社説が面白い

人は自分の体に合わせてカニの甲羅を…あれ? 何かヘンだが、 マスコミが煽った裁判をマスコミが煽ったと書いているのはちょっと奇妙な感じがする話で、 どうもやはりマスコミは煽るのが商売か、 というような印象を強く感じた社説なので紹介しておきたい。 「母子殺害判決 重い課題が残された」のことである。

 「死刑か無期懲役か」ばかりに関心が集まり、基本的問題が十分論議されなかったのは残念だ。

そ、そうなのか? かなり十分論議されていたような気がしたのだが、 まあそういう見方もあるということはわかった。

裁判官がどういう根拠で判決を下すか、 というのは杓子定規…いやいや、 厳密な専門的法則があって、 なかなかそこから外れるのは難しいという話だが、

無期判決を破棄した最高裁、差し戻し審で死刑にした広島高裁の裁判官が、 この影響を多少なりとも受けたことは否定できまい。

いやそりゃないだろ。 私見としては、否定する。 判決要旨を見た限り、 そんな余地は微塵もないと思った。 ていうか、その証拠とまでは言いませんが、 根拠というか論拠を示して欲しいものだ。 論拠なき意見だけでは、 またもやマスコミの煽りと評されても否定できまい。

被告は中学時代に母親が自殺、実父が若い外国人女性と再婚するなどして不安定な家庭で育った。 そうした成育環境が被告の心に与えた悪影響の論議は、最高裁以降かき消されてしまった。

なるほど。 ちなみに、 産経ニュースの「【光市母子殺害判決の要旨(9)完】「極刑はやむを得ないというほかない」 (1/5ページ)」には

幼少期からの環境が被告人の人格形成や健全な精神の発達に影響を与えた面があることも否定できない

と書いてありますけど、 確かにこのあたりの発達心理的な考察はあまり見た記憶はないな。 非常に挑発的な無反省な文面の手紙が後から出てきたようだが、 そういった環境が影響したのかもしれない。

どうすればいいのか、のような議論が期待されているのだろうか。 だったら誰も書いてないようなことをちょっと書いておこう。 この事件で一つ明白なのは、 これが極めてレアな事件だということだ。 同じような事件が毎日起こっているのならともかく、 まず滅多に発生しないような事件である。 心理的過程を考察することは重要なのだが、 もっと他に何か重要なことを忘れているような気がするのだ。

かなり唐突かもしれないが、 例えば暴力的ゲームやエロゲーが犯罪を誘発する、 という意見がある。 それは確かに一理あるかもしれない。 ただ、 今回の事件においては、 もし被告人がネットゲームとかエロゲーで発散することを知っていたら、 起こらなかったような気もするのだ。

ストレス発散用の割るための皿があるという。 それを投げて割るとスッキリするらしいが、 バーチャルな世界でどんなに暴れても実世界に被害者は出ないのである。

確かにリアルとバーチャルは表裏一体である。 ネットが原因でリアル側で自殺してしまうような人だっているのは事実だ。 だが、出会い系の話を持ち出すまでもなく、 ネットというのは犯罪の温床のような言われ方をしている。 特にマスコミ。

ネットというのは、 うまく使うことができれば、 実際はもっと犯罪抑止、軽減のための新しいやり方がいくらでもある世界ではないか。 社説の内容からはとことん外してしまったので、今回はこれで終わりにしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Harbot が終了するそうだ

長年お世話になりました Harbot だが、7月31日で終了だそうだ。随分長い間放置していたような気がするが、どうせだから終了まで放置しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

yodobashi.com が 3000円で送料無料なんだけど

いつもは10,000円から送料無料なのだが、このチャンスに細かいものを買おうとしたら、意外と3,000円に到達しないので困ったものだ。欲しいのはヘッドホンの延長ケーブルなのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: どんぐりと山猫

宮沢賢治氏の代表作といえば、やはり詩集であるとか、なぜか誰でも知っている雨ニモマケズであるとか、某マンがのネタにもなった銀河鉄道の夜だとか、プログラマーなら倍面白いかもしれない注文の多い料理店だとか、いろいろ多数の名作がある中で、どうも気になったのはこの「どんぐりと山猫」なのだ。

どこで読んだのか思い出せない。教科書に出ていたのかもしれない。しかしこの本はちょっと違う。まず表紙に出てくる異様な人物…なのか、これは一体誰?

その男は、片眼で、見えない方の眼は、白くびくびくうごき、上着のような半天のようなへんなものを着て、だいいち足が、ひどくまがって山羊のよう、ことにその足さきときたら、ごはんをもるへらのかたちだったのです。

そう、いましたね、やまねこ様の馬車別当です。馬車別当なんて今時の子供には想像できない。私もそんなの見たことがない。この絵は本当に夢に出てきそうな不気味なもので、一度見たらずっと忘れられないであろう。さて私は「どんぐりと山猫」にさほど印象を持っていた訳ではなかったので、ふんふん、こんな感じの話だったよな、と思いながら読んでいった。

そして、どんぐりがぎゃあぎゃあ自分が偉いと口論しまくる所まで読み進んで、次に山猫がやかましいと叫ぶシーンがある。これでどんぐりは静かになるのだが、ところが読んでいる自分がここで固まってしまった。なんなんだこれは。

気を取り直して。宮沢賢治といえば、アタゴオルで有名なますむらひろし氏も「どんぐりと山猫」を描いているようだ。まだ読んだことがないので、機会があったら読んでみたいものだ。それにしてもこの小林俊也氏の絵はたいしたものだ。この微妙な不気味さは宮沢流の文章と妙にマッチしている、というかこの本は、こんなことしていいのか、と思ったりするのだが、まあ面白いということでよいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よっしゃ聖火で盛り上がってきたじゃないかという追い風に長野県は乗ることができるのか

やはり北京オリンピック面白い。たかが聖火でこんなに盛り上がったオリンピックは今までにないだろ。

中国から青い軍団がやって来る。中国四千年の拳法を間近で見られるかもしれない。あれはボランティアだそうだから、もちろん他の人だって警護しながら走ってもいいだろう。と考えたらこれはビッグビジネスチャンスではないのか。

警護といえば格闘のプロの出番だ。忍者はいないとしても、例えばK-1とかプライド、どうなんだろうか、わるいやつらを撃破するために併走する訳だ。逆はどうだ、乱入役のアルバイトの中国人もリハーサルは済ませてあると思うが、日本から飛び入りの参加はないのだろうか?

スタート地点の善光寺はビビって降りてしまった。おそらく、我こそは乱入するという人達が密かに何かやっているだろう。渋谷で昔、スミス大量集合というのがあったが、2ちゃんねる系は当然何かをコソーリ企画しているのではないか。コスプレイヤーはどうなのか。特にSOS団

広告拒否で頭に来ている裸祭りの面々だとかどうだ。ヒゲ男が裸で乱入してきたら逮捕されてしまうかもしれないが、これは一生に一度あるかないかのチャンスだ。境内までダッシュで有名な某神社はどうなんだ。日本国民は消防署のあの連携プレーを忘れていない筈だ。日頃の聖火、いや成果を生かすのは今ではないか。もちろん聖火を奪ったりしてはいけない。先にゴール地点まで走るだけだ。きっと最初にゴールしたら今年一年いいことがあるのだ。但し、うっかり普段の癖で火を消さないように注意してください。

ちなみに見物したい場合、どこに行けばいいのだろうか?

他の国だと密かにコースを変更したりして、見物客を拒絶しているようだが、やはり経済効果優先だと思うのだ。オリンピックだし。オリンピックって商業の祭典ですよね、バカ高い放映権料を持ち出すまでもなく、儲けてナンボの世界だ。参加費に意義がある、という有名なキャッチフレーズもあるのだし、聖火ソバ位は立ち食いできるんだよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹けよ春風呼べよ春の嵐と柳に風

風が強い日は傘を差すこと自体難しいが、差したいのであれば折りたたみの傘がよい。普通の傘だと強風で裏返って折れてしまうのだが、折りたたみの傘だと最初から折れているからなかなか折れないものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JavaScript を無効にして記事を書いたら反映されないのか

他のブログならエラー表示で知らせてくれたりするので投稿できていないことが分かるのだが、ココログの場合、反映中の画面になって戻ってこないだけなので分からない。他のブログなら、戻ってこないとおかしいと思うのだが、ココログの場合、投稿に数分かかるのでおかしいと思わないから気付かないのである。

多分これを投稿したらついでに画面に出てくるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOTOの食器洗い機の修理の件

煙が出るらしいがいいや、という話の例の食器洗い機だが、今頃やっと修理にやって来た。基盤等、いろいろ交換したようだが、外見上は特に何も変わらないので見た感じの説得力がないのが気になるが、とりあえず無料メンテナンスしてもらったと思えばお得感はある。

代替機と交換して、修理は一括して工場で行えばコスト節約になりそうな気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixi の id はどうかという話があったので

調べてみたのだが、数字をずばり書いたら何かセキュリティ的にアレなのだろうか。とりあえず3万番台である。多分こういうのは入会順に割り振られていると思うだが、日記のコメントとかあしあととか見た感じでは3万番台の人が多いようだ。

ココログはどうか。管理画面の URL に blog_id というのが出ているのだが、これを見ると2千番台である。

出遅れてしまったのがニコニコ動画で、40万番台の ID になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖火リレーを妨害しているのがチベット支持者ではなく中国人であるという疑惑が浮上しているというのだが

詳しい話は「大紀元時報-日本:五輪トーチ中国人ランナーを攻撃したチベット人らしき男性、偽装か」に出ているのだが、この記事の通りなら、リレーを妨害しているのは中国人であり、チベットが妨害活動をしている状況を捏造するために、チベット人に扮した中国人が妨害工作をしていることになる。

あれだけ破壊力のある軍団が警備しているのに、なぜごく普通の人、しかもどう見てもチベット人ですみたいな人が聖火に近づけて、あまつさえ実際にランナーに接触して聖火を奪う寸前まで行ったのか、不思議なことだが考えてみるまでもなく簡単な話だ。全部ヤラセで、警備の軍団も承知でランナーに接触させたのだろう。情報操作がふんだんに行われている現代社会ではよくあることだ。

それがインターネットで暴露されてしまうというのが面白いが、昨今はそれもよくあることだ。

日本で少し前に、TV番組の通行人インタビューにいつも同じ顔の人が出ているというので話題になったことがあるが、画面にどんな人が映っているか watch する人は意外といるのかもしれない。確かに思わぬ人とか出ていたりするし、面白いものではある。

中国は、公式には政治をオリンピックに持ち込むなと主張していたはずだが、実際は最も積極的にオリンピックを政治に利用しているのだ。流石は四千年の謀略の歴史を持つ国、激しくシタタカである。ていうかその割に前後で工作者の写真が撮られて暴露されてしまうあたり、本当なら間抜けな話だ。IT時代の動きに対応できていないのだろうか。国内で検閲すればいいというような問題ではないのだが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やられたか

電車が遅れている。この時間に遅れると乗り継ぎができない。やばすぎ。

驚きの鑑定結果はCMの後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットのスケールを見誤っている人達は結構いるのではないか

昨日紹介した「領布」の件なのだが、領布の読みと意味 - 教えて!gooのやりとりが結構面白い。こういう人は昔も少なからずいた。そんなに多いという程でもないのだが、レアという程でもないところが不思議だった。

一番面白いのが、「実際ネットで検索しても「領布」は随分使われています。」というところである。殆ど使われていないからだ。全然といっても紹介したように、昨日の時点で 35,200件ヒットしているから、皆無ということではない。問題はインターネットのWebページ全体に対して35,200件というのがどんな数字かということである。ネットでこの数字というのは、殆ど使われていないというのに近い値なのである。

正しく「頒布」と書いてある 17,500,000件と比べれば一目瞭然だ。「領布」と書いてあるページはその 0.2% 程度に相当する。1000人に聞けば2人がそう答えるという程度だ。そういうのは普通は「殆どない」という数なのだが、35,200 という数字に騙されてしまうのだ。Google で検索して数万というのは、レアな言葉だということを意味するのである。

ちなみに phinloda でググったら 11 日の時点で 49,900件ヒットいてした。ネット全体からみたら誤差の範囲内ではあるが、とりあえず領布には勝ったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

領布とは

そんな言葉があるとは初めて知ったのだが、要するに「頒布」の誤記らしい。「誤字等の館:領布」によれば、Google での検索結果が 2004年1月25日の時点で5,230件となっている。今(2008年4月10日)検索してみると、35,200件だから、着実に増えてはいる。もっとも、「頒布」は17,500,000件となるから、相対的にいって確実にに誤記の範囲内だ。

「頒布」という言葉、著作権法に出てくる「頒布権」で覚えたのだが、著作権絡みの話以外では見た記憶が殆どない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

20年かぁ

いや何がと言われてもだな、そういうことは実際あるのだな。プログラミングは15年で棟梁クラスらしいが、5年で何とか寿司が握れるようになって、10年でインデントに迷わなくなり、20年経てば少しは魔法が使えるようになる。

誰でも同じコードを書くべきだとかいう話がどこかにあったような気がした。実際、プログラミングの場合、そういうことは可能である。ただ、そういうコードが書けるようになるまでには、15年はかかる。でも多分20年はかからないような気がする。微妙な話だが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新アニメの季節だが例によって衝突しまくっていて録画予約不可状態

観る暇ないのに録画してどうなのだという説もあるが、2系統で録画しないとどうしようもない状況になっているような気がする。TV東京が結構がんばっているので、TV東京用の録画装置があれば解決するのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンスタンドが混乱しているとか混乱を避けるための法案が余計混乱する原因になるとか

いろいろ騒ぎになっているというのがマスコミの報道なのだが、 実際、近所にも通り道にもガソリンスタンドはあるが、 どこが混乱しているのかサッパリ分からない。 確かに価格は安くなったような気もするが、 それだけである。 何も混乱していない。

ガソリンを買いだめしているという人も聞いたことがないし、 諸外国から温暖化対策に逆行するという批判があったという話も知らない。 財源がどうという話もあるらしいが、 これは実際に困るにしても少し先になって破綻するまで分からないから、 実感がない。

一説によれば、暫定税率が1ヶ月間失効したら千数百億円の税収減になるらしいが、 だったら道路関係者の高級温泉旅行費とかタクシー代とかマッサージチェア代を、 千数百億円減らせばいいだけの話だ。 きっと年間だと1兆円程度旅行を我慢してもらえばいいのだ。:-P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近未来の日付のメールがかなり来ているのだが

3月なのに最新に表示されるのはおかしいと思ったら2009年に送られたメールだった。この種の spam はソートして未来の時刻のものを消すことができるので、見出しを読む手間さえ省けてとても助かるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暫定税率が失効したのでガソリンが値下げになっているらしいのだが

税金分は25円のはずなのに、なぜか15円とか20円しか値下げしないガソリンスタンドってかなり悪質ではないのだろうか、とか誰も言い出さないのは何故だろう? いや、もう誰か言ってるのか。

ていうか、在庫分は税金がかかっている筈なのになぜ値下げできるのか。もともと今の値段で売っても大丈夫だったということか? 世の中謎が多すぎる。

温暖化防止に世界的に取り組んでいる中でガソリンの値下げなどしたら海外から非難集中するという話はどこに行ったのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログはちょっと、いやかなりおかしいのではないか

投稿してからブラウザに処理が戻ってくるまでに1時間以上かかる【ウソ】のは仕方ないとして、 戻ってこないというか、 エラー画面が出ているような気がするのだが、 ちなみに何が混雑しているのだろうか? ガソリンスタンド?

2008033101

携帯で投稿したらエラーメールが戻ってきたばかりだし、 前回のメンテナンスでとにかく投稿したらエラー画面が出るという仕様になったかもしれない。 まあ投稿できているから別にどうでもいいが、 ってどこからどこまでエイプリルフールか分からない投稿になってしまったではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »