« 確定申告の申告書を郵送してきた | トップページ | これまたひどい目に遭いましたよ »

昔イギリスのミュージシャンが税金にまいってしまってアメリカに移住するという伝説があったのだが

相続税の話の続きなのだが、Web で探してみたら実際そうなのかどうもよく分からないのだけど、昔よく言われていたような気がする。イギリスでヒット曲を出しても全部税金に持っていかれるので、アメリカに移住する、という話。税率80%で勤労意欲がなくなるのかというのは、そうなると日本からアメリカに金持ちがどんどん移住して日本は貧乏大国になってしまうかもしれない、ということで。

2000万円以上は残せないから自分で使う、というのはナイスというか、私はそれなら葬儀屋に転職する。最後に奮発するのはソレだと思う訳で、即ち凄く儲かりそうな気がする訳だが、実際、苦労せずに何十億円も手に入る人なら自分で使うという感覚になりそうだが、庶民的感覚だと、むしろ 2000万円から1000万円さらに稼ぐというあたりに想像を絶する苦労を伴うような気がする訳だが、あ、そういえばまだ toto BIG 買ってないや。

|

« 確定申告の申告書を郵送してきた | トップページ | これまたひどい目に遭いましたよ »

コメント

その場合、自分で前もって葬儀代を支払っておく必要があるんでしょうか? 相続者が払うと相続税がかかるような……。

投稿: すのもの | 2008.03.24 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/40553071

この記事へのトラックバック一覧です: 昔イギリスのミュージシャンが税金にまいってしまってアメリカに移住するという伝説があったのだが:

« 確定申告の申告書を郵送してきた | トップページ | これまたひどい目に遭いましたよ »