« 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ | トップページ | 携帯のバッテリーが切れた »

必ず儲かる馬券の買い方を教えるというトラックバックが来るのだがなぜそのような情報を教えるのか

馬券やロト6だけでなく株の買い方みたいなのも来るのだが、有料で必勝法を教えるというのは昔からあった。そういうのは全部詐欺である。つまり、必勝である訳がない。ということで、最近は「的中率60%」のようなのが来る。必勝というのは明らかな詐欺だが、的中率60%と言われると理論的にはあるかもしれないので、それだけでは詐欺とは断定できないのだが、なぜそういう情報を売ろうとするのか考えてみよう。

この種のマネーゲームに共通しているのは、同じものを買う人が増えると儲けが減るという性質である。仮に次のレースの当たりが確実に分かって、全員がそれを買ったら、テラ銭取られる分だけ全員が損をする。元本保証するような賭けもあるらしいが、そうだとしても、当選者が集めた金を分け合うというルールで賭ける限り、当選者が少ない方が儲かるに決まっている。とすれば、仮に高い的中率で当てる方法を発見した人がいたら、それを他人に教えるだろうか、というのを考えてみればよい。他人に教えると自分が大損するのである。

だから、この種の情報はガセである確率が極めて高い。あり得るとしても、せいぜいその方法で損が減らせる、という程度のものだ。では、そのような情報を買う価値はないのか。ガセである方法を知るためにあえて買ってみる、という人はもしかしたらいるかもしれない。

|

« 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ | トップページ | 携帯のバッテリーが切れた »

コメント

確かにその通りですが、次のようなアマノジャクな状況を考えてみました。

数字を当てるくじの当たり数字を、次々と続けて書いてゆくと円周率を十進で書いていったものになる、という異常な事態が発生していて、そのことに気づいた人がいたとします。自分だけ知っていればもうかるでしょう。でも、ほかの人も気づくかもしれない。そうなればもうもうからなくなります。その前に人にお金を取って教えれば、トータルではそのほうが得になるかもしれない。

まあ、それも賭けですが。

投稿: すのもの | 2007.12.13 00:44

後で気付いたのですが、必勝法は確かにあるのだが、それで儲けるよりも「必ず儲かる」系の本を売った方がもっと儲かる、という場合があるかもしれません。

投稿: phinloda | 2007.12.14 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/17327296

この記事へのトラックバック一覧です: 必ず儲かる馬券の買い方を教えるというトラックバックが来るのだがなぜそのような情報を教えるのか:

« 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ | トップページ | 携帯のバッテリーが切れた »