« 久しぶりに携帯から | トップページ | 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ »

書評: くノ一忍法帖、山田風太郎


売り上げがいつまでたっても0円なので誰か買ってくれないかという本を探してみたのだが、
1500円未満だと送料がかかってしまうので、
あまり安い本は紹介していなかったのだけど、
まあ別の本とかあわせて買ってくれればokだし、ということで
山田風太郎氏の忍法モノからこの一冊。


他の作品を読んだことのある人なら分かると思うが、
題名からしてエロを期待できそうな感じがありありとある訳だが、
どんな話かというと、要するに忍者vs妊者なのである。
例によってありえない技が炸裂、
氏の作品、剣豪小説とか時代小説というよりも、明らかにファンタジーなのだが、
あまりにも無茶苦茶すぎるので、
最後まで読まないと一体どういうオチになるのか全く分からないのがいい。


他の本もあわせて買うのなら、
他にはなぜか事件で最近また有名になっている魔界転生とか、
アニメ化された甲賀忍法帖とか(アニメは「バシリスク」という名前になっている)、
そのあたり後で書評追加する。


|

« 久しぶりに携帯から | トップページ | 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評: くノ一忍法帖、山田風太郎:

« 久しぶりに携帯から | トップページ | 少し地方に行くとバリアだらけの駅というのはどういうことだ »